最近、興味深かった・面白かった文章と話題等について。

記事をシェア

最近どういうわけか、ビジネス書全般に以前ほどの興味がわかず、本の紹介記事も減っています…。
理由はいろいろですが、そんな時期でも興味を引いた文章等を紹介しつつまとめます。

IMGP5675.jpg

天降川より見る「ホテル京セラ」

スポンサーリンク

なぜビジネス書をあまり読まなくなったのか?

ビジネス書をあまり読まなくなった理由は、「なんとなく…」というのが一番・・・
ですが、全く読んでいない訳でもなく、これはという本は買ったり読んだりしています。

まあ一言でいうと、一時期の様にすぐに感化される状態ではなくなったという面もあるでしょう……。逆にその分、ネット上のコンテンツを見たり、読んだりしているのかもしれませんが・・。

ということで、トータルでの文章を読む量は減ってはいない気もしますし、ビジネス書というより「わかった気だけ」的な読書に興味が無くなったのかもしれません・・。




最近のおすすめ文章や本のベスト5

ともかく、最近読んだ中から、自分なりに「これは」というおすすめのものを5つご紹介します。

1.山田淳氏(株式会社フィールド&マウンテン 代表)

まずは、ネットで偶然みつけた山田淳(やまだあつし)さんと言う方の記事文からです。今回、代表的なもの(他にもいくつかありました)をご紹介します。

元外資コンサル、異色の登山ガイドが目指す頂 – Yahoo!ニュース
山田氏は、登山ガイドであり、現在は登山用具のレンタルを始め、登山のフリーペーパー誌『山歩みち』を発行する事業を立ち上げた起業家でもあります。
経歴もすばらしいのですが、東大の学生時代にエベレスト登頂などで登山の最年少記録を極めた後、マッキンゼー社を経て起業した実践派のようですね…。
幅広い登山人口の増加を目指し、事業の目的など個人的に共感するところが多いです。

2.『徳大寺有恒 ベストエッセイ』

徳大寺有恒 ベストエッセイ
徳大寺 有恒
草思社
売り上げランキング: 314,454

言わずと知れた日本を代表する自動車評論家で、一昨年に惜しまれつつ亡くなられた徳大寺有恒氏のエッセイ集です(*当ブログでも追悼記事を書きました)
1周忌を前に発行され、代表作である『間違いだらけのクルマ選び』や多数の著書等から文章がピックアップされています。
リアルタイムで読むことができなくなり寂しく思っていましたが、久しぶりに過去の名文が読めて嬉しかったので……
やはり話題はクルマだけに留まらず、徳大寺ファンにはたまらないものになっています。

〔*当ブログ追悼記事〕

3.有川真由美さんのエッセイ「旅するように生きてみたら~」

作家デビューの当初から(ブログでも)応援している鹿児島県姶良市出身のベストセラー作家、有川真由美さんのネット上の連載記事です。

旅するように生きてみたら 有川真由美 – 毎日新聞
こちらもエッセイですが、大手メディア(毎日新聞)のサイトで数回に分けて連載されている本格的なものですね。最近の著作でますます実力を発揮されているように感じていましたが、この連載記事も本当に面白いです。
なんと言っても最近始められた県内湧水町でのユニークな田舎暮らしの話題なので、最初から興味大でしたし・・。着眼点や実践からの学びもまたすばらしいし、ファンに限らず一読をお勧めしたいと思います。

4.有川真由美さんの本より

引続き有川真由美さんになりますが、比較的最近読んだ本の中からいくつかピックアップしてご紹介。
最近も多数の本を出されていますが、時々自らのエピソード等も交えながらの文章の語り口はますます冴えていますね・・。いずれもテーマ内容ごとに分けて書いてあり、いつものように読みやすくなっています。(以下リンクをご参照ください。)

働くことを考えはじめたとき読む本
PHP研究所 (2015-10-23)
売り上げランキング: 144,448
やりたいことは、今すぐにやれ!
PHP研究所 (2015-08-14)
売り上げランキング: 108,038

5.神田昌典氏著『あなたの会社が最速で変わる7つの戦略』

ビジネス分野では同世代の星(スター)とも言える(ちなみに同い年…)、経営コンサルタント・作家の神田昌典さん。
今回は最新の著作から、鹿児島県民として見逃せない?興味深い話題を見つけました。

あなたの会社が最速で変わる7つの戦略
神田昌典
フォレスト出版 (2016-09-08)
売り上げランキング: 285

本書の中で、あの鹿児島空港の近くにある「バレル・バレー プラハ」等を運営する会社(源麹研究所)が紹介されているのです。
同社のルーツとなる焼酎にも使われる伝統の「麹菌」を用いての農業(畜産)改革や健康サプリ等の話題が、非常に興味深かったのです…。こちらも是非ご一読を。

タイミングと本当に興味があるものなら…

ちょっとイケイケな感じは苦手な最近(もともと?)ですが、たまたまそういう時期なのかも…。またタイミング的にツボにはまったり、そうでなかったりということもあるかもしれません。

特に、久しぶりの紹介になった鹿児島出身の作家・有川真由美さんの本ですが、女性だけに限らず男性にも非常に読み応えある内容になっていますね。

全体にこの紹介は個人のカラーが出過ぎた感もありますが、文章を単なる情報としてではなく、その背景や人柄まで含めた共感をベースに選んでいることにも気づきました。

つまり、タイミングと本当に興味深いもの(人でもコトでも)なら興味がわくかもしれませんし、当然読まずにはいられないのでしょう。

一方、多読の有用性ももちろん捨てられませんが、しばらくはじっくりと共感できるものを読んで行きたいところです。
いずれにしても、今回ご紹介した文章も是非読んでみていただければと……

IMGP5683.JPG

 またまた欲張り過ぎた内容で手間取ってしまい、やっと投稿できました。緩やかに秋へと移って行く季節ですが、最近はいろいろと取り戻すべく?少し思案中です。
(*今回の写真は、霧島市の天降川とバレル・バレー プラハの遠景。)

近頃の関心ごと
・Love Rain


0
スポンサーリンク