今まで避けてきたものをやってみたらどう感じるか?

Pocket

長らく避けているものがあるとしたら、逆にそれに向き合うのも一つの考えです。
文字通りの意味で、ここ数年私自身が実際に取り組んできたことを含めてまとめます。

IMGP0745

今まで避けてきた理由は「何となく」?

そもそも避けているものですから、それが嫌いか、苦手などが理由になるでしょう。
しかし、あらためて冷静に考えると「何となく・・・」ということもあるものです…。

自分自身を振り返る方法として、「苦手なものの中に、何らかのヒントがある」という考え方があります。いろんな言い方はありますが、そうしたものに「向き合う」こととも言えるでしょう。

個人的に好き嫌いが割とあった(?)こともあり、反省した時期にこの考えを知りました。
一方で「嫌い」なことは、そのことを気にしている裏返しとも考えられるのです…。

IMGP0757.JPG

あえて避けてきたものをやってみら…

そこで、私自身ここ数年そうしたものにできるだけ向き合うようにしてきました。そして、その中で、考え方さえ変えればできることをやってみようと思ったのです。

例えば、リーダーになること(自薦は除く)だったり、みんなの前で積極的に発言することなどです。もちろん、これは私の場合なので、人それぞれ異なるかも知れません・・。

子供の頃から苦手だったし、理由ははっきりしないのですが、とにかく気になることは確かでした。
全部は無理としても、少しずつやってみた結果はそう悪いものでは無かったと言えます…。

「向き合う」ことから見えてくるもの

もちろん、なんでもかんでもやってみるという話しではなく、少し頑張ればできることがおススメです。また、少々大人になって?損得勘定を加えて判断することも有りでしょう。

ようするに、嫌いや苦手から「逃げる」だけでなく、「向き合う」ことの提案です。私自身、どちらかと言うと逃げる方は得意ですが、向き合うことも大事だと気づかされました。

そうして「向き合った」あと、何か今までと違うものが見えてきたら成功と言えるかもしれません。そして、その後どうするかは、あらためて一人ひとりの判断になるでしょう…。

 

今回の話しは、人間関係にも置き換えられるはずです。なぜなら、自分自身に関係無ければ気にならないはずですし、上記と同様の何かが得られるかもしれないからです・・。

IMGP0743.JPG

※今回の写真は隼人周辺の最近の風景より。

〔あとがき〕
大きな台風(空振りっぽかった?)が過ぎ、急に秋らしくなってきました。そんな秋にちょっと楽しみの講演会が久しぶりにあります。以下、そのお知らせです。

【お知らせ】「天外伺朗さんの講演会in鹿児島」チケット受付について

holotro-tenge-kouen2910

(クリックで拡大します)

元ソニー上席常務で、CD・ロボットAIBOなどの開発を主導した天外伺朗(てんげしろう、作家としてのペンネーム)氏の講演会が、10月29日(日)午後、久しぶりに鹿児島で行われます。
過去にも、数回「ホロトロピック・ワールドin鹿児島」にて講演がありましたが、今回は単独かつ比較的少人数での貴重な講演会となる予定。その意味で、より深いお話が聴けるかもしれませんし、講演後に質問の時間も設けてあります。
当ブログのお問合せフォームから受付いたしますので、「天外伺朗さん講演会チケット希望」の旨とお名前・ご連絡先等を書いて送信ください。(※満席になり次第、終了いたします。)

 

近頃のGood & New
・天外伺朗さん講演会


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村


≫最新記事一覧

関連記事

Pocket