2014年、リアリスティックに見極めつつ・・・?

Pocket

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
恒例の初詣も終え、体調管理の難しさを実感するお正月です・・・
今年初投稿ですが、ブログ更新も今後さらに頑張りたいですね。

孔子の言葉から思うこと

いきなりですが、孔子(論語)から有名な言葉を引用・・・

子曰く、
吾れ十有五にして学に志ざす。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳従う。
七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

(資料出所:「にほんごであそぼふぁんさいと」より)

ということで、とうとう4番目がやってくる年になりました。
「天命」とは、天が人間に与えた使命と言う意味のようですから、何やら大事なこと?を知る歳になったことは確かなようです。。。

以前取り上げたドラッカーの言葉にも50というのは出てきましたし、洋の東西を問わず共通したもののようではあります。
とりあえず、「自分はどういうことで世の中に貢献するのかをはっきりさせよ」というメッセージとして受け取りたいと思います。

ちょうど昨年のブログに書いたライフワーク探しのタイミングとも符合したので、これを書きながら妙に納得してるところ・・・
このライフワークを単純に「天命」とするのは気が早いかもしれませんが、何か大きなヒントになるのではないかと感じています。

IMGP2240kai1

 

「リスタート」の次は・・・?

昨年の年初ブログでは「リスタート」ということを見通し、結果としてもそうなったことを年末の投稿で書いたばかりです。
今年はどうかと言えば、まだ白紙に近い状態と言うのが正直なところ・・・。

まあ、無理にこじつけるとすれば、しばらく今の状態で乗り切り、来るべきメジャーのバージョンアップに備えるという感じでしょうか・・・?
根拠は略しますが、ひとつの区切りと言われている2015年までは残り1年・・・とそれなりに納得感はあります。

いずれにしても抽象的な見通しなので、本人でさえ掴みづらい話しになってしまいます・・。
ただ、少なくとも心機一転ガンガン行くというよりは、これまでの延長線上でやりくりして、次の展開に備えるイメージはなんとなくあります。

IMGP2260

 

「心のメンター」年初メルマガを読んで。

元日、自分で勝手にメンターとしている(「心のメンター」と表現)お一人である天外伺朗さんの経営塾メルマガがPCに届きました。
一番に届いたメルマガ(年明け数時間で届いたようです…)というのもあって、早速今年を占うヒントにさせていただきます・・・。もちろん、普段からご発言等には接しているので、その分理解し易いというのもあります。

今回その文章を読み直して、自分の中で赤線を引っぱったところ(笑)をまとめてみたいと思います。
一応前提としてレベルの高い経営者向けということはありますが、中小企業等にも応用できる部分が多いと思いますので。(なお、同メルマガの引用は許可されています。登録URL:http://www.officejk.jp/

さて、その内容ですが、まず昨年からの日本経済の明るい兆しに触れ、「成長」が最大目的の資本主義にあって、日本は20年間のゼロ成長からようやく脱したように見えることを再確認されます。
一見いいことのように思えますが、しかし、氏は昔ながらの成長信仰に少し疑問を抱いているとのこと。具体的には、以前に取り上げた著書『教えないから人が育つ―横田英毅のリーダー学』(講談社)からも引用されています。

象徴的なものを挙げると・・・

一般の企業では、売上、利益、規模などの成長を最優先に考えています。横田さんのフィロソフィーは、それとは逆に数値的な目標を追わず、質の向上を最優先にします。
「量を追うと質がおろそかになり、いずれは量も手に入らなくなる」というのが、その理由です。

メーカー(なお横田氏の会社は四国にあるトヨタ系自動車ディーラーです)の一般的な経営指導にも揺るがされず、拠点の拡張等も自分なりの判断を貫いたエピソードについては・・・

 横田さんは、量を無視しているのではなく、質を追求していればいずれ量は自然についてくる、という発想です。

ということのようです。そして、氏は「国の運営もまったく同じだと思う」とも述べています。

しかし、実際には経営者や国の指導者がこれ(=質の追及)を唱える訳には行かないとも言われます。(個々人の努力が重要・・・?)
そして最後に、東日本大震災等でようやく「質の向上」に傾いている状況で、経済成長に紛れてその流れをおろそかにする人が増えないように気を引き締めたい…と結ばれています。

 

ちょっと引用が長くなりましたが、自身も「欲に目が眩んで道をはずれない」よう(笑)、今年もリアリスティックに見極めつつ気を引き締めたいと思います。
今年の具体的テーマはもう少し時間がかかるかもしれませんが、昨年からの流れとメルマガからの引用で、年初の印象をまとめてみました。(後半の引用は少しでもご参考になれば幸いです。)

IMGP2270

年末年始は気が緩んだか?体調を崩し気味で、ゆっくりしている時間がほとんど・・・。
恒例の初詣ですが、毎年の南洲神社は別格として、身内で出かけたのは写真中にある霧島市隼人町の「鹿児島神宮」。夕日は城山公園から。もちろん、近くの日当山温泉込みです(笑)。


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談も受付中です

職場のトラブルセミナー

ご依頼その他お問合せ


≫最新記事一覧

Pocket