「逃げるが勝ち…」という選択で乗り切ること。 | MaemuLab.log

「逃げるが勝ち…」という選択で乗り切ること。

記事をシェア

暑さもピークが訪れ、しばらくは耐えることが必要なようです・・。
7月は繁忙期で早速「逃げた」当人?が、このテーマで記事をまとめます。

出水市内にて

スポンサーリンク

「全速力で逃げる」こと

これは、以前読んだインタビュー記事の中にあった言葉です・・・

「何かをはじめる前には必ず、何かから全速力で逃げているんですよね」

というフレーズからでした。
元楽天の副社長(創業メンバー)で、現在は教育分野で活動される本城慎之介さんの記事ですが、自身の琴線にも触れたせいかずっと印象に残っています。

#010 本城慎之介さん | こどものカタチ | Page 5

インタビュー内容には、「逃げることが生き延びるために一番有効な方法」とも・・。
動物として逃げることは自然なことで、逃げるのも決して楽でない…という話しもすごくうなずけます。 まさに「逃げるが勝ち」ですね。

そして、

「…でも、人間は何かつらいことや苦しいことに出会った時に、そのことに立ち向かって、乗り越えなければと思ってしまう。」

このこと(いわゆる常識?)が、その妨げになっていることも良く理解できます。
世間体や人のものさしに合わせるだけでなく、自分のものさしが使えることが、そうした思い込みを手放す際のコツと言えるのかも・・。

IMGP3037

森林セラピーロード(手洗散策路)




「森のようちえん」コンセプトに共感

少し本題から脱線しますが、気になる部分を補足としてまとめます。

このインタビュー当時から、本城さんは「軽井沢森のようちえん」というところで仕事をされているとのこと。(この掲載ページも、そうした教育関係のサイトです。どこでどう辿り着いたか記憶はあいまいですが、たしか西村佳哲さんの発信からだったかと・・。)

森のようちえん」とは、子供を自然の中で存分に遊ばせる教育コンセプトで、近年全国的に拡大しているようです。
私自身の興味とちょうど符合したし、実際に鹿児島市内にもよく似たコンセプトのところがあるようですね…。

最近興味を持った「ネイチャーゲーム」がまさにこれにぴったりで、子供達の自然体験への取り組みも面白そうと感じます・・。
これらのことも、本城さんの記事内容に共感した理由かもしれません。

IMGP3088

日本一の大鈴がある「箱崎八幡神社」

いまさら「俗物」にはなれないけれど…

話しを戻して、「逃げるが勝ち」とはいうものの、そうしたある意味のドロップアウトは、一面ではリスクがあります。
実力がないままにそうした選択をしても、現実の生活に支障が出てしまうことも有り得るでしょう・・。

大多数の人がそうしているように、世間の流れ?に逆らわない生き方が楽ですし、それが当り前ですね・・。
いっそのこと、「相応の実力がある人の考えを、凡人が真に受けてはいけない。」とさえ言いたくなるぐらい…。(本城氏は震災後に土地を寄付したくらいの資産家ですし…)

今さら「俗物」になれないとしても、自分の精神的バランス(安心感)が保てるくらいの「保身」はできる方が無難な気も……

ともあれ、「逃げる」ことに必要以上に怖れを持つ人には、いい意味でもっと自分本位に考えることも必要かと……

IMGP3050

台風や大雨など、例年になく気候の心配が多い夏ですね・・。
今回の写真は、仕事で訪れた出水市内と霧島市牧園にある花房の滝(はなふさのたき)。滝の方は、「旅行人山荘」というホテル横からしばらく歩いたところです。少しでも涼が感じられればと…。


0
スポンサーリンク
<仕事のご依頼はこちらからどうぞ>
 -提供サービス一覧・講師等の依頼
 -セミナー実績・レクチャー等要望

 ブログランキングに参加しています。
 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 にほんブログ村

記事をシェア

スポンサーリンク