仕事に迷った時、ポジティブなアプローチのススメ

今の仕事に迷った時、どのような解決をするかも重要です。
辞めるのか、続けるのか…、それとも第3の道を見つけるのか・・・
そんなときの、ポジティブな解決アプローチについてまとめます。

仕事の行き詰まりを感じるとき

自分で選んだ仕事でも、おそらく時間と共に気持ちは変わります。
まして、思っていたのと違う……ということが度重なると、自身の選択が正しかったのかどうかまで疑わしくなったりします。

多くの場合でありがちなのは、理想と現実のギャップかもしれません。それは、売上や収入の確保であったり、困った上司や顧客等への対応だったり・・・

例えば、管理人も仕事としている社労士とかの士業であってもそれは同様でしょう。
社労士になるギャップはいろいろありますが、こうしたこともありますし・・・

辞めるか続けるか、それが問題・・・しかし、

そうした行き詰まりは、高い理想や使命感を持っているほど深くなりますね・・。
うまく現実に合わせて行ければよいのですが、往々にしてギャップに苦しんでしまいがちです。

高い理想や使命感を持つのはすばらしいことですが、ここは少し冷静に考えてみます。
果たして、その仕事をしようと思ったきっかけはそれだけだったのかと・・・

おそらく、大抵は自分の都合から始まっているのではないでしょうか・・?
先ほどの悩みの裏返しですが、収入だったり、仕事の内容だったり…とかもあるのではないでしょうか。

 

IMGP5110

 

ポジティブなアプローチと言う魔法

さて、そこで次の考え方を応用して第3の道として提案したいと思います。
行き詰まっていることに対して、ポジティブな思考や手法で解決を図るのです。

例えば、人材開発の手法で「ポジティブアプローチ」という言葉がありますが、これらがとても参考になるのです。(以下、参照しながら・・・)

ポジティブ・アプローチとは、組織やメンバーの価値や強みに焦点を当ててそれを高め、それらの組み合わせで組織のパフォーマンスを高める方法です。

具体的には、管理人も取り組んだ「ワールドカフェ」のようなグループワークの手法も該当するようです。(他に、OSTAI等が挙げられています…)

ポジティブ・アプローチで生成されたアクションプランは、最適解である必要はなく、近似解であればよいので、大切なことはそれを主体的に素早く仮説検証して、よりよい価値を生成し続ける仕組みを作ることです。

ちなみに、ポジティブアプローチの反対は、ギャップアプローチと言われ、以下の説明があります。

ギャップ・アプローチを採用した場合、現在のように環境変化が激しく、複雑性が増して、あらかじめ最適解を導き出したり、問題解決の手立てを準備しておくのが難しい状況では、効果が低くなります。

これらを応用して、特に「強みに焦点を当てる」や「主体的に素早く仮説検証」とかが一番注目(実行)したいところです。(引用:「ヒューマンバリュー」Webサイトより

上述の行き詰まりは、当然ネガティブな意識が働いていますので、いわゆる負のスパイラルになりがち・・。そこで、こうした人間本来の特性に着目したポジティブアプローチという手法が、個人の場合にも生かせると思うのです。

 

まだまだ言い尽くせない今回のテーマですが、今後も追加記事等で補足するつもりです。
ひとまず、少しでもご参考になればと・・・

IMGP5092

今年の冬2回目の鹿児島市内での雪も見られましたが、前回ほどは無くて一安心でした。
写真は仕事のついでで、姶良(重富港)と蒲生(日本一の大クスと蒲生八幡神社)のスポットです。

 

近頃の関心ごと
・鹿児島マラソン(3/6予定)

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Y.Maemura

Yoshiaki Maemura 社会保険労務士 前村ひと・しごと研究所代表。
鹿児島県伊集院町出身。鹿児島⇔東京を経て鹿児島市郡山町在住。社会保険労務士。自称・自然体験愛好家。はじめの一歩をサポートする情報等を発信中。≫詳しくはこちら