人とのかかわり方、対人関係スキルの学びについて

Pocket

しばらく前まで傾注していたファシリテーションの番外編です。 (一応、積極的テーマとしては一旦終息しています。)
業界内の勉強会での総決算をしたこともあり、「人とのかかわり」について改めてまとめます。

対人関係スキルの学びとは?

一般的には「対人関係スキル」といってもピンと来ないかもしれませんが、おそらく「対人能力」とほぼ同義と思いますので、辞書等の解説を挙げてみます。

人と向き合ってコミュニケーションをとったり社交的につきあったりする能力。うまく対人関係を築く能力。特にビジネススキルの一つとして言うことが多い。(「Weblio辞書」より)

こうした知識を体系化・手法化した上で、企業研修等でトレーニングすることも増えているようですね…。
個人的希望も含めて、人とかかわる時はそうした技術や技法はあるとしても、その奥の「心」の面を併せた学びが欲しいところ・・・

いずれにしてもビジネス分野においてもこうしたスキル面を学ぶことや、リーダーシップ力が向上することは良いことでしょう。
対人関係スキルというと何やら難しそうですが、要は人とのかかわり方が大事なことは間違いないですからね・・。

IMGP5157

 

人とかかわることの本質とは

ところで、対人関係スキルをいくらトレーニングしてもリーダーシップが思うように行かない場合は、前述の「心」の面がネックになっているかもしれません。

ざっくり言うと、表面的な技術だけでは相手に何となく見透かされてしまい、感情的には受け入れ難いものになっているのかも・・・ 自分が同じ立場だったら、やはりそう感じると思います…。

こうした人の心の微妙なところについては、一般的にはなかなか表立って言語化されない面があります。
「心」の問題は科学的でない(と思われている?)ので、教えられるものでないという暗黙の前提があるのでしょうか…?

IMGP5401

 

西村佳哲氏著『かかわり方のまなび方』を読んで…

さて、そんな対人関係スキルを実際に学び始めると体験することになるのが、「ワークショップ」とか「ファシリテーション」です。 私自身も例外ではなく、自然とそうしたものに興味を持ちました。

その過程で出会ったのが、以前も書いた働き方研究家こと西村佳哲(にしむらよしあき)氏です。
この本等を始め某イベントで実際にお話も聴き、ワークショップやファシリテーションのそうした微妙なところを良く表現されているなと感銘を受けました。

 

中味を読むといろいろと考えさせられるのですが、たとえば、

足りないのは技術や心掛けでなく、”真剣さ”ではないかなと思う。

とか、

技術や道具には危ない側面があると思う。そのひとつは、手に入れると使ってみたくなることか。

など、本の中には多くの示唆や内省的とも言える言葉(本質?)があります。文庫にもなって読みやすいので、是非読んでみていただければと……
(*引用は抑え気味です。一時期は過剰に影響を受けた反省?もあって……)

 

まとめると、対人関係スキルが大事なことは世の中的にもっと強調されて良いと思いますし、興味のある方は是非学んでみて欲しいところ・・・

ただし、その奥には人の「心」の微妙な問題があることも常に意識しつつ、相対する「人」に向き合って欲しいと思っています。

IMGP5145

業界内の研修会で宮崎県青島に行く機会がありました。本当に久しぶりでしたが、日南海岸を南下して鵜戸神宮(うどじんぐう)にも参拝。「忙中閑あり」というところでしたが、最後の帰途上でちょっとヒヤッとしました…。

 

近頃の関心ごと
・家移り(北西)


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談を含め受付中

今後のセミナー予定等

ご依頼その他お問合せ

≫最新記事一覧

Pocket