見る視点を変えてみる「リフレーミング」のすすめ

Pocket

私たちは一つの面からだけで物事を判断しがちですが、見る視点や枠組みを変えることが役立つケースがあります。
メンタル面にも顕著に良い、以前学んだ心理学で個人的にも一番の学びとなったこの言葉についてまとめます。

本物の心理学の知識を知ると、本当に役に立った。

先月、久しぶりに以前学んでいた臨床心理学の先生のセミナーに参加しました。
2006(平成18)年を中心に2,3年間はその先生のセミナーが集中開催されていて、継続参加していたのです。

今回は久しぶりに少し形を変えての開催の案内があり、懐かしさもあって再参加させてもらいました。
最初の時から早10年目に入る節目で、感慨深いものもありましたし・・・(このときの内容は機会があるときに…)

当時の気づきは本当に色々あったのですが、なかでも「リフレーミング」と言われる知識が役立ちました。
ウィキペディアによると・・・

リフレーミング(reframing)とは、ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、違う枠組みで見ることを指す。元々は家族療法の用語。
同じ物事でも、人によって見方や感じ方が異なり、ある角度で見たら長所になり、また短所にもなる。 例えば、試験で残り時間が15分あった場合、悲観的に考えた場合は「もう15分しかない」と思うし、また楽観的に考えた場合は「まだ15分もある」と思うであろう。(Wikipediaより)

(その他:日本NLP協会の「リフレーミング」の解説へのリンク

最新の、そして本格的な心理学の威力を知った最初の機会だったのです。

 

IMGP4008

少々こじつけっぽいですが、見る視点がいろいろある写真を・・・

 

リフレーミングはこころに効く万能の特効薬?

初めにメンタルにも良いと書きましたが、これは自分自身の実感です。
こうした学びをするまで無意識的にマイナス思考が強く、その改善に効果があったと思うからです。

ここでは単純にマイナス思考と表現していますが、実はもっと複雑なものです・・・
そうした「心の癖」みたいなものが、気づかないうちに長年固まっている感じですね。
(先の先生が監修する本で知った「自動思考*1」の説明が理解しやすいと思います。)

偏った「心の癖」でも、瞬間的に変えられることがリフレーミングの最大の効果だと思います。
本当に、リフレーミングした途端にメンタル面が全然違うのです…まさに特効薬ですね。。。

*1:ある出来事が起こったときに瞬間的に浮かぶ思考のことで、誰もが持っている「解釈の癖」。日常の生活に支障をきたしている場合には、カウンセリングなどによる治療が必要とのこと。

 

IMGP4012

 

「ビリーフシステム」を少しづつ変えていくこと

しかし、特効薬だからといって、過ぎたるは及ばざるがごとし・・・
いわゆるプラス思考みたいに、なんでもかんでも表面的なこじつけだけで安心してしまったらやり過ぎでしょう。

本当に邪魔な「ビリーフシステム*2」でも、少しづつ変えていくぐらいがちょうどいいのかもしれません・・・
例えば、本心からそう思っていないのに表面的に変えるのは、「ダブルバインド*3」的問題も考えられるからです・・。

このへんは本格的な心理臨床等の知識が必要かもしれませんが、当面の心理面の改善と歪んだ認知の本格的修正は、時間のスパンが違うだろうと素人なりにも思いますし・・。

*2:日本語では「信条体系」という。先の先生の指導も受けた著書の本によると、「○○すべきだ」「○○しなければならない」といった意識のことと説明されている。信念などの考えの集まりとも言われる。
 *3:同時に相矛盾する二つの次元のメッセージを受け取った者が,その矛盾を指摘することができず,しかも応答しなければならないような状態。米国の文化人類学者、グレゴリー・ベイトソンによる造語。

まあ、だんだんと素人では説明が怪しくなってきたのでこれぐらいにします・・・・

 

とにかく、「リフレーミング」はマイナス思考の人ほど効果があると思うので、おススメです。。。

IMGP4018

結構ハマった心理学の知識ですが、こうして話題にし、紹介や説明をするのは思いの他大変でした・・・
最近では心理関係のプロも増えていますが、自分なりにこの周辺も投稿を増やしていきたいと思います。
写真は、先日仕事のついでに訪れた祁答院町にある藺牟田池の景色等です。

 

近頃の関心ごと
・ビタミンC購入
・サイトの見直し
・来年度の対策

 


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談も受付中です

職場のトラブルセミナー

ご依頼その他お問合せ


≫最新記事一覧

Pocket