ロゲイニング初参加&桜島プチ観光おすすめのスポット

Pocket

今回のイベント他参考サイト先日、「桜島溶岩レク・ロゲイニング大会」というイベントに参加しました。桜島プチ観光とあわせてレビューです。
当ブログでもこれまでトップ画像等で頻繁に使っていますので、桜島は影の立役者とも言えます。その意味でも今回あらためて取り上げます・・。

桜島プチ観光・桜島港付近の探訪スポットベスト5

鹿児島の代名詞と言ってもよい桜島ですが、その観光地としての入り口はやはり桜島港となるでしょう。今回は、市内からフェリーで渡った場合を想定し、まずは徒歩で巡れる付近の探訪スポット5つの紹介です。

1.溶岩なぎさ公園~なぎさ遊歩道

まずは、玄関口とも言える桜島フェリーの港から歩いて10分程度の溶岩なぎさ公園から。その手前にはレインボービーチが広がり、公園内に入ると有名な足湯もあります。さらにその先は、海岸沿いの溶岩のなぎさ遊歩道が続きます。

1.溶岩なぎさ遊歩道から

1.溶岩なぎさ遊歩道から

2.桜島ビジターセンター

現在は現地のNPOが運営するビジターセンターは、桜島の自然や歴史を展示や映像で紹介する公共の施設。桜島の基礎知識を得たい方にはおすすめ。 場所は、溶岩なぎさ公園のすぐ隣りにあるので行きやすいでしょう。

2.桜島ビジターセンター

2.桜島ビジターセンター

3.月読神社(つきよみじんじゃ)

桜島港から約100m程度南に歩くと鳥居が見える桜島で最大の神社。境内の奥には小さな展望台もあります。静かで割合と緑も多く、癒される場所です。

3.月読神社

3.月読神社

4.桜島自然恐竜公園

坂道を登る覚悟があるなら、桜島港のすぐ近くの崖上にこの公園があります。結構高さがあるので、舗装された急勾配を約10分程度は歩きます。 至ってのどかな展望公園ながら、恐竜の大型模型7体と滑り台等が目玉。

4.自然恐竜公園

4.自然恐竜公園

5.国民宿舎レインボー桜島(マグマ温泉)

国民宿舎として従来から営業する宿泊・食事と温泉のあるホテルです。場所は溶岩なぎさ公園と隣り合った一帯にあるのですぐわかります。 立ち寄り湯にもなる温泉は、最近トラブルがあったようですが、現在は復旧した模様です。

5.レインボー桜島付近

5.レインボー桜島付近

 

本当に桜島は、県外へのアピールはもとより、県内向けのものであっても良く使われるシンボルであり素材です。
しかし、鹿児島市内から見る桜島と、実際に島に足を踏み入れて見る桜島は、少し歩くだけでもその印象というか臨場感が全然違いますね。

今回のイベント他参考サイト

鹿児島・桜島の観光案内【みんなの桜島】
 

 

 

 ロゲイニング大会初参加と速報レビュー

今年で4回目の開催となる同イベントですが、今回はとある目的のため所属する社労士会有志で参加しました。
「ロゲイニング」を知っていたのでも、狙っていたわけでもありませんが、タイミング良く今回の桜島での大会があったという感じ…

参加者は前回の記録等にあった100名超には満たずやや少なめでしたが、主催するNPO職員から聞いていた、県内外からの参加者もあります。 ルール上1チーム5人が上限でしたので、我々は2チームでのエントリー。

朝9時前にレインボー桜島に集合し、受付・説明等を受けいっせいにスタートです。配布されたA3地図を頼りにチーム単位で各々ポイントに向かいます。制限時間は3時間内ですから、回るスピードと戦略を工夫して得点を稼いでいきます。

ロゲイニングの大まかなルール(「ロゲイン」とも言うようですが)は、エリア内の当日指定されるチェックポイントを一つ一つ足で探し、その探し当てたポイントに付与された獲得点数の合計を競うもの。ポイントを探すための共通の地図が配布され、チーム単位で行動します。
 各チームが広いエリアに散らばるため、ポイントを踏んだことを証明する手段を写真にアレンジしたのが、「フォトロゲインニング」です。
 (詳しくはこちらのフォトロゲイニング公式サイトへ)

 

結果の方は、初参加ということとまさかの制限時間オーバーによる減点もあり、後ろから2,3番目という結果…。別の目的もあったことから、今回はこれで良しとします・・。あっという間の3時間でした。

IMGP4023

「フォトロゲイニング」参加入門?

今回参加してみて感じたロゲイニングの体験談をまとめてみます。 イベントでは特段に大書してありませんが、あくまで、本来のロゲイニングのアレンジである「フォトロゲイニング」(上記参照)がベースでした。

このため、本格的な大会等で使うICカードなどの機材に代えて、参加者が持つデジカメやスマホ等の現地写真による証明を要件とされます。
このへんについては、普段使い慣れた自前のデジカメを使いましたので、問題なくルール要件は満たせました。(問題は別に・・?)

コツとしては、やはり絶対的なスピード(すなわち足の速さや体力等)が一番でしょう。次に地図上にあるチェックポイントと得点を素早く読んで、効率の良い作戦を立てることですね・・。(体験しないと分からないでしょうが…)

参加入門をここに書けるほどの実績がありませんが、我々のように目的がほとんどがレクレーションで、ちょっとしたスパイス的に順位を競う程度には、少しは参考になった?かもしれません。。。

IMGP4138 突然決まった今回のイベント参加でしたが、以前から何となく桜島での野外イベントに出たかったのです。 また、マラソンに出る勇気?までは無いのですが、こうしたアウトドアイベントにも興味がありましたし…。

 

近頃の関心ごと
・かごりん


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村


≫最新記事一覧

関連記事

Pocket