社労士の仕事は無くなるのか?気になる電子申請の将来

社労士の仕事の将来について、最近ネット上で気になる動画を発見しました。
電子申請化とも深く関連しますので、このトピックを自分なりにまとめてみます。

 「社労士資格は必要ない」(!?)は極論だが・・・

最近ネット上で、あのホリエモンが独自発信し、これまた業界で最近注目されるサービスを作った人がゲストで出た動画番組を見つけました。その中の発言で、興味深いものが・・・

中小企業向け事務代行サービス業の可能性への質問があり、タイトルのような社労士資格への少々厳しい発言があったのです。(*具体的な内容と真偽はここでは触れません…)

まあ、そのゲスト発言も結構辛口だったのですが、あえて(ホリエモンのキャラ的・番組的に?)極論を出しているのかもしれません・・。

 

〔*社労士への個人的捉え方の過去記事〕

 

電子申請からクラウド型アウトソーシングサービスへ

実は管理人も昨年の夏頃から始めた電子申請(総務省e-Govサイトを通した労働社会保険の手続)ですが、「API」と言われる国のシステムとの接続がその頃に解放されました。

従来の社労士向け業務ソフトの利便性が上がった一方で、新たな電子申請対応の革新的なサービスも登場し始めています。
具体的には、『Smart HR』(スマートエイチアール)というクラウド型の労務管理アウトソーシングサービスなどです。

今まで中小企業ではなかなか進まなかった労務分野の電子申請ですが、とうとうクラウド型で企業へ直接提供するサービスが参入する流れになってきました。
そのインパクトを例えれば、会計分野の「Freee(フリー)」のようなイメージですね…。

*「SmartHR」についての記事
ASCII.jp:「よくないスタートアップ」が伸びた理由 労務管理で中小・ベンチャー企業を支えるSmartHR (1/3)|ASCII STARTUP 今週のイチオシ!

 

 

 

本当に社労士の仕事は無くなるのか?

上記のホリエモン発言のような資格制度(規制)への逆風や、革新的Webサービスの普及の流れはもはや止められないでしょう。(*動画でもありましたが、昨年の社労士試験の合格率が極端に下がったのは何故……)

「社労士が無くなるのか、無くならないのか…」について、はっきりとした答えはもちろんありませんが、“今まで通り”では業界の先は厳しいというのが多数の認識だと思います…。もちろん、業界内での選別が進むという怖い?状況もそれに含まれる訳ですが・・・

そういう意味で個人差はあるにしても、少なくとも「資格だけ」では従来以上に厳しくなるのは間違いないでしょう・・。 これからは、どのようなスタンスで、どのようなメリットを提供していくかがより問われることになりそうです。

 

たまたま目にしたネット動画で、社労士の将来にまで話題が広がりました・・。 今回は問題意識と言うか結論は無いのですが、社労士の将来に関心ある人の参考になればと・・・

今後も自ら電子申請に取り組みながら、こうした動向を見極めて行きたいと思います。

IMGP5321

思いがけない話題提供になりましたが、自分なりにいろいろ考えてきた課題でもあります。
しかし、最近はあまりこのような大きな話しに振り回されない自分軸も必要かなと・・・
(*写真は、最近の同業者での勉強会より。)

 

近頃の関心ごと
・Habakiri(WPテーマ)

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Y.Maemura

Yoshiaki Maemura 社会保険労務士 前村ひと・しごと研究所代表。
鹿児島県伊集院町出身。鹿児島⇔東京を経て鹿児島市郡山町在住。社会保険労務士。自称・自然体験愛好家。はじめの一歩をサポートする情報等を発信中。≫詳しくはこちら