36協定の届出方法、最初の一歩はどうする?

Pocket

「働き方改革」等であらためてクローズアップされている36(サブロク)協定届。
これから初めて届出をする小規模事業所に向けて、その最初の一歩についてまとめます。

P4301264
かつて交通の難所だったえびのループ橋を高速SA側より

36協定届出の大前提は?

以前も、当ブログで36協定こと「時間外労働・休日労働の協定」の基礎知識について解説しました。今回は、さらに重要な最初の届出をどうすればよいかという点に絞り、できる限り解説します。
なお、前回の記事(下記リンク)の要点を、再度箇条書きで以下にあげます。

  • 36協定の基本の流れ(協定締結から届出まで)
  • 免罰効果(労働基準法違反との関係)とは?
  • 協定期間の実質的上限と毎年の届出とは?
  • 時間外労働の上限(限度基準)について
  • 限度基準を上回る「特別条項」について

本記事は従業員数10人程度までの小規模事業所を想定しますので、最初に間違いやすい基礎知識について補足しておきます。
いわゆる就業規則の作成・届出義務は労働者10人以上となっていますが、36協定届は人数に関わらず労働者が一人でもいれば届出義務があることになります。

ただし、残業等(法定労働時間を越える時間外の労働や法定休日労働)があることが前提ですから、残業が全く無い事業所は理屈としては届出の必要が無いことになりますね・・。
実際に時間外ゼロという事業所は少数でしょうが、義務の有無や就業規則との違いを改めて確認しました。

〔前回記事〕

 

最初の一歩はどうするか

さて、それでは最初の一歩に入ります。前回の記事でも流れを書いたように、あくまで「協定」ですから労使(労働者と使用者)間での取り決めをする必要があります。取り決めるのは、残業時間や休日労働(いずれも法律の上限を上回る場合に限る)の上限等になります。

とはいえ、これまで正式に協定をしてこなかったところは、何からして良いかとまどうことでしょう。そうした場合は、一番シンプルにできる届出書のひな形を利用した簡易な協定方式がお勧めです。
実務上、大手企業や労働組合のある企業等を除き、この方式が一番多く行われているでしょうし・・。

実際にやっているのも、労働局等が示している協定届の様式ですべてをまかなうことです。以下にその様式例と手順について順を追って説明します。

36協定記入例
36協定届の様式と記入例(以下で紹介するサイトのPDFより)

〔簡単な手順〕

1.上記様式の必要項目を記入して協定案作成

2.従業員代表(選挙か互選等による)を選出

3.合意した内容等で2部作成して署名・捺印

4.そのまま2部を管轄労基署宛に届出を行う

5.1部は受付後に返却されるので会社に保管

以上がおおまかな手順になります。

ポイントは、協定書と届出書を1枚の様式(正確には同じものを2部作成)で済ませるところ・・・
本来はこの両者は別のものと言え、それぞれ別に作成する事業所も当然あるわけですが、そこを簡略化しているといえますね・・(なお、労働者代表の署名・捺印が必要です)。

36協定作成例
次に紹介するツールで実際に作成した例(内容は仮のサンプル)

まずは届出をするために(作成支援ツール活用)

上記が原則的な36協定の届出手順になりますが、最近、厚生労働省がネット上で36協定届を作成できる専用ページ(作成支援ツール)を開設しました。これでより手軽に36協定が作成できるかもしれませんので、試しに使ってみた様子をレポートします。

▼作成方法の解説ページ:http://www.startup-roudou.mhlw.go.jp/support.html

▼スタートアップ労働条件サイト(トップ):http://www.startup-roudou.mhlw.go.jp/

以下が実際の作成画面です。この前に、ユーザー登録のような入力画面が出ますが、今回は右下にある「ゲスト(登録せずに作成)」を選択しました。
最初に、事業所の基本情報を入力する画面になります(データを36協定届と1年単位の変形労働時間制協定届で共用するようです)。

36入力欄

問題なく入力して進むと、次が本来の36協定届の記入項目の入力画面です。
時間外労働の理由や対象労働者について、また時間外労働させる時間や協定期間等を入力していきます。必要な記入項目はもちろん、追加事項等も選択できるなど、良くできている印象です。

入力欄2

以上の画面は数字を入力したり選択したりと簡易化されていますが、同時に記入上の注意事項を確認するようにもなっています。初回やPC操作自体に不慣れな人は少しハードルはあるものの、この作成システム自体は十分使えるものでした。
強いていえば、先に自社に合った協定案の各項目を固めているかにかかっているかも・・。

36協定の方法や届出書作成の手順についてまとめてきましたが、最後の作成システムは新たな方法として最初の一歩に良さそうです。
年度初めから少し経ちましたが、新たに36協定を届出する際のご参考にしていただければと・・・

P4301265.JPG
このような行列は要注意?(あくまで参考写真:人吉市の大型連休中の様子より)

 〔あとがき〕
働き方改革の法案にも入っている36協定(特別条項の上限等)周りですが、それに伴う新たな国の指導体制も始まりそうです。
今回のブログ更新では、新規ツールを一部試してみました。いずれのツールも最新型?ではないものの、セッティング等慣れが必要なようです。

近頃の Good & New
・R634/K & Open Live Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

«     »