人手不足時代の労務管理の取り組み5つのポイント

Pocket

先日は所属会の働きやすい職場に関する公開イベントに参加し、少々手伝ってもきました。
内容は人手不足時代の労務管理についてと言え、当日の項目等を参考に自分なりにまとめます。

IMGP0039

人手不足時代の課題と「働きやすい職場」とは?

最近、「働きやすい職場」というキーワードが社労士業界でもさかんに使われます。
本来は「働きやすい」かどうかは人それぞれのはずですが、少なくとも働きにくい?職場は望まれていないという裏返しでしょうね…。

いわゆる「ブラック企業」と呼ばれる、人を使い捨てするような問題企業を無くすための警鐘にもなるでしょう。実際にWeb上の多くの就職関連サイトで、そうした企業の見分け方まで解説されている現状ですから・・・

それでなくても、「求人を出しても人が来ない」「望む若手の人材が 居ない」など、ここ鹿児島でも人手不足が本格化しています。必然と働く側の選択肢は増えているし、企業を見る眼が厳しくなっているのは間違いないでしょう。
すでに「働きやすい職場」は、現実的なニーズになっているのかもしれません・・・

 

〔以前も取り上げた参考サイト〕

働きやすい・働きがいのある職場づくりサイト

 

 

 

労務管理でまず取り組むべき5つのポイント

それでは、上記の観点で「働きやすい職場」になるため、取り組むべきと思われる労務管理の5つのポイントを挙げてみます。

1.長時間労働解消

労働時間の管理は古くから労務管理の中心ですが、今一番に注目されているテーマと言っても良いでしょう。 本丸は長時間労働の解消で、それを原因とする問題の大きさから、働きにくい職場とされる最大の要因になります。
さらに、過重労働(月80~100時間を超える長時間の残業)やサービス(賃金不払い)残業がこれに加わると重大な法律違反ともされますね。

2.業務効率化(生産性向上)

上記の労働時間と一体的に取り組むべき課題であり、生産性を上げて時間当りの業務効率を高める改善活動です。そもそもどちらが先かと言う感もありますが、生産性向上は本来は企業が一番注力したい取り組みでしょう。
ワーク・ライフ・バランスを推進するメリットとしても強調されることが多く、働きやすい職場が決して企業活動と相反するものではない根拠として納得できますね。

3.求人・採用対策

上述の通り、こちらは企業側から見てもホットなテーマになっています。本来、人手不足となった最大の原因は少子高齢化の影響であり、若者人口が少なくなったことです。その意味で企業側には何の責任もないのですが、環境変化に対応するのが経営だと言えますからね……
さしあたってテクニック的な話しになりがちですが、長期的には選ばれる企業になるための努力がますます重要でしょう。

4.年次有給休暇

当ブログでも古くて新しい労務管理の課題として取りあげたことがあり、2回ほど基礎知識や改善手法についてまとめています。
ともかく、この年次有給休暇の取得率は一般にも高いとは言えず、いわば労務管理を改善する際の鬼門となっていますね・・。

〔当ブログの過去記事〕

年次有給休暇の取得を促進する3つのステップ
年次有給休暇は古くて新しい基本的な労務関係の知識です。今回は初めて、または改めて年次有給休暇の取得促進を考える担当者向けにまとめます。年次有給休暇制度の理解と周知これまで積極的に年休制度に取り組ん...
実務で最初に引っかかる、年次有給休暇の基礎知識
年次有給休暇は、古くて新しい?労務管理の基礎です。労基法で定められたこの制度は、現在法改正も検討されていますね・・・今回、初めて実務に取り組むときの基礎知識についてまとめてみます。 年次有給休暇の一...

 

5.出産育児関連

こちらも年次有給休暇と並んで過去なかなか理解が進まず、取得率も低くとどまっていました…。厳密には出産時と育児期は別の制度になり、法律上の取扱いも異なります。
しかし、この一連の過程は女性の就労(継続)問題として連続性があることから、最近では一体的に取り扱われる重要テーマとなっていますね。
ちなみに、良く「誰でもが働きやすい」と言われる際の、「誰でも」に加えたいボリュームゾーンの層とも考えられます。

 

以上挙げてきましたが、具体的な制度の中身や取り組み等については、今後ブログ記事でもできる限り取り上げたいと思います。

 

将来どこへ向かい、何をめざすかも重要

働きやすい職場をつくるための労務管理のポイントとしてまとめてきましたが、そもそも何のためと言う軸も各々の企業としては重要でしょう。
これは私が言うまでもなく、経営者の頭の中にあるものを表に出す取り組みになりますね…。

その際、会社が将来的に何を目指して行くのかという大きな方向性や価値観、また社員自身の将来の働く姿、いわばキャリアモデルがどうなるかについても示せれば納得されやすいでしょう。

労務管理の問題が、なぜそんな小難しい話になるのかと思われるかもしれません・・・ また簡単なようで手間のかかる取りくみになると思います…。
しかし、改めてそうした掘り下げをする絶好のチャンスだと捉えていただければと……

 

今回の内容を本気になって取り組めば、働きやすい職場に近づけることは間違いありません。

さらに最近肌で感じるのが、こうした社会的テーマをうまくビジネスにつなげられる柔軟性がこれから一層大事ではないかということです…。

IMG_1238.JPG

引越して中心部から離れたせいか、たまに見かける市内の夜景が懐かしく綺麗に感じます。
どちらもそれぞれ良さがあり、一方だけを選ぶのは難しい選択というのが実感ですね・・。
(※最後の写真は、市内ドルフィンポートで見たクリスマスイルミネーションの1つ。)

 

近頃の関心ごと
・ラーメン王決定戦


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村


≫最新記事一覧

関連記事

Pocket