「心地よい」職場と仕事はどうしたら作れるか?

Pocket

このところ桜島が活発化していますが、今度は口永良部島の噴火となりました・・・何やら変動期に入ったのは間違いないようです…。
今回、今後の働き方や社労士の仕事とも関連する「心地よい」職場と仕事についてまとめます。

ずっと憧れてきたもので、なかなか叶えられないもの?

「心地よい職場で、心地よく仕事をしたい」、そんなことを考える人も多いかと思います。
ここで言う「心地よい」とは、単に仕事に甘いとか、野放図で勝手ができるとかではなく、規律は保ちつつ、各人が主体的に工夫して仕事の成果も出せている状況をイメージしています。

表現を変えると、一方的な指揮命令型と対極にある、個人が尊重されながら自律的に仕事ができ、結果も出せる環境と言えます。
おそらくごく一部の組織や職種ではこれに近い状態があるかもしれませんが、一般的組織ではなかなか難しいと感じるのではないでしょうか。

そういう意味で、憧れるけどなかなか叶えられない状況だと考える人は多いと思います。
それ以前に、「そういった夢物語を語る前に現実を見ろ」的な意見に押しつぶされてしまうことも多いでしょうね。 残念ながら、現状ではまだまだ理想論と見えるのかもしれません。。。

IMGP4493

 

なぜ「心地よくない」のか?

では、“現実的に”考えて、逆に「心地よくない」とはどういう状態なのでしょうか。
この問題は、多くの場合で社労士になる動機の一つとも関係すると思います。それだけとも言えないのですが、そうした問題意識を持っている方も多いと感じますので・・。(社労士全員とは言いませんが、問題意識や独立心が強くて組織の枠に収まりきれず、結果として脱サラ・独立するケースが多いと思います。最近は時代性もあると思いますが…)

それでは、とりあえず思いつくままその理由を5つあげてみます(かなり辛口です…)。

1.そもそも安心できる基盤がない

これはまず、基礎的な安心できる環境が整っていない場合です。もちろん、昔のような極悪なものは無いと思いますが、精神的な面を含めて以前この記事で書いたこととほぼ同じ状況です。
まさに社労士が取り扱っている労務管理の土台部分と言えそうですね。(記事中のマズローの欲求段階説的にも納得できます。ただ、どの段階かが難しいですが・・・)

2.一方的な指揮命令型で余裕がない

まだまだこのタイプが多いと思います。ワンマン体制でいわゆる独裁タイプだったり、過度の数字や売上の至上主義になっている組織の場合です。1と同時だと、社会的にやや問題ある企業とも言えるでしょう。
言うまでもなく、一部の猛者を除いて大多数の働く人にとっては余裕がない環境ですよね。 もちろん、共感どころか納得いかないことが多い状態だと思います。

3.魅力的なリーダーや上司がいない

ある程度は組織が安定していても、魅力的なリーダーの存在はやはり重要な要素だと言えますね。なんだかんだ言っても、上司の人間的な魅力が結構大きいのではないでしょうか。
また、職場の人間関係についても、上司とソリが合わないと致命的になってしまうところが、勤め人としては最大のリスクと言っても過言でないかもしれませんし・・。

4.組織の目的に共感できず疲弊している

これもある程度はあるケースだと思います。特に2とも関連しますが、売上至上主義で目的(ミッション)等を持たない組織だと、まともな人?は疲弊が確実です。
これはあえてそうしている(上記1,2と併せて、世にいうブラック企業になる)場合と、5にも関連する環境変化等に対応できていないケースで、結果的に目的がずれてしまっている場合とがあると思います。

5.仕事や組織の意義が無くなっている

本来、「組織は目的があって作られる」という建前はともかく、時代や環境変化で既にその目的が終わったり、変えなければいけない組織が延命しているケースがあり得ます。この場合も4と同じ状態ですね・・。
このことは、経営面の課題でもある訳ですが、一応挙げさせていただきます。


以上は私の主観的なまとめですが、厚労省の関連サイトにもこれに近い調査データがありました。
こちらの方が客観的で、より高度で詳細なデータかとは思います・・。

働きやすい・働きがいのある職場づくりサイト
厚生労働省関連サイトへ

 

 

 

 「心地よい」職場と仕事の作り方は・・?

ここからはあくまで一つの意見というか、方向性としてのメモ程度に留めますが、次のようなことが言えると思います。 (私自身はイメージで捉えていますが、できるだけ言語化してみます。)

  1. 集団ではなく、個人が尊重される暖かい人間関係
  2. 創意工夫等が奨励され、自主性が尊重されている
  3. 過度な管理や干渉が無く、静かな信頼関係がある
  4. 魅力的で、いざというとき責任を持ってくれる上司
  5. 組織のミッション・目的が合理的で社会貢献できる

こうしたところで仕事したいと思ってきたし、そうした変化をお手伝いできたらとてもすばらしいですね・・・簡単ながら、「心地よい」職場づくりの方向性として挙げさせていただきました。

 

結局、こうした問題意識を持つ自分自身のテーマとも言えるので、これからの課題として捉え直しています。

具体的アイデアも少しづつ描いていますが、まずは当面の基盤づくりを急ぎたいところです・・。

IMGP4479-001

冒頭の火山つながりの後記となりますが、先日半年ほど入山規制になっていた硫黄山に(実はほぼ初めて)登ってみました。えびの高原での自然観察会に友人と参加した後でしたが、引き続き単独でミヤマキリシマと甑岳との絶景を楽しんできました。(「池巡り」についてはいずれ…)

 

近ごろの関心ごと
・働きやすい職場づくり


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談を含め受付中

今後のセミナー予定等

ご依頼その他お問合せ

≫最新記事一覧

Pocket