「Black or White」、これから企業の向かう方向は?

Pocket

これから企業が「ブラックからホワイトへ」というトレンドになるかまだ何とも言えませんが、分かりやすい対比としてこの2つは象徴的です。
これから企業がと言うと大きくなり過ぎますが、個人的余興で考えたことをまとめます。

IMGP0010

そもそも「ブラック」な企業とは?

「ブラック企業」という言葉が大きくクローズアップされたのは、確か数年前だったと思います。 言葉自体は以前からあったのですが、新卒就職等向けに「若者使い捨て企業」などと名指しされたことが大きかったと記憶しますので・・。

さらに、現在につながる非正規雇用(派遣切りやブラックバイト等)や長時間労働の問題、また精神疾患(うつ)や過労死等の問題にまで広がったのではないかと・・・

もともとは、IT・ソフト業界などの社員が、長期間は働けずに辞めざるを得ない自らの職場をネット上で「ブラック」と言い始めたとの解説もあります・・。
ここまで多業種に拡がった背景には、様々な社会要因が絡まっていることは確かですね…。

IMGP0173.JPG

「ホワイト企業」の登場?

そうしたブラック企業問題に呼応するように使われ出したのが「ホワイト企業」です。こちらも何をもって「ホワイト」とするのかは明確な定義がある訳ではありません・・・

ネットで検索すると詳細な解説もあって感心しますが、ようは上記のブラックの反対ということは間違いないでしょう。
例えば、「終身雇用制で原則残業なし、パワハラ等もなし、誰もが働きやすい職場…」ならホワイトと言えるかと思います。

「誰もが働きやすい」という部分をさらに説明すると、多様な働き方(男女を問わず人生のステージ・希望により柔軟な勤務)ができること、かつ本来の仕事内容も相応のやりがいがあって、全体として人間関係も良い職場でしょう。

〔参考リンク〕
ホワイト企業に共通する4つの特徴と見分け方 | 就活のことならキャリアパーク

 

 

ブラック企業とホワイト企業の見分け方とは?ホワイト企業の特徴を教えます! – キャリタスPRESS(プレス)

 

 

「良い会社」はどこへ?今後、どこへ向かうのか・・・

上記の参考記事を読んで感じたのは、ホワイト企業とはかつてごく普通にあったような良い会社ではないかということ。
しかし、この「良い会社」自体が少なくなってきたのかもしれません・・・

また、以前は限りなくホワイトに近かった企業でも、経営環境の変化等によって様変わりをしてしまった例も多いのではないかと・・・大企業の一部にもこうしたケースがあるのかもしれません…。

これから企業がどこへ向かうかは不透明ですが、おそらくこれ以上はブラックに走ることは難しくなるでしょう…。
そうするとホワイトの方向へ追い風が吹くことになりますが、全てが急にホワイト化するのは簡単ではないでしょうね・・。

 

「Black or White」にこだわって考えてきましたが、そもそも単純な区分けはできないかもしれません。1つの企業の中に、両方の部分があるかもしれないからです。

この話題に関しては、今後もっと具体的な内容の記事を書いて行こうと思います。そうすることで、もっと掘り下げて考えられると思いますし・・・

IMGP0174.JPG

「ホワイト企業」に興味を持ち出したのは、当ブログでも良く紹介している天外伺朗さんらが主催する「ホワイト企業大賞」ができた頃でした。こちらはより高いレベルに焦点が当てられていますので、「その次」の方向性として参考になります。

ホワイト企業大賞

(*写真は、最近の郡山や霧島神宮の風景より)

 

近頃の関心ごと
・Love Cars TV

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう