マイ手帳カバー活用とスケジュール管理の始め方

シェアする

IMGP5609.jpg

郡山町付近から見る八重山

スケジュールや時間管理をするときは、手帳を使うのが定番です。
スマホ利用も増えているとは言え、いまだ多い?手帳中心派の方(ただし初心者)に向けてまとめます。

スポンサーリンク

スケジュールの管理方法は人それぞれ・・・

仕事やプライベートでスケジュール管理は必須で、実際にほとんどの人が手帳等を使って管理していると思います。(現在ではスマホも多いかと思いますが…)

特にビジネスでは欠かせないものなので、いろんな手帳や手帳術が世の中には出回ってもいます。
大きく系統を分けると、システム手帳系、スタンダードな手帳系、アイデア手帳系になるのではないでしょうか。

いずれにしても、①日々の予定(またはタスク)、②週間~月間予定、③年間予定がほぼメインのスケジュールと考えられ、それぞれが使いやすいツールを選択していると言えるでしょう…。

(*手帳選びの前回記事)




トラベラーズとキャリングポケットの手帳カバー術

毎年、年末が近づくにつれ、多くの人が来年の手帳選びに関心を寄せると思います。
私ももちろん例外ではなく、なんとなくネットをチェックしたり、店頭の手帳コーナーを物色したりもしています。

私自身は、以前の記事で書いている通り、ここ数年は基本的に同じ手帳を使っています。それは、『トラベラーズノート』(ミドリ製)シリーズのマンスリーリフィルです。
「月間」表示だけなので薄く、シンプルで使いやすいので、年の途中での挫折が無いのが理由です。飽きっぽい(?)私でも続けられています。

昨年までは、このマンスリーリフィルを既製のカバー(オリジナル革カバーやプロフェッショナルダイアリーを流用)にはさんで使っていましたが、今年はさらに独自にカバーを工夫しています。

(*「LIHIT LAB.」製の『キャリングポケットforトラベル』をカバー風に独自アレンジしたもの。↓写真参照。)

〔参考商品リンク〕

リヒトラブ トラベルホルダー F7526-11 ネイビー
リヒトラブ(LIHIT LAB.)
売り上げランキング: 14,741

シンプルに始めるスケジュール管理

トラベラーズのマンスリー手帳(を私)が使いやすいのは、次のような理由からです。
(この手帳だけのカレンダーレイアウトも大きいですが…)

  • 1ヵ月間が一面で見渡せ、予定把握がしやすい
  • 一般的1枚ものカレンダーと同じ感覚で馴染む
  • 余計なものが無い分、挫折や無駄が発生しない

せっかく選んだ手帳でも(機能・アイデア等は良くても)、手間がかかり過ぎると途中で挫折してしまいがちですし・・。(私に根気とマメさが無いだけかもしれませんが…)

まぁ私のような無精者の例はともかく、いわゆる手帳術では一日毎の時間管理まで含めて活用するケースがほとんどです。
その際はマンスリー手帳だけでは無理なので、別の管理方法を併用する(→私はこちらに近いです)か、「バーチカル」と言われる週間(日毎)の時間軸でも記入できるタイプを選択できます。

まとめると、スケジュール管理は大きく、1日(時間)・月間(週間)・年間という3つのスパンがあり、そのツールとしての手帳を別々とするか、一緒にまとめるかは個人差がありますね・・。

この3つのスケジュール管理はいずれも必要でしょうし、初心者にはマンスリータイプの管理からシンプルに始めることを一応お勧めしておきます。

IMGP5641.JPG

 8月後半、暑かった夏に涼を求めて水辺を訪れました。今年は数少ない機会でしたが、夏の定番ソーメン流しや湧水スポット等を開拓しています。
(*写真は、その際に寄った久留味川上流の神社近くにて。)

近頃の関心ごと
・ブロックプランナー


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
スポンサーリンク