【初心者向け】小さな会社で導入したい給与計算ツール

記事をシェア

以前の記事で、手書からパソコンでの給与計算に移行することについてまとめました。
今回はその続編として、具体的な給与計算ソフトを例にして、注意点等をまとめます。

P3110858

市内城山から眺める中心市街

スポンサーリンク

給与計算事始めから次の一歩へ

以前の記事でパソコンで給与計算することのメリットを挙げ、まずは Excel 活用や簡単なフリーソフト等で始めることを提案しています。

実際に、私もクライアントに馴染みの給与計算ソフトを紹介したりして、給与計算の始めの一歩等をサポートしています。その経験から、立ち上げ時のポイントや注意点等を記事化したいと思います。

給与計算ソフトと言っても、本格的な業務用ソフトからインターネット上のフリーソフトまで様々にあります。その中で、今回は小規模な事業所向けでかつ初心者向けのツールの例になります。

【上記参考記事】

人事労務関係の仕事の中で、給与計算は大きな一部分を占めます。そんな給与計算を、初めて手掛ける場合に考えたいことをまとめます。




簡単な給与計算ソフトを利用する

今回例にするソフトは、「ぷち給与計算」というシェアウエア(有料のお試し版)です。配布サイトのベクターからダウンドロードでき、20人までだったら無料で利用できるものです…。
MSオフィスのエクセルがベースですが、給与計算の事始めから次の一歩へちょうど良いのではないかと・・。

エクセルで簡単に動作する高機能なベクターのビジネスソフト(フリーソフト、シェアウェア)をご紹介!

正直言ってちょっと前?の見た目ですが、今でも機能的には必要かつ十分なものです。
私も10年程前(2010年頃?)から使っており、今もって上記のようにパソコンでの給与計算の立ち上げ時の支援に重宝しています。

注意点としては、エクセルのマクロで動作することから、通常のソフトとは少し使い勝手が違うところ・・。とは言え、他のソフトも当初は試したのですが、今でも使っているのは結果としてこのソフトのみです。
(⇒現状はテスト用と簡単なサポートがメインです。他に顧客用のクラウド上で動作する簡単かつ本格的な給与計算ソフトを別途に提供しています。)

【参考リンク:弊所サイトへ】

Web給与計算 Director 簡単で安心なWeb給与計算をご提供します。 ・給与計算ソフトをPCに導入せず…

小さな会社で使うときの給与計算ソフト

それでは、ぷち給与計算を利用する際の簡単な手順をまとめます。
(実際に利用する、または継続する場合のガイド・備忘録として…)

ぷち給与計算の導入手順

  1. 「ぷち給与計算」をダウンロードする(⇒上記サイトより)
  2. ソフトの初期設定(料率等設定) を行いデータの入力を開始
  3. 給与の手当項目の確定及び金額の入力と保険料や税額の計算
  4. 給与明細(個人別)や給与支給台帳(月別)を表示して印刷
  5. 各月分の保存と前月複写機能及び賃金台帳(個人別)の印刷

その他、保険料率変更等の際のバージョンアップに注意が必要です。特に新しいファイルに引き継ぐため、データの移行等がやや煩雑なのです。
さらに、一般的な給与計算と共通するポイント(注意点)を挙げます。

給与計算を始めるポイント

  • 基本給と手当の区分は必須で、年度途中での変更は慎重に。
  • 出勤日数と労働時間及び残業・休日出勤の内訳は原則必要。
  • 保険料の設定は自動計算が便利だが、料率等変更時は注意。
  • 所得税の扶養控除対象人数を確認して正確に計算すること。
  • 個人別の賃金台帳は労務管理上の必需品になることに留意。

上記ポイントは、手書きやエクセル上での計算であっても同様に参考になるものです。
いずれにしても、ぷち給与計算のようなソフトを使って始めることは1つの選択肢になるかと・・。

今回、私が利用している簡単な給与ソフトを紹介して、初心者向けにまとめました。
パソコン利用を前提とするなら、給与計算の最初の一歩の参考にしていただければと……




P5050126

藺弁田池の湖畔にて

〔あとがき〕
ちょっと前からブログの下書きを音声入力でやっています。使っているツールは Google ドキュメントの機能で、ノートパソコンのマイクに話したら自動で文字化できるのです。文章の基礎部分だけに留まりますが、文字変換の正確性はかなりのものですね・・。

近頃の Good & New
・ある仕事の手伝い


スポンサーリンク