価格と価値のつり合いから考える社労士のサービス

Pocket

世の中の商品・サービスには基本的には価格がついています。
しかし、商品が「モノ」ではなくて「サービス」に対する場合には、微妙な部分が残ります。社労士の専門サービスの価格もまた同じでしょう・・・

そもそも価格の根拠は何なのか?

あらためて価格の根拠を考えてみても、なかなか難しいと感じます。
なんとなく絶対的な価格の高低、または同等商品との比較で判断しているとしか言えません。

例えば、必要な原材料費から自動的に決まるわけでもなく、その商品価格には様々な必要経費(コスト)分が含まれています。
モノではなく、サービス提供主体の場合は、そのほとんどがコスト(+α)と言って良いでしょう。

社労士などの専門士業もサービス主体ですが、価格に相応しい価値かどうかを証明するのは難しい部分があります・・・
基本的には、価値があるからビジネスとして成り立っているのでしょうが・・。

 

【ちょっとブレイク】
*最近、価格と価値について考えさせられた参考の品です。
20150308-f1-1
ソニーZS-F1というCDラジオで、20年ぐらい前(90年代)
に秋葉原で購入。最近ネットで見たら、発売当初は98千円
という高価格が仇となったらしい…。管理人はオノデンで
数万円(4万以下?)で買ったため、今更ながらびっくり。
いまだに愛好するファンが居て、プロも使う名機とされて
いるとは……なるほど長年愛用しているはず…。さすがに
スピーカーコーンのエッジは修理が喫緊の課題ですが:-)。
(写真は、http://www.daijyu.net/からお借りしました。)

 

ほとんどが人件費+α(プラス・アルファ)…?

以前読んだ本で、経営コンサルタントの報酬額について触れた部分がありました。記憶に残っているのは、確かコンサルタントの人時(にんじ。その人がどれだけ時間を割いたか)で報酬が決まるとの話し。

例えば、高い報酬額のコンサルタントを長時間拘束すると、それ相応の高額なコンサル報酬が請求されるということです・・(笑)。
これだけを見ると、ほとんどが人件費と思えてしまいますね・・。

もちろん、全部がコンサルタントの給料になるわけではなく、コンサルティング会社等の様々なコストや+α(プラス・アルファ)部分が入っています。
割合や価格そのものはともかく、世の中の多くのサービス業にも共通している部分だし、士業の報酬などはより近いでしょう。

 

IMGP5524

 

プラス・アルファ部分の実力を高めよう。

この「プラス・アルファ」とは何かがポイントで、単なる人件費や作業代ではないことは前述のとおりです。
想像するに、専門知識だったり、ノウハウということになるでしょうか・・?

人件費(稼働分)と明確に切り分けることは難しいですが、そのサービスがどれだけの価値を提供できたかで決まる部分と言えるかもしれません・・。
プラス・アルファとは、そういう価値の対価と言って良いでしょう。

社労士の報酬も単なる稼働分の対価としてだけではなく、相手に対してどれだけの価値を提供できたかを勝負にして行くべき時代かも・・・
そういう意味で、何をして何をしないかという視点も大事になってくると思います。

 

個人的には、Value for Money(金額以上の価値、コストパフォーマンスの意)を重視するタイプですが、ついつい「金額」だけを追求してしまいがち・・・自らも「価値」を理解する努力が大事ですね。

いずれにしても、社労士の価値を認めてもらえるよう専門能力を磨くことと、信用を高める努力がますます大事になってきました・・。

IMGP5512

4月に引っ越して少し田舎の環境に変わりました。このことも住まいや移動という価格と価値を見直す機会となっています。その他はこれから・・・という状況。
*写真は「古さ」が価値になった例、嘉例川駅(かれいがわえき)にて。

 

近頃の関心ごと
・時間のつかい方(本)


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談を含め受付中

今後のセミナー予定等

ご依頼その他お問合せ

≫最新記事一覧

Pocket