社労士が相談員をする際のメリット・デメリット

Pocket

ふと目にしたブログで、社労士の某所での労働相談員についての話題を発見…。
とある行政の方が社労士向けに書いているものでしたが、その某行政窓口で社労士が相談員をすることについてまとめてみます。

 「社労士への提言」?から考えたこと

そのブログはタイトルからしていわば「社労士への提言」をテーマにするもので、今回のきっかけになった記事内容もリアルでした。 (管理人も過去に数年間は同様の仕事をしていました……)

ぶっちゃけ、ブログを書いているのは監督官の方のようですが、労働相談の多さに対して労基署が対応しきれていない現実にも触れられています。(現在の状況は予想するしかありませんが)
さらに、現場のハードさや待遇についての本音的なことも……

全体として伺えるメッセージは、

・労働者側(を依頼者とする)社労士として、労基署に持ち込まれるような紛争解決を業務としてはどうか?
・需要は(労基署の現場から見て)大いにあると思うし、事業主側にもそうした需要はもっとあると思う…

といった感じでしょうか…。
サラッと読んだ程度なのですが、労基署業務の実際や考え方などは非常に参考になると思います。(※ブログ自体は数年前から更新が無いため、無くなる前に一読をお勧めします。)
ただし、「労働者側の社労士」に関しては、誰にでも薦められるものでないかもしれません・・・

 

≫ブログ上でのおすすめ本紹介(改訂版も出たようです)

改訂版 個別労働紛争あっせん代理実務マニュアル
前田 欣也
日本法令
売り上げランキング: 167,682

 

 

必要以上に続けた場合の「バイアス」とは?

現実に上記で挙げられた様々な事情も受け入れ?て、その職に就いている人も多くいらっしゃると思います。
それについて特にはありませんが、少々気をつけた方が良いかなと思う点はあります。

それは、こうした仕事を必要以上に長く続けた場合に陥りやすい一種のワナ…、労使関係についての見方と言うかバイアスのことです。(もちろん、これには個人差があると思いますが・・・)

一番大きいのは、「事業主=悪」⇔「労働者=善」的なバイアス(価値観)が知らず知らずのうちに強くなってしまうこと。 相談員とは言え、労働者側に立つ機会が多くなれば、知らず知らずのうちにこうした方向に傾くのではないでしょうか?本来はケースバイケースと言えどもですね…。

IMGP5490

 

メリット・デメリットを考えること

上記で挙げたバイアスは全員がそうなるとは限りませんが、やはり長くやればやるほどその傾向は強まるでしょう。(ちなみに、すべての関係行政が当てはまる訳ではないかもしれませんが)

いずれにしても、そうならないためには、それ以外、特に事業主からの仕事も相応に手掛けることだと思いますが、これが更に矛盾に満ちてしまいがち・・・

結局、難しいのは自分では気づかないうちにこのバイアスが強くなっていることがあるから……
こうした切り替えがうまい人については、特段問題にならないのでしょうが・・・

 

要はバランス感覚でしょうが、自分では気づかないからやっかいですね・・。その分、自分自身でメリット・デメリットを良く考えておくことが大事かと思います。
(メリットは主に知識と対応力ですが、別の機会に…)

もちろん、自分がどの方向を目指すかによりますが、少なくとも事業主からの仕事を将来メインに考えるならちょっと気をつけておきたい点です。拙い文章と内容ですが、新たに業界に入る方等が何らかの参考になればと……

IMGP5503

前回の記事の最後に載せた写真の家の主?にも会うことができましたのでパチリ。 現在、嘉例川観光大使の「にゃん太郎」氏です。サブタイトル?の「たぬき猫」に納得・・・
他の写真は、梅雨入りと同時に撮った、霧島山中にある「千里の滝」の様子です。

IMGP5515_thumb.jpg

近頃の関心ごと
・天職の作法


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村


最新100記事一覧

関連記事

Pocket