労務管理を見直す重要なプロセスに社労士がいること

Pocket

職場において、いわゆる労使トラブルは依然として少なくありません。
社労士はそうした現場に立ち会うことが多いわけですが、このような労務管理の重要なプロセスとの関係についてまとめてみます。

社労士の本来の役割とは?

どんな会社にも従業員が一人でも居れば必要になる「人」の管理。
経営分野で使われる「人・物・金」の一要素であり、労務管理と言われる社労士の主な業務分野です。

そもそも社労士制度の目的は、「事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資する」(社会保険労務士法第1条)とされています。
これは努力目標ではないと思いますし、実際にそうした環境が今また巡ってきたのかもしれません・・。

世の中の会社の大多数は中小企業が占めます。中小企業でも「人」の問題は絶えませんが、こうした場に社労士がいることで、何かしら影響を与えることができるのではないかと思っています。

 

全国社会保険労務士会連合会

 

 

 

鹿児島県社会保険労務士会

 

 

 

問題発生は大きなチャンス?

人に関する問題が発生する場面は様々ありますが、結果として多いのはいわゆる労務トラブルです。
他に人間関係や本人の個人的事情、また病気・ケガなどもあり得ます。(もちろん、経営サイドからのものもありますが…)

こうした問題発生は、新しい規定づくりや諸施策導入のチャンスですが、こうした場に社労士が居た場合のメリットとして次の3つが考えられます。

  • 第三者目線で客観的判断や意見等が貰える
  • 労働法令に精通した専門家のアドバイス等
  • 目前の解決だけではなく、長期的視点も…

そして、一連のプロセスに社労士が関われば、大なり小なり会社内の判断や実行等に影響を与えているでしょう。・・。
その影響力は良くも悪くもなりえますが、基本的には冒頭の存在意義に向かっていると信じます。

IMGP5528

 

重要なプロセスに立ち会うこと

社労士が「重要なプロセス」に立ち会うということを、もっと掘り下げてみます。
どのような影響が出るかはもちろん人にもよるし、ケースバイケースでしょう。

しかし、少なくとも社労士は(難関の)試験をパスし、社労士会に入会するという様々なハードルを越えた人たちです。
目先の損得や安易な解決で問題を先延ばしにしたり、こじらせたりすることは少なくなると思います。

いわば、ある程度品質が保証(完全とは言いませんが)されているとも言えます。
労務管理を見直す重要なプロセスに社労士が立ち会うことは、有形無形に、また短期~長期的なメリットを提供していると言えます。

 

もちろん、顧問契約したり、スポット依頼したりと言う形で契約をすることは必要になり、費用は発生するわけですが・・・

もっと言うと、こうした影響もほんのきっかけづくりに過ぎないかもしれませんね・・・ しかし、たかがきっかけ、されどきっかけです…。

IMGP5518

前々回記事からの「社労士の仕事3部作」(笑)終了です。思いがけず業界ネタが続きましたが、なかなか外部からはうかがい知れない事情も書いています。願わくば、何かの形で「外部の方」にも参考にしていただければと……
(*今回の写真は、市内の健康の森公園といづろ交差点にて。)

 

近頃の関心ごと
・AbemaTV(ちょっと前から)


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談も受付中です

職場のトラブルセミナー

ご依頼その他お問合せ


≫最新記事一覧

Pocket