「山の日」制定を記念し、霧島・高千穂峰の見どころ紹介

Pocket

昨年、国会で「山の日」が正式制定されました。
施行は2016年ですので、来年8月11日から国民の祝日としてスタートします。
ここでも記念して、6月に登った高千穂峰の景色等を中心に初心者向けにまとめます。

霧島の代表的な山、高千穂峰に登る。

鹿児島県で霧島の登山と言えば、まずこの山が一番に思い浮かぶでしょう。
その理由は、子供時代に学校行事(ちなみに管理人は小学校の修学旅行でした…)等で登ることが多いから・・・いい意味でも、悪い意味?でも、思い出深い山となっているのです。

その高千穂峰に再び登ることになった経緯は以前書いた通りで、予想を上回る「きついコース」だったことをここでもレポート済みです。
今回は、その久しぶりのこの山について取り上げ、見どころを紹介します。

ところで記念とした「山の日」についてですが、昨年の国会で国民の祝日として新たに制定され、来年から実際に施行となるようです。 登山愛好家等が推進し、当初案では8月12日だったらしいですが、最終的に8月11日になったとのこと…。

IMGP2862

以前登った韓国岳山頂から見た高千穂峰(奥側)。手前に火口が見えるのは新燃岳。

 達成感は一番?でも、ちょっと覚悟が必要かも・・・

以前のブログ記事で書いたように、高千穂峰登山の代表的ルートである高千穂河原からのコースはかなりハード(他にも2,3コースあり、いずれもハードそうですが・・)
最初の本格的な登りは、高千穂峰とほぼ一体になっている側火山の「御鉢(おはち)」です。ここで突然地面が赤色の岩場に変わり、足場の悪い急斜面をひたすら登ります。

IMGP4540

御鉢を登った途中から、登山口の高千穂河原を望む。

やっと登り切って火口縁に出ると、活火山でもある御鉢の大きな火口底が見下ろせ圧倒されます。
さらに、火口縁が狭く断崖絶壁状の「馬の背」を進んで鞍部に下って一段落し、ここからが本来の高千穂峰への登りになります。

IMGP4551

以前は、この斜面が砂状のザレ場(ロープが懐かしい)で滑って大変だったのですが、現在は前半が階段状に整地され、さほど大変ではなくなりました。
とは言え、かなりの斜度があるため、山頂までの道のりは決して楽ではありませんね。

 

登山道は変化に富み、景色は全域パノラマ。

霧島の最高峰は韓国岳(1,700m)ですが、実質的にも高千穂峰(1,574m)はそれに並ぶ主峰格でしょう。
数年前に、有名な大河ドラマの『龍馬伝』でロケに使われたことも知名度を後押ししています。

山頂には、龍馬役のシーンで有名になった「天の逆鉾(あまのさかほこ)」があります。(実際は周囲が囲まれ、直に触ることはほぼ不可能ですが・・・)
この逆鉾(現在はレプリカ)の由来はいろいろあるようですが、昔の修験者が立てたとの説もあるようです。

一番の見どころは、何と言ってもこの山頂からの眺めで、まさに絶景だらけです。 登った時は、まだミヤマキリシマの残るシーズンだったこともあり、山肌に咲く一面はまるで天国のお花畑(笑)のようでした…。
もちろん、霧島連峰や見下ろす下界の景色など360度パノラマ状態です。

IMGP4635

パノラマ景色はコースの全域で楽しめますが、気まぐれな山の天候には左右されます。幸運に恵まれたら間違いなく感動の連続ですが、こうした見どころは登山の大変さを補って余りありますね。

 

ある意味で覚悟が必要な高千穂峰登山ですが、その分だけ感動と達成感は大きいです。来年からの「山の日」スタートを待つ間でもなく、1回チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「山の日」の話題に偶然ですが、先日桜島の噴火警戒レベルが上がり、島内の一部で避難も始まりました。 今年になってから様子が変わっていたので、いよいよという感じです・・。
その余波で恒例の夏の錦江湾大花火大会も中止のようですね…。

 

近頃の関心ごと
・(やはり)桜島


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村


≫最新記事一覧

関連記事

Pocket