八重山高原(鹿児島)の見どころピックアップ

Pocket

鹿児島市の郊外にある八重山高原は、一般には入来峠付近の山と言った方が分かりやすいでしょう。
市内から気軽に行ける自然ウオッチングのスポットとして、最近見た状況をもとにまとめます…。

IMGP0369 (1)
牧場付近から北を望む。真ん中には鹿も・・・

国道328号線入来峠近く、八重山高原とは?

鹿児島市小山田から始まる国道328号線は、鹿児島市境と出水市までを結ぶ主要な道路です。このルートで最初の山越えは入来峠ですが、周辺の代表的な山である八重山の中腹(標高400m以上)と重なります。

峠のピーク付近には、登山口をはじめとしてキャンプ場や温泉、さらに奥の集落には棚田や甲突川水源で有名な見どころ等もあります。これらは主に八重山の南側(鹿児島市郡山)に位置しますが、今回取り上げる高原地帯は北側(薩摩川内市)になります。

一帯には入来城山ゴルフや鹿大の牧場等もあるのですが、峠からの入口が別で少し離れているためか普段訪れることはまれ・・(南側は良く行きますが…)。
今回、あらためて最近訪れた各スポットの紹介を含めてレポートします。

 

八重山高原付近の見どころ再発見

高原一帯(天体望遠鏡)

前述の峠入口にある看板を目印に山道をしばらく走ると、瀟洒なゴルフ場の建物が見えてきます。さらに進むと牧場のある高原の風景が拡がりますが、その途中に大きな構造物に目に留まります。

IMGP0364.JPG

これは、国立天文台の天体望遠鏡(VERA入来観測局)で、敷地内に入って見学することも可能です。詳細は未確認ですが、近くの建屋のスタッフ駐在や見学者用の駐車場・トイレもあります。
また周辺の入来牧場は国立大農学部の付属牧場で、牛(黒毛和種)等が飼育されているようです。

 

銭積石(ぜにつみいし)

八重山の登山道側から行けなくなっていた「奇岩銭積石」ですが、最近になって高原に向かう道路沿いに登山口があるのを発見・・。いつか行きたいと思っていたので、この機会にここから銭積石を目指します。
IMGP0378.JPG
案内板では約30分とのことですが、あくまで山登りなのでそれなりの身支度で行ったのは正解・・。遊歩道にはなっていますが、急な登りには岩場が多く足場が予想以上に悪いです(断言する理由は内緒…)。
途中から岩は無くなるものの、やはり急な登りや狭い崖縁をしばらく進むと目的の銭積石に到着します。

IMGP0390.JPG IMGP0389.JPG

 

践祚滝(せんそのたき)

こちらは一帯でも樋脇町(現在は薩摩川内市)近くになりますが、前述のゴルフ場の駐車場手前が入口になっています。ネット上の情報で知り、季節的には一足早く見に行ってみることに・・。
思ったより高原からは遠く、狭い舗装道を下りきって小川が流れる付近にやっとありました。案内の看板等も朽ち落ちていて、かろうじて下流の入口の看板が残るのみ…。上流の滝も崖を少し登ると見れますが、下流の滝見スポットは河原の岩が滑りやすくて注意が必要です。

IMGP0442.JPG IMGP0438.JPG

 

気軽に行ける高原&自然ウォッチングスポット

前述の通り八重山は八重山公園を中心とする南側のスポットが有名です。しかし、今回取り上げた北側も高原を中心としてなかなかの自然豊かなスポットになっています。

当然ですが、市内からのアクセスはほとんど変わらず(やや距離があります…)、気軽に行ける高原地帯であることは確か・・。しかも、里山よりは本格的な風景が見られるので気分も違います。

高原らしい雄大な景色をはじめ、自然ウォッチングをより深く楽しめる環境だと言えますね…。特に小山田交差点から車で約30分で行ける気軽さは、幅広くお勧めできることを今回再確認できました。

 

とは言えゴルフ場以外に特に観光施設があるわけではないので、自然好きな人がちょっとした時間でドライブやピクニックを楽しむ感じでしょうか・・・

もちろん、南側のスポットと合わせて一日遊ぶことも不可能ではないので、プチリゾート?としても八重山高原を訪れてみていただければと……

IMGP0424.JPG

〔あとがき〕
世間では、いわゆる大型連休も中盤に入りました。業界では定例の年度更新も始まっていますが、毎年この時季は気候も良いので外に出たくなってきます。そろそろ「山歩き」の方も気になってきています・・・

 

近頃の関心ごと
・プリモピアット(東串良)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

«     »