ワークとライフのバランスを意識して気づくこと。

Pocket

「ワーク・ライフ・バランスと聞いてどういったイメージを持ちますか?」
そんな問いをしたくなった、最近の気づきのきっかけについてまとめてみます。
「仕事」と「私生活」をどう分けるかは、このブログの取り組みそのものですし・・・

どのようにも解釈できる?「ワーク・ライフ・バランス」

10月に「ワーク・ライフ・バランス」のテーマ(労働関係)で話す機会をいただきました。
セミナー講師としてのセッティングで、それなりの内容が求められますし、時間もトータル90分でボリュームが必要です。奄美の会場というおまけ?付きでしたが、準備の方は事前に進めていきました。

正直言って、テーマ自体はいただいたものだっただけに、最初のうち多少とまどいがありました。
もちろん、大きな意味で人事・労務分野ですし、最近取り沙汰されることが多いキーワードです。社労士として話すことは違和感なく、むしろ時宜を得ているでしょう。

しかし、自分自身のスタンスからすると少々荷が重いかなと感じたのです。その理由は、この言葉が一般に受け取られているイメージのせいもあるかもしれませんが、一番の理由は普段の“実感”を伴っていないことでした・・・
そうして、ある意味どのようにも解釈できる、幅広いこのテーマに取り組むことになりました。

 

IMGP3489

 これも何かの縁?偶然始まっていたWLBの学び

そうは言いながら、実はワーク・ライフ・バランス(以下、一部「WLB」と略記)とはちょっと前から縁がありました。
同業者の勉強会で、東京の社労士である真島伸一郎先生に講師をお願いしたことがそうです。その時のテーマがまさに残業代削減を切り口にしたワーク・ライフバランスだったのでした。

偶然とは言え、この時から事前準備(神の計らい?)は始まっていたのかもしれませんね・・・
さらに奄美に縁が深かった事情もあり、今回の講演の中で(勝手ながら)少し著書の引用をさせていただいた部分もあります。もちろん、ちゃんとお名前を出して本の紹介もしましたが…(^_^)

さらに、今回話すための内容をいろいろ研究する中で、大分県が作っている公開資料が大変役立ちました。ちょっとしたついでも重なって、その資料でお見かけしていた大分県のWLB推進アドバイザー(大分の社労士の篠原丈司先生)の講演にも急遽駆けつけて聴講しています。

IMGP3378

 

結局分けられない、「ワーク」と「ライフ」という気づき。

そうやって、興味を持った(持たされた?)このテーマでしたが、結果として自分自身気づくことが多くありました。
まずは、WLB推進の最初に言われることで、ワークとライフを等分に分ける意味ではなく、相互に影響させて好循環することだという点。

ワーク・ライフバランスについての著書や政府の委員を務めるなど、WLBコンサルタントとして有名な小室淑恵さんは、これを「シナジー」(Synergy:相乗効果)と表現しています。
コンサルティング分野で良く見かける言葉ですが、これが一番ピッタリくる感じはします。。。

なるほど「ワーク」と「ライフ」を同程度にバランスさせることでないのはもちろん、結局一人の人間が仕事と生活を完全に切り分けること自体に無理がありそう・・・
そうであるならば、むしろ貴重な人生の時間として、本人の意志で両立していることがやはり理想と思えます。

 

この辺りはいろんな人がいろんな表現をしており、議論は尽きないのですが、自分なりには一つの結論?に至りました。
「ワーク」と「ライフ」を逆にして引っ付ければ・・・「ライフ・ワーク」!

これをみんなが実現できたら、解決すると思うのですがいかがでしょうか……

IMGP3477

講師という機会は、大変ありがたいのですが、以前と比べるとやや肩の力が抜けてきた感じです…(意識的な部分もありますが)。
いずれにしても、奇しくもブログ上で先行していた「仕事と私生活の相乗効果」を、実際上も志向して行くきっかけになったと思います、感謝、感謝・・。

 


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村


≫最新記事一覧

関連記事

Pocket