現実に足を着け世界を見る?スズキを支持する理由

Pocket

今回は地方では欠かせない交通インフラでもある、クルマに関係した話題を・・。
もっとも、そうした地方の事情にも気づかされる、ビジネス上のスタンスとしてまとめたいと思います。

IMGP4902 (1)

自動車メーカーの戦略から考えるポジションづくり

世界的に一大産業である車メーカーですが、その戦略は傍目にも難しそうです。最近はメーカーの合従連衡も進みましたが、「自動車産業はリスキーなビジネス」とも言われます。(投資額の割に商品の当たり外れが大きいことがその理由。自動車評論家の故・徳大寺さんの言葉より)

特に日本メーカーは約7社!と多いのですが、その中では個人的にここ数年スズキに興味と魅力を感じています。(次はスバル。もともと相当のホンダびいきでしたが、メジャーになるにつれ何かが薄れた気が・・・)

スズキと言えば、先日新型のスイフトワゴンRが発表されています。私のも同メーカーなので、先日ディーラーでスイフトの実車も見れました。今後の売れ行き等にも注目です・・。(どちらもデザインが話題で、ワゴンRはピンときましたが、スイフトは少々時間がかかりそうですね…)

スズキ株式会社

http://www.suzuki.co.jp/

 

 

「ここをどこだと思ってんだ」というスズキを支持する理由

さて、そんなスズキに関して以前読んだ話しで興味を引いた…というか納得したことがあります。それは、同社の確かデザイナー?がいかにも都会風の提案をしたところ、浜松の本社で(上司?)「ここをどこだと思ってんだ!」と一蹴されたらしいのです。

これは、有名な現会長の鈴木修氏の手腕に限らず、スズキをして『偉大な中小企業』と言わしめる逸話かもしれません。また、軽自動車を主商品とするメーカーとして、地方の顧客を重視している表れでしょうか・・・

こんなスズキに、したたかというか「勘違いしてんじゃねえ…」的な真面目さと、地に足を着けた戦略を感じたのです。
勘違いしがちな自分自身の反省にもなったし(やはり東京発の情報が多く、影響受けますね…)、以後ますますスズキを見直したのです。

IMGP1971.JPG

個人のスタンスとしても、「地に足を着ける」こと等は大事

もちろん、そうした泥臭い戦略を地道に実行する一面、より昇華させる努力にも抜かりがない…。ここ十数年のクルマづくりが、飛躍的にステップアップしている点も支持している理由なのです。
(例えば、スイフト等の普通車のヨーロッパ水準への変貌や、最近ではアルトの実力など…)

得てして自身を含め自らの立ち位置等を表現するときに、「いいカッコ」をしようとしがち・・・大事なのは、地に足を着けた現実感覚と、一方で小さくまとまらず広い世界に目を向ける努力なのかもしれません。

だって、別の何者かになれる訳ではないし、現状に満足しないのであれば一歩ずつ新しい積み重ねをするしかないですからね・・・(ブツブツ…)
個人の戦略と言うか、スタンスの参考にもなるのではないでしょうか。

 

地域に根を下ろし、けれども限られた中でキラリと光るものがあるスズキに学ぶことは多いです。
(もっとも、クルマの好みは人それぞれ…、無理に同意を得たいわけでもありませんが…)

個人事業主・フリーランスとしては、自らの戦略に、学ぶべきは学び、活かしたいものを活かして行きたいところです・・。

IMGP1942.JPG

やはり私自身地方(それも過疎地)に住む立場だけに、今回のような共感があるのでしょう・・。もう一つ加えると、世界標準(特にヨーロッパ水準)を感じられるのに、「Value for money」 (コスパが高い)があるところでしょうか・・・
(※写真は、主に2013東京モーターショー時のスズキブースのスナップ。)

 

近頃の関心ごと
・新型スイフト(まんま…)


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談も受付中です

職場のトラブルセミナー

ご依頼その他お問合せ


≫最新記事一覧

Pocket