鹿児島市から桜島・大隅までの定番、桜島フェリーについて

シェアする

ちょっと前に噴火活動も落ち着いてきた、鹿児島のシンボルである「桜島」。
最近も県外のお客様を案内したりと、数ヵ月ぶりに海を渡りました。鹿児島市から桜島への主要な交通手段である桜島フェリーについてまとめます(垂水フェリー比較あり)。

鹿児島港側にて

鹿児島市から桜島側に渡る交通インフラとして

観光やビジネス、また通勤・通学の足としても、桜島フェリーは県内の重要な交通(人・車)インフラとなっています。(桜島フェリー – Wikipedia
鹿児島県の地図を見るとわかるように、鹿児島市中心から桜島へ渡る一番の近道であり、市内と一体的に楽しむための重要な観光資源とも言えますね。

運営は公営企業体(現在は鹿児島市営)となっており、乗船時間は片道15分程度、ほぼ終日15分おきに便がある便利さ・・・
桜島と大隅半島が陸続きになっているため、薩摩・大隅両半島を隔てる海上を結び、両半島中心部の往来をショートカットする機能も果たしています。

実際に普段のビジネス上、鹿児島市から鹿屋市などを始めとする大隅半島側に出向くときに良く利用されてもいます。(当然、逆方向もあります…)
ただし、同じように鹿児島市から大隅半島(垂水市)をつなぐ垂水フェリーも運航されており、こちらもほぼ同じ機能を果たしています。(鴨池・垂水フェリー – Wikipedia
観光だけならともかく、ビジネス上の利用ではどちらかを選択することになりますね…。




桜島フェリーvs垂水フェリー、どちらを、どんなときに使ったらよいか?

前述のビジネス利用等での両フェリーの選択に際して、参考まで今回はまとめてみます。
まず、「便数なら桜島(が便利)」と言えるでしょう。
桜島フェリーはほぼ終日15分おきなのに対し、垂水フェリーの方は1時間に約2本程度の便数になります。(鴨池・垂水フェリー – 時刻表

一方で、「楽チンな垂水(運転が短縮)」と言えるかと…。フェリーの所要時間は約40分程度と長く、その間はクルマの運転から解放されるからです。
仮に車で鹿屋市を目指す場合、桜島港から垂水市を経由(約20km、30分程)して行く場合に比べ、垂水~鹿屋間の運転だけで済んだ方が当然楽になります。

単純化すると上記のような説明ですが、全体を見ると鹿児島市側の港が南北に離れている(約6~7㎞、車で20分弱)ことや、運賃面では考慮する必要がありそうです。
比較する(下表)と、車で同乗者が多いほど桜島フェリーの運賃が割安になりますね。

追記1:桜島フェリーにはコンビニ割引チケット(片道・往復)もあるようです。ただし、割引額は大人1名10円、小型車片道50円~・往復で220円~などです。
追記2:【訂正あり】垂水フェリーでは車の同乗者料金が4名まで半額になるようです。下表の2,180→1,940、2,660→2,180となる計算です。(H30.7現在)

82f022d2ba13.gif

桜島VS垂水フェリー運賃比較(㊟上記追記あり)

※料金の詳細は、桜島フェリー垂水フェリーサイトリンク先をご確認ください。

桜島フェリーの楽しみ方と見どころについて

もう何回も乗っているはずの桜島フェリーですが、いまだに軽い高揚感もあります・・。
おそらく、数ヶ月に一度ぐらいのペースであれば、ちょっとした非日常の気分が味わえるせいでしょう。また、単純に海の上を船で渡るのが楽しいからかもしれませんね…。

車両ごと乗船した際は、車から降りて乗客用デッキまで移るのが基本です。フェリー最上階にある甲板部分で景色を楽しんだり、または室内の乗客席でくつろぐことができます。(空いている時は前方にある展望席も確保できます。有名な「うどん」は別の機会に…)

何と言っても、鹿児島側から桜島に向かっている時が最大の見どころです。天気の良い日だったら青い海に浮かぶ桜島の雄姿を十分に楽しむことができます。
逆に桜島側から鹿児島へ向かうときは、海上に浮かぶ鹿児島市街地が一望にできますね。

今回は管理人にとっては身近な桜島フェリーについてまとめましたが、詳しい料金や過去の写真を見返す機会になりました。

いずれにしても、鹿児島に観光等で訪れる際やビジネスの参考にしていただければと……

IMGP4785

近頃の関心ごとをこの下に書いていますが、今回はここでも紹介します。最近、ドラッグストアで見つけた栄養機能食品の「バランスパワー・アーモンドカカオ」。カロリーメイトとクッキーの中間のような食感で、味はお菓子としても通用するぐらい。価格ともにお気に入りです。

近頃の関心ごと
・みやざきてげなポテトチップス

シェアする