マエムラボ Work & Nature Log

西郷隆盛ゆかりの地おすすめスポット(鹿児島市内編)

鹿児島の歴史・観光というと、やはり西郷隆盛はトップコンテンツでしょう…。
今もって歴史好きや観光客の心を捉える、西郷ゆかりのスポットをまとめます。

DSC_2727

南洲墓地・神社の参道

「西郷さん」こと西郷隆盛のこと

鹿児島の歴史上の人物で一番に有名なのは、やはり西郷隆盛でしょう。もちろん私自身も子どもの頃から身近な存在で、大人になって深く知るほど心酔していったのです…。
特にこの十数年は、究極の尊敬する人物の一人となっていました。

影響が大きかったのが、20代に読んだ本で名誉や金を追わない人柄を知ったこと…。もともと歴史好き+地元びいきもあったので、それ以降も本やネット情報を含めそうした知識を深めていったのです。〔▼関連過去記事〕

鹿児島の人材育成の歴史3聖地を巡礼しよう。

さらに、一般にはTVドラマで取り上げられることも影響が大きいでしょう。直近では大河ドラマ『西郷どん』が放送され、ある意味「鹿児島人」は誇りに感じたのではないかと・・。
あわせて観光キャンペーン等も大々的に行われ、県外からの入込客も増えたはずです…。〔▼関連過去記事

県外客を観光案内したい鹿児島市内の5スポット

もっとも、同時に西郷の人間らしい(情に厚くて…)一面も知られたのですが。

西郷ファンにおすすめの5ヵ所(鹿児島市内)

それでは、以下西郷さんのゆかりの地を紹介していきます。
ところで「西郷どん」と呼ばれますが、当記事では「西郷さん」で統一します。

1.南洲墓地・西郷南洲顕彰館(けんしょうかん)

南洲(なんしゅう)とは西郷の別名で、一言でいえば西郷さんのお墓があるところです。西南戦争に従軍した戦死者たち(約2千名)と一緒に葬られている場所・・。多くの墓石の真正面にある西郷本人をはじめ、左右に薩軍の主要な幹部達の名前も見られます。
正面階段の手前の案内板では、「命もいらず 名もいらず」と題した解説に感慨深いものが・・。他にも、あの勝海舟が寄せた言葉の石碑や併設の南洲神社もあります。さらに、後述する「西郷南洲顕彰館」も墓地を中心とする敷地内に建っています。

西郷南洲顕彰館

2.西郷隆盛終焉(しゅうえん)の地


https://www.kagoshima-yokanavi.jp/spot/10014

西南戦争の末期になんとか鹿児島まで戻った西郷軍ですが、市内城山で最後の戦いをしています。そしていよいよ城山を降り、西郷さんが最期を遂げたのがこの場所です。

3.西郷武屋敷跡(鹿児島市武2丁目)


https://www.kagoshima-yokanavi.jp/spot/10180

こちらは幕府を倒して明治政府で活躍したのち、要職を辞して鹿児島に戻った西郷の屋敷だったところです。今は公園になっていますが、南洲翁遺訓を遺した庄内藩士との会見を再現した銅像もあります。

4.西郷隆盛生誕の地(鹿児島市加治屋町)

PB250641

鹿児島中央駅からも近い、市内加治屋町にある西郷さんの生家の跡です。現在はちょっとした木立の中に石碑があるのみですが、甲突川沿いの維新ふるさと館のすぐ近くにあるので割と見つけやすいでしょう。

5.西郷隆盛銅像(鹿児島市城山町)

P7220236

鹿児島で西郷さんゆかりの観光名所と言えば、まずここが代表的です…。以前記事化したとおり、県外の観光客はもちろん、県民のシンボルとして位置づけられるものです…。
少し残念なのはすぐ目の前が幹線道路で専用駐車場がなく、車をわざわざどこかに停めてから見学するしかないことでしょうか…。

西郷さんゆかりの地で今思うこと

西郷隆盛が尊敬される理由の一つである思想や教えについて、まとめたものがあります。それが『南洲翁遺訓』で、西郷から直接教えを受けた旧庄内藩士が自ら刊行したもの…。

DSC_2877

先日、その現代版を西郷南洲顕彰館で入手できました。実は、数年前に旧友にプレゼントしたこともあったのですが、今回はあらためて自分用を確保したのです。(→なお、以前は購入した記憶があるのですが、今回は受付に申し出て無料でいただけました。)

今回紹介もした顕彰館ですが、実は館内を見学したのは個人的に初めて…。ちょうどこのとき、西郷の肖像画を集めた特別展が開かれていたことも大きな理由だったのです。
西郷の肖像画ももちろん興味深かった(西郷は写真を残さなかったことで有名)のですが、やはり西郷さん本人を顕彰するだけに西郷濃度?の高い場所だと実感…。

この顕彰館をあらためて訪れたことが、今回の記事化の直接のきっかけになりました…。また、南洲翁遺訓を今でも無料配布されているという事実が後押ししたことも確か・・。今までなんとなく見過ごしていた館内に入ったことで、あらためて西郷さんの偉大さを肌で感じることになったのかと……

 

歴史的な評価やその最期等についてはいろんな意見があるでしょうが、それらがあってもなお残る西郷さんへの思いが結実したのがゆかりの場所と言えそうです・・。
今回紹介した西郷隆盛ゆかりの地を、実際に自分の足で訪れてみてはいかがかと……

Folder

顕彰館前の南洲公園と市観光循環バス

〔あとがき〕
前回話題にした山歩きは、結局は高千穂峰登山を決行しました。 奇跡的な天候回復だったものの、風が強くて少し肌寒い高千穂登りとなりました。紅葉はまずまずというところ。
翌日以降のダメージが意外と大きく、ちょっと大変でしたが…。

 

近頃のGood&New
・セラピーロード(命の洗濯場)
・丸尾滝(千畳敷)


 ブログランキングに参加しています。
 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 にほんブログ村

<仕事のご依頼はこちらからどうぞ>
 -提供サービス一覧・講師等の依頼
 -セミナー実績・レクチャー等要望

スポンサーリンク

SNSでフォローする