就業規則事始め、就業規則にどこまで期待できるか?

シェアする

就業規則の作成を始めるときの疑問はいろいろで、「果たして本当に就業規則は役に立つのか?」という素朴なものも今もってあるでしょう・・・
実際に社内で運用することを前提として、就業規則に期待できること等をまとめます。

スポンサーリンク

必要に迫られて作るのが就業規則!?

多くの場合で会社や事業所において就業規則を作る直接のきっかけは、必要に迫られて対応せざるを得ない…というところがほとんどでしょう。

例えば、監督官庁である労働基準監督署の指導に基づくものが筆頭ですし、ハローワーク等で雇用関係の助成金の要件を満たすためという理由も多いかもしれません。

そして実際に作る場合、良く聞く話でどこからかひな形を引っ張ってきて、社長や担当者が作成し、とりあえず間に合わせることも多いのではないでしょうか・・?

〔参考〕
*以前、セミナーを受講した真部氏の次の本も興味深いです。

すごい就業規則! ──ダメな職場がよみがえる「社長の本音」ルールのつくり方
真部 賀津郎
自由国民社
売り上げランキング: 167,866




なぜ社労士は「就業規則は労務管理の基本」と言うか?

社労士(しゃろうし、「社会保険労務士」の略称)は、一般に就業規則の唯一の専門家をアピールしています。その根拠は、社労士の独占業務(=法律で規定される業務)として労働社会保険業務と同様に定められていることと、そもそも労務管理の重要な土台となるから・・・

労務管理」とは、人事・総務や社労士業界の古くからの用語で、従業員の処遇や働き方を各種法令や会社の方針に従って管理することと言え、これも社労士の業務として定められています。したがって、「労務管理の専門家」=「就業規則の専門家」であるとも言えるのかと・・。

同時に、業界内では「労務管理」は社労士の業務そのものを指し、社労士自ら「労務管理事務所」と名乗っているケースが多いことも少なからず影響するでしょうし・・。
就業規則という一定の業務は、労務管理と基本となることが必然とも言えるのです。
(*説明としてはやや中途半端かもしれませんが…。)

IMGP4813

せっかくなら、真の目的から考えてみたい就業規則

労務管理の基本ということは何となく分かっても、「就業規則は実際に役に立つのか?」という疑問は根強くあると思います。(「面倒で、現場では役に立たない」との声も…)

これは疑問なのが当然で、法令上の必要性はさておき、そもそも目的が明確でないものは、役に立つかどうかの判断のしようがありません・・・
本来の必要性、いわば真の目的が重要になってくるのです。

いわゆる法令順守は置くとして、本来の目的として個人的には、「組織ルールの明確化」「従業員の納得性」「労務リスク対策」、さらには「組織風土やモチベーションの向上」があると思います。

正直、社労士自身がこうした目的まで十分踏み込めていない現状もあるでしょう・・・
一方で、先駆的取り組みをしたり、有名・無名に関わらず真面目な支援を続けている同業の方もたくさんいます…。

ともかく、自前の作成か社労士依頼かに関わらず、就業規則をせっかく作るのであれば、こうした目的を明確にすることを強くおススメししたいところです…。

IMGP4784

今回、意外?や社労士の仕事をテーマにして、「こと始め」の情報提供をしました。やや大雑把な部分もありますので、今後の記事でより実務的な情報を増やしたいところです。
(*写真は、ここ数カ月市内で撮った日常風景を切り取ったもの。)

近頃の関心ごと
・コンパチブルPC


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
スポンサーリンク