自分の仕事を再考するための本 | MaemuLab.log

自分の仕事を再考するための本

記事をシェア

先日に知人と待ち合わせした別府駅で時間があり、書店に立ち寄りました。ちょっとした旅行中だったので、何かの記念?にと思って・・。
手にしたのは、ちょっと前に著者の講演も聴いたこの本です。

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)
西村 佳哲
筑摩書房
売り上げランキング: 15,598

著者と名前のひらがな読みが一文字以外一緒!ということはともかく:-)、文庫化もされて長く読まれているこの本が気になっていたのです。
おまけに以前にブログに書いた通り、鹿児島にも縁が深い方でしたし・・。

最近興味を深めている「ファシリテーション」等についても書かれていて、それがワークショップ分野で成長してきたことが紹介されています。
講演の中でも、そのワークショップを中心的なテーマにされていましたね・・。

その時の話をかいつまんで言うと、「今(これから?)の時代は、Factory(工場)よりWorkshop(工房)的なものが大事になる…」ということ。 そのため、学ぶ時の方法論や考え方も当然違ってくるだろうと・・。

このことを、自分の仕事に目を移して見てみると、いろんなヒントがあります。
第一に周りの環境が変わってきたということは間違いない事実ですし、人間は放っておくと過去の延長でものごとを判断しがちですから・・。

そして、これからの時代にマッチした仕事のやり方に変えるためには、自分自身の舵取りがいかに大事かということも気づかされます。 (あくまで現実的なバランスは当分保ちながら行くにしても・・・)

まあ、結局大事なのは「自分に嘘が無い」ことなのかもしれませんが、理屈や思い込みで深く考えられなくなった頭の方も問題かも・・・
いずれにしても、自分の仕事を再考する知恵がいっぱいです。


0
スポンサーリンク
<仕事のご依頼はこちらからどうぞ>
 -提供サービス一覧・講師等の依頼
 -セミナー実績・レクチャー等要望

 ブログランキングに参加しています。
 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 にほんブログ村

記事をシェア

スポンサーリンク

コメント

  1. 仕事を頑張ることについての思い・・・? | MaemuLab.log より:

    […] 以前知って読んだ本で、『自分の仕事をつくる』(西村佳哲著、筑摩書房刊)というインタビュー集がありますが、その中に次のような一文があります。 […]

  2. 「逃げるが勝ち」?という選択で乗り切ること。 より:

    […] ページもそうした教育関係のサイトのようです。) どこでどう本城氏の情報に辿り着いたのかは記憶があいまいですが、確か西村佳哲さんの発信するページからだったように思います。 […]