熊本県奥球磨の中心、湯前町(ゆのまえまち)小探訪

Pocket

昨年秋に仕事のついでに訪れた、熊本県球磨郡湯前町を小探訪した記録です。
以前、宮崎県西米良村を記事にしましたが、今回はそのドライブの後半部分になります。

IMGP5814

奥球磨の中心に位置する湯前町(ゆのまえまち)とは?

以前に西米良村の記事で触れた通り、熊本県球磨郡湯前町はいわゆる奥球磨(おくくま)と呼ばれる地域のちょうど中心に位置します。
実質的に球磨地域全体の中心となる人吉市からは、車で45分程の距離ですね・・。

字のごとく球磨盆地の奥、九州山地の東端に位置し、宮崎県児湯郡と県境を接して隣り合っていることも前記事で書いた通りです。
九州山地南部の主峰である市房山(いちふさやま、1,721m)を擁する水上村(みずかみむら)とは北側で隣り合い、相当の面積が山深い地となっています。

また、他の球磨地域の町村と同じく*、平成の大合併を経た現在でも従来のまま存続しているようです。(*ただし、あさぎり町は唯一の例外で、中球磨5カ町村が合併しています。)

湯前町で行ったおすすめ観光スポット

ゆのまえ温泉(グリーンパレス)

この時に宿が取れたのは、「ゆのまえ温泉 湯楽里(ゆらり)」という名称の温泉施設でした(ふっこう割を利用)。結果的に、西米良ドライブの起点となったことも以前書いた通り・・。
名称から古くからの温泉なのかと思いましたが、至って現代的な温泉と宿泊、さらにスポーツ設備も一体になった広大な保養施設でした(半官半民的運営で「グリーンパレス」と呼ばれています。塩分を含む温泉の由来自体は興味深いでしたが…)。そう言えば、「湯前」という名称と温泉との直接の関係は無いようでした。

IMGP5813.JPG

ゆのまえ温泉 湯楽里HP:http://www.y-yurari.co.jp/

湯前駅~湯前まんが美術館

町の中心部には、くまがわ鉄道(現在は第3セクター運営で人吉市から延びる線の終着駅となる)湯前駅があります。歴史は大正時代からと古く、駅舎もちょっとレトロな雰囲気ある建物です。
駅前には広場があり、すぐ隣には現代的な観光物産館(「湯ーとぴあ」。この日は「まんが図書館」なるものも併設中。)があります。

IMGP5748.JPG

物産館「湯ーとぴあ」

IMGP5747.JPG

駅のホームより

IMGP5745.JPG

駅舎内の様子

IMGP5743.JPG

湯前駅駅舎

駅の近くには、見た目にもちょっとユニークな湯前まんが美術館があります。なぜこの湯前町で「まんが」なのかと言うと、湯前出身の那須良輔(なすりょうすけ、戦後に活躍した政治風刺漫画家)にちなんでいるから。
入館料は300円で、この日は特別な企画展等は無く、那須氏の原画等が展示されていました…。(イベント等のある日がおススメ。⇒公式サイトへ

IMGP5835.JPG

湯前まんが美術館の正面

市房山神宮 里宮神社(さとみやじんじゃ)

お隣の水上村(みずかみむら)にある市房山(いちふさやま)はこの地で一番の標高であると同時に、山岳信仰に根ざした地域のシンボル的山です。当神社の由来も、中腹にある市房神社と一緒にあった山岳仏教のお寺(普門寺)にあるようです。

yunomae-gazoutizu

Google Earth より

市房山神宮とも言われる山中の本宮はお参りが大変なので、この里宮神社ができたとのこと・・・実際には、この場所は古くには湯前城があり、一時はその由来のお寺が再建された後、明治以降に廃れかけた神宮の遥拝所を再興したものらしいです。(参考:関連サイトの情報)
いずれにしても、現在の社殿はなかなか立派で風格ある神社となっています。もちろん、地域でも依然として大きな役割を果たしているのでしょう。

IMGP5831.JPG

市房山神宮 里宮神社の社殿

湯前町その他のスポット

その他にも中心部のお店や食事スポットなどが紹介された「まち歩きマップ」も作られています。(→現地の主要スポットにあります。観光サイト等も充実していますが…)

この中で今回立ち寄った食事スポットは、夕食を食べた湯楽里内にあるレストランと駅前にあったちゃんぽんで有名な徳丸レストランです。
また、史跡スポットでは弘法大師の木像があるという御大師堂(おだいしどう)を訪れましたが、その木像は見ることはできませんでした。

その他に、宿の近くにある潮神社(うしおじんじゃ)・賽神社(さいじんじゃ)にお参りしたり、偶然に馬場稲荷の湧水なども遭遇しました。

 

翌日は半日程度の滞在でしたので、結果としては訪れたスポットをほぼ全て紹介しています・・。

総じて、盆地らしい見渡す限りの山々に囲まれた懐かしい景色と、古い仏教等の文化や自然の豊かさが十分に楽しめました。奥球磨の中心にあってコンパクトで味のある湯前町に一度訪れてみてはいかがでしょうか……

IMGP5806.JPG

今回取り上げた人吉・球磨には最近縁があるのですが、先日は震災後初の熊本市内に日帰り出張。業界の研修会でしたが、震災復興へ僅かながらの協力と中心街の様子を感じることができました。(実は風邪もやっとこの日ぐらいに治りました…。※写真はすべて湯前町にて。)

 

近頃の関心ごと
・熊本ラーメン(赤組、歴史)


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談も受付中です

職場のトラブルセミナー

ブログその他お問合せ


≫最新記事一覧

Pocket