「見た目」だけでは危険…?、慎重な判断のポイント

Pocket

ネット時代になって我々の情報は飛躍的に増えました。何かの商品・サービスを購入をするときも、十分に比較検討して選択できるような気がします・・。
しかし、何事も見た目だけの判断は慎重にしたい…という話題を。

見た目だけの判断に注意、手にしてからわかることも多い。

ネットの影響はかなり大きいのですが、私たちは基本的に「見た目」の情報を元に商品やサービスの購入を判断していると思います。
ネット以前では、TV広告やカタログ・雑誌などで同様に判断して購入に至るケースも多かったのではないでしょうか・・。

もっと以前(現在でももちろんありますが)には、地域や知人の紹介といった「つながり」を選択基準にする時代も長かったと思います。
ただし、こちらは情報が少ない時代のリスク回避としては賢明でしょうが、選択肢が極端に狭まることは否めません。

どちらも一長一短がある訳ですが、現在では情報が豊富にあるがゆえに、「見た目」だけの判断を最優先にしてしまいがちではないでしょうか…?
自身を振り返ってみても、期待が「バイアス」となって、実際に手にした後に反省したことも多いですし…。

IMGP5238

慎重に判断するために何に注意したらよいのか?

そもそも完璧な選択はあり得ないでしょうが、「思っていたのと違う」というがっかりの事態は、できるだけ避けたいもの。 しかし、そんな心理状態は大きな買い物をした後に大なり小なりあるもので、その後もずっと尾を引くかどうかまで考えたいところ・・・

期待の高さ等がそうした判断に影響してしまう、いわゆる「バイアスがかかった」状態にも注意が必要です。 バイアスとは、「偏り」とか「偏見」と言う意味で、広告などの二次情報だけで期待が膨らみ過ぎてしまった時に起こる状態です。

そこで、冷静に判断するためにはお試し利用と言う方法があります。本来の商品価格が高いものであればあるほどこれは有効でしょう。
ただし、そうしたお試し商品や時間的余裕がない場合は使えないのがネックですが。

IMGP5278  

選択したものをいかに生かすかという発想も大事

さて、一方でこうした慎重な判断をした上で購入しても、完璧な商品はそうそうありません。そもそも価格や時間の制約もあるでしょうし、逆に価格相応で相対的判断というのもあり得ます・・。

そこで、買ってしまったものはしょうがない((-“-))ので、発想を転換してできるだけ納得感を上げることも大事になってきます。 つまり、後悔してる暇があったら、さっさとそれを生かす方向を考えるという訳です。

繰り返しますが、大なり小なり後悔はありますし、他を選択していたとしても、それはそれで別の問題があるかもしれませんしね・・。
目の前にあるもので満足せよとまでは言いませんが、学びにするぐらいがちょうど良いのかも……

 

今回、抽象的な話だけに終始しましたが、最近や過去の実体験をベースにしています。
まあ、そもそも人間、冷静に判断できないことも多いのですが、ある程度のリスクヘッジは必要でしょう。何かのご参考になれば…… 1-IMGP5441ブログ更新がやや減少していますが、最近は某お役目や引越等も重なったりで止むを得ず…というところ・・。引越中に、まさかの熊本地震もあったりで波乱含みの心機一転となりましたが。
(*今回の写真は、最近訪れた県内各所からイメージとして。)

 

近頃の関心ごと
・木製テーブル


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村


≫最新記事一覧

関連記事

Pocket