マエムラボ Work & Nature Log

「生きる意味」や「働く意味」を問い直してみること【意味にこだわる人向け】

ちょっと重そうな印象のある、生きる意味」や「働く意味ということば…。
先日の(リーダーシップ)講演後、偶然に図書館で見かけた本のタイトルが目に留まったのです。意味にこだわる人に向け、いくつか取り上げまとめます。

霧島・韓国岳山頂にて

「意味」を考えることは無意味なのか…?

『「生きる意味」、「働く意味」がわからない…』などと言うと、一般には「そんなことで悩んでいるのか?」とあきれられてしまうかもしれません。 実際、それに近いことばを返されてがっくりきた思い出もありますし…:-)。

最初に書いたように、先日、たまたまとある本に出会いました。
次の本です。

「働く意味」がわからない君へ ビクトール・フランクルが教えてくれる大切なこと
諸富 祥彦
日本実業出版社
売り上げランキング: 34,876

著者である諸富祥彦(もろとみさちひこさんのお名前は一応知っていましたが、今までに1冊ぐらいしか読んだことがありませんでした。

この本、一見では若者向けキャリア関係本に見えますが、まさにこのタイトルに目が飛び込み、手に取ってみたのです・・。
本の中では結構深い内容がシンプルに表現されていましたが、それもそのはず、個人的な興味分野である心理関係では有名な、ビクトール・フランクルWikipediaへのリンク)の言葉が元にされていたのです。

 

IMGP4306kai02

「人生から問われている」ということ

この本を開いて最初に刺さった言葉は、人生の意味について「人生から問われている」というものです…。
今回この本で、フランクルはロゴセラピー(“生きる意味”の発見を援助する心理療法)の創始者だということも新たに知りました。代表的な著書となる有名な『夜と霧』は知っていましたが、心理学での業績もあると知らなかったのです・・。

夜と霧 新版

夜と霧 新版

posted with amazlet at 19.10.30
ヴィクトール・E・フランクル
みすず書房
売り上げランキング: 457

もともと精神科医であり、ナチスの強制収容所での極限的状況を元にした上記の本を出した後、この心理療法を構築したとのこと…。

その代表的ともいえる言葉が、

人間は「人生の意味を問い求める必要はなく、人生から問いかけられている」存在なのだ…

という部分です。(参考:『ビクトール・フランクルの言葉』同著者より)

本によると、フランクル自身がロゴセラピーを、フロイトやアドラーに続く3つ目の潮流と位置付けていたとのこと…。
最近、アドラー心理学のベストセラーも出ているようですが、フランクルはいわば「その次の心理学」として、将来注目されるかもしれませんね・・。

IMGP4313

「働くこと」や自分の「使命」についての答えは…?

上記の他にも刺さった言葉は数多いのですが、今回のブログタイトルにあるように「働くこと」の意味や、先日の記事でも取り上げた「使命」(ミッション)について続けます。

この問いに対する答えを引用(一部略)すると、

どんな人にも、その人生で果たすべき「使命」が与えられ自分の仕事を通して使命を果たすことで、人生の意味を実現している

とのこと。(※下線は管理人。以下同じ)

「使命」についての具体的答えは、仕事においてその人の存在そのものが既に独自の使命を担っている、ということかもしれません・・。

もう一つ、「自己実現」についての問いから、

「自己実現できそうな仕事」を探すのは、人間の本来のあり方と矛盾する。
仕事を通じて「自分の使命や課題」を果たすことを考え、我を忘れて取り組むとき、自己は自ずと実現されて行く

……なんだかすぐには納得できませんが、これが真実なのかもしれませんね…。

最後に、今回の本での究極の言葉は、

もう自分自身を見つめるのはやめにしましょう。
何かに向かって動き続けることです。

でした…。

結論として、“人から言われること”と同じかもしれませんが、自らがその意味を見出す(気づく)ことが、一番重要なのかもしれませんね…。

そういう意味で、まさに「意味にこだわる人」に向けて、フランクル(と本の著者の諸富祥彦氏)の言葉に触れることをお勧めします。

 

「働く意味」がわからない君へ
諸富 祥彦
日本実業出版社
売り上げランキング: 264,113

 

実は自分自身、数年前まであまりピンと来なかった「生きる意味」という言葉・・。
最近になって、ようやく?正面から向き合えるようになったのかもしれません……

IMGP4650

高千穂峰登山の中腹にて

〔あとがき〕
本当に長い梅雨ですが、たまの晴れ間がせめてもの救いかも・・。今回の話題はこの時季らしい?もので、また文章にまとめているとさらに腹に落ちた感じです。。。

 

近頃の関心ごと
・電子申請(担当)


 ブログランキングに参加しています。
 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 にほんブログ村

<仕事のご依頼はこちらからどうぞ>
 -提供サービス一覧・講師等の依頼
 -セミナー実績・レクチャー等要望

スポンサーリンク

SNSでフォローする