うわさ?の大隅半島マニアック・パワースポット3選

シェアする

毎年お正月が近づくと、気になり出す神社のパワースポット…。
実は、当ブログで最近ダントツ1位の人気記事はパワースポット神社のまとめです。
今回、鹿児島県内の大隅半島で訪れた中から、ややマニアックな場所をまとめます。

「パワースポットとは?」のそもそも論

以前の記事でパワースポットの定義について軽く触れていますが、今回もあえて掘り下げずそのまま進めます…((^_^))。

とはいえ、ここ数年の世相として、間違いなくいわゆるスピリチュアル的なものへの興味が(当地、また自らを含めて)高まっていると感じます。

また同時に賛否両論もあり、良くわからない定義だったり、多少怪しい?匂いもします・・・
ともかく、意外と多くの人たちがこうしたものに興味を持っていることは確かなようです。

【前回の関連記事】
パワースポットの神社に行こう。鹿児島おすすめ神社ベスト5




大隅半島のマニアック・パワースポット3選

それでは、鹿児島県内大隅半島でパワースポットと呼ばれ、「うわさ」的にちょっとマニアック感ただよう3つのスポットの紹介です。

1.荒平天神(あらひらてんじん)

まず最初は、鹿屋市の海岸線は錦江湾沿いにあるこちらのスポットです。鹿児島市周辺からは、大隅半島にあるというだけでもうマニアックですね(すいません…)。

写真の通り、海に伸びた岩場の上にある社殿は、薩摩半島の頴娃にある窯蓋大明神(かまふただいみょうじん)を彷彿とさせます。あちらは有名になり過ぎました
管理人的には「大隅の窯蓋」と勝手に呼んでいましたが、マニアック度と景観ではこちらも負けていません…。

お参りをするには崖をよじ登るような角度の階段があるため、醍醐味も半端ありませんね…。
また、この辺りは夕日の絶景スポットでもあり、一緒に見る価値は十分にあります。

IMGP0775

荒平天神。奥の岩山に拝殿が。

2.吾平山陵(あいらさんりょう)

道路看板や資料等では、「吾平山上陵」と表記されていますね(参考はこちら) 。場所は同じく鹿屋市内ですが、市街地から少し南に下った県立大隅広域公園入口のすぐ近くにあります。
(今年、初詣してみたところ、予想以上に多くの人出でした。)

引きの写真を載せたのは、手前の清流の流れを含めて参道一帯が厳かな雰囲気だから・・・(一説には伊勢神宮に雰囲気が似ているとも言われます)。

数回訪れていますが、どちらかというと普段の日の方がおすすめで、清流のせせらぎだけの静寂さがとても心地よいスポットです。

IMGP3848

吾平山上稜。崖下に見えるのが祠。

3.溝ノ口洞穴(みぞのくちどうけつ)

最後は大隅半島北部、曽於市は財部町の山中にあり、比較的最近知って訪れたスポットです。 宮崎県都城市との境界付近にあり、都城市側の関之尾滝せきのおのたき)などの名所も近いです。

ようは、人が立って歩けるぐらいの大きな洞窟なのですが、訪れたのは夏の日中で、涼を求めてか見物客が絶えない状況でした。

看板に書かれた「昔ここに入った犬が、霧島の高千穂峰へ出てきた…」というくだりは(真偽の程はともかく)なんだかとってもそそられます・・。

IMGP3121

溝の口洞穴。鳥居の奥がそれ。

「自分にとってのパワースポット」ということ

以上紹介してきましたが、他にも良いスポットは多い(というより、以前からあった霊場や観光地をそう呼んでいるだけでしょうが)ので、大隅地域のパワースポット巡りをするのも良さそうです。

まあ、言ってしまうと「自分にとってのパワースポット」ということだったら、場所は何処だろうと構わないとも言えますが・・・

そういう意味で、今回紹介した分を含めた大隅半島のパワースポットは多様で、そういう位置づけができるかもしれません…。

さて、大隅のスポットは、ややもすると地理的な面からマニアックにとどまっている可能性もありますが、かえって神秘的な雰囲気が保たれて良いのかも……

いずれにしても、今は季節が少し微妙ながら、一度は訪れてみてはいかがでしょうか。

IMGP4833

最後の写真は、以前の記事で触れた「霧島七不思議の一つ御手洗川(みたらしがわ)が流れる滝です(夏場はソーメン流しが営業していた)。 霧島神宮(鹿児島を代表するパワースポット)の一帯はなかなか面白く、先日は神水峡(しんすいきょう)も見てきました。

近頃の関心ごと
・STAR WARS(再び)

シェアする