高齢者の雇用保険加入で気をつけたい3つのこと

記事をシェア

雇用保険では、高齢者の保険料免除等がやや複雑です…。節目となる満65歳到達が基準とならず、独特の区切りをするため間違いやすいのです・・。(※法改正あり)
そんな、要注意な高齢者の雇用保険の加入まわりについてまとめます。

鎌倉・鶴岡八幡宮の境内にて

スポンサーリンク

法改正後の雇用保険料免除は当面継続に(※追記あり)

「高年齢者」とは、厚生労働省が定義(雇用保険法)する高齢者を表す呼び方です。まずは、気になる法改正後の高年齢被保険者から給与控除する保険料について簡単に・・。
基本的には、一般の被保険者とは異なる保険料免除の取り扱いが当面継続されます。

従来は65歳から「高年令継続被保険者」とし、65歳前から在籍している人に限って雇用保険の加入を続ける制度になっていました。最近の法改正でこれが「高年齢被保険者」とされ、65歳以上で入社しても雇用保険に加入できるよう整理統合されたのです。

この場合の保険料は上述の通り、平成31(令和元)年度まで免除の取扱いが継続されることになります。つまり、新しく65歳以上で加入する場合も労働者・事業主負担とも免除されるのです。※令和2年度からは控除することにご注意ください。
(*ちなみに失業給付については1回限りの一時金になり、従来の高年齢求職者給付金と同様です。)

〔参考リンク〕
【厚生労働省】雇用保険の適用拡大等について




年度更新で除く免除対象高齢者とは?

ここでは、労働保険料申告(年度更新)に関連した高齢者の免除についてまとめます。
高年齢被保険者の保険料については、当面は従来通り免除されることになりました…。

年度始めの年齢チェック(免除開始)

年度初め(4月1日)で64歳以上の被保険者は、免除対象者として雇用保険料を引かない取り扱いになります。合わせて、年度更新で確定する賃金額でも、免除対象者は保険料の算定から除くことになります。(⇒このため、生年月日を確認しておくことが必要。)

ただし、年度更新の免除開始は「確定保険料」の年のみのことであり、「概算保険料」の年では実質的に考慮する必要はありません。つまり、その年度初めから新たに免除対象となる人が居ても、通常は概算保険料の計算に反映させる必要は無いのです。

年度更新時の算定基礎賃金の取扱い

この取り扱いの理由は、大幅な変動(2倍以上変動の見込)がない限り、年度更新の概算保険料に使う賃金額は、前年(確定額)と同一とするルールになっているためです。

簡単にいうと、確定年度は年度内に65歳になった人を新たに年度更新時の対象外とし、概算年度(当年度)内に65歳になる人は賃金からの保険料控除のみ停止するということです。(※年度更新の確定賃金から控除する取扱い。)

高齢者の雇用保険についてのおさらい

さて、雇用保険の制度改正による新たな「高年齢被保険者」、従来からと同様の年度更新時の免除対象者、そして賃金からの控除停止のタイミングの3つについておさらいをしてきました。

一見、同じ制度の話しのように見えて、実はそれぞれのタイミングで対応等が必要です。今更ながら、年度更新の確定賃金と保険料控除のタイミングは微妙にずれるため、わかりにくい部分ですね…。

労働局の配布資料等でも生年月日ごとに一覧化されていますので、最初に確認しておきましょう。ちなみに今年の年度更新で平成28年度確定賃金から除くのは、昭和27年4月1日以前に生まれた方の分です。
〔▼参考:厚生労働省リーフレット類

労働保険徴収関係リーフレット一覧について紹介しています。

人口ピラミッドや人手不足時代と言う点で考えても、高齢者の雇用保険加入や保険料免除については増えて行くでしょう・・。

年度更新の際にあらためて気を付けるべき点ですし、ご参考にしていただければと……




 〔あとがき〕
業界関係の役目ですが、久しぶりの東京出張に行ってきました。いろんな刺激や懐かしい再会等もありましたので、今後記事にする部分もあるかと思います。
(*写真は、ついでに行った鎌倉の鶴岡八幡宮にて。今回より新カメラ導入…。)

近頃の新しごと
・鶴岡八幡宮


0
スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

 -サービス一覧・講師等の依頼
 -セミナー・レクチャー等要望

記事をシェア

スポンサーリンク