霧島のもう一つの楽しみに~ホテル立ち寄り湯のススメ

シェアする

霧島・新燃岳の噴火で、山歩きに影響する登山道の規制も発表されています。
紅葉シーズンにはつらいですが、今回もう一つの霧島の楽しみとしてホテル立ち寄り湯についてまとめます。

PA210278

林田温泉のラウンジより望む(天気は小雨)

新燃岳噴火に伴う霧島の規制の状況は?

平成29年10月11日の新燃岳の再噴火に伴って、同15日に新たな規制が発表されました。
主な規制は、火山の噴石等の警戒範囲が半径2㎞から3km以内へと拡大され、立入規制の場所が増えています。

まず新たな登山道規制(制限地域)は、

  • 韓国岳(大浪池側からの登山道も含む)
  • 大浪池(県道登山口、県境登山口含む)
  • 中岳探勝路(高千穂河原からのコース)

ようするに、霧島の代表的な登山コースの韓国岳と大浪池は全面的に規制されています。
また、県道104号線(新湯三叉路~高千穂河原)の規制により次の施設も閉鎖されます。

いずれも新燃岳に近くやむを得ないですが、当然温泉利用もできなくなることに…。
ただし、近くの高千穂河原をはじめ、高千穂峰登山は今回の規制対象外ではあります。

特に紅葉シーズンを迎える大浪池登山ができなくなり、残念な秋となってしまいました。今のところ、えびの高原西側(エコミュージアムセンター~白鳥山・池巡りコース一部)は規制されないようですが、火山ガスの状況によって施設が閉まったりはします…。

〔参考情報〕
 ※上記は記事投稿時点のまとめです。最新情報は以下をご確認ください。

▼霧島市役所ホームページ
▼霧島市観光協会ホームページ
鹿児島県霧島市の観光協会 公式サイトです。魅力たっぷりの霧島の食・観光がたっぷり。




もうひとつの霧島の楽しみとして温泉へ

霧島の紅葉はここ数年の楽しみだったので、ちょっとしたロス状態?と言えるかも・・。そのカバーのため、もう一つの霧島の楽しみとしてホテルの立ち寄り湯をクローズアップします。
言うまでもなく霧島は温泉地としても一級で、大小の温泉が多数ありますので…。

~ところで、霧島温泉の歴史をひもとくと、代表的なホテルである林田温泉に辿りつきます。実はここが今年11月6日で休業するということを知り、最後の機会にせめて温泉だけでもと先日立ち寄り湯に行ってきました。
本当に久しぶりの林田温泉でしたが、近年では岩崎グループの霧島いわさきホテルとして運営され、「御山の湯」の名称でホテル用の温泉が解放されています。(休業の理由は、宿泊棟の耐震性等のようですが…。)
施設自体は従来通りで、今もって温泉の泉質を含めて県内でも群を抜く規模のものであることを実感・・。

さて、ここで過去入湯経験のある霧島のホテルをあらためてリストアップします。いずれも、立ち寄り湯の受入もしています(※受入の時間制限等には注意)。

  • 林田温泉・霧島いわさきホテル(休業中)
  • 硫黄谷温泉・霧島ホテル
  • 霧島山上ホテル(現・天テラス)
  • 霧島観光ホテル
  • ホテル霧島キャッスル
  • 旅行人山荘(旧・霧島プリンスホテル)

温泉未体験のホテルは、霧島国際ホテル霧島ロイヤルホテルなどになります…。
(ホテル以外では、丸尾の「前田温泉 カジロが湯」が銭湯料金で楽しめますが…)

PA210281.JPG

「御山の湯」の展望ロビー。真ん中の銅像は林田熊一氏。

現在進行形の霧島の自然を楽しむこと

硫黄山を含めた火山活動による規制は、霧島が現在も活火山であることの証明です。
山歩きには残念な影響が出るとは言え、生きた自然が相手であること思い出させます…。

自然を楽しむと言う意味では、そうした厳しさもあることを自覚したいところ・・・
その分、自然の恩恵としての温泉のすばらしさをより実感できるという訳です。

現在進行形の霧島の自然を安全に楽しめるという意味で、ホテルの立ち寄り湯は満足度が高いものです。是非、この機会を活かして訪れてみていただければと・・・

もちろん、冒頭の規制情報には十分注意し、安全を確保することは大前提・・。
まあ、この秋はともかく、早めに上記規制が解除されることも期待しつつ。。。

IMGP4508.JPG

霧島温泉・丸尾付近の橋上より

 〔あとがき〕
記事中の旧・林田温泉は、本当に数十年ぶりで懐かしいでした。おそらく施設のほとんどは往時を引き継いだもので古さも感じましたが、あらためてその施設規模やデラックス感が大きいなと……

近頃のGood & New
・御山の湯(最初で最後?)

シェアする