鹿児島の鄙びた温泉地ランキング、おススメの5ヵ所

Pocket

春爛漫、本格的な桜の季節になりましたが、まだまだ朝晩冷えるときも・・・
そんなときの定番?と言える温泉ですが、今回は県内のひなびた温泉地のランキングとしてまとめます。お花見で冷えた時にも良さそう……

やっぱり温泉はいいという興味深いデータ

とあるサイトを見ていて、ちょっと興味深い発見がありました。 なんでも温泉に含まれる「メタケイ酸」という成分が肌等に良いという話題です。 (まだ、定説ではないようですが、そうした記述のサイトも多いです。)

ありがちな話なのですが、最近このことに注目しています。
少し調べてみると、数年前に行きつけだった温泉は結構この値が高いだとか、指宿の温泉はその倍以上のところもある…とかを知ったのです。

ざっくりと言うと、この成分が50mg以上が有効で、100mg以上だと美肌効果等が有るとのこと。この基準で言うと、その行きつけは100近くで、指宿とかは200以上なので間違いなく「美肌効果有り」と言えるでしょう。

 

〓 こちらは以前の温泉紹介記事

鹿児島県の温泉天国度をまとめてみました。
春も近づきますが、まだまだ寒さも続く今のうちに取り上げます・・・どちらかというと観光や定住向けのローカルネタになりますが、温泉の話。このテーマはネットでも百戦錬磨の達人が多く、自らのレベルでまとめ...

 

鹿児島の鄙びた温泉地ランキング5

さて、そんな新たな温泉豆知識もさることながら、今回はタイトル通りおススメの鄙(ひな)びた温泉地を以下にランキング形式で紹介します。
残念ながらメタケイ酸の値は未確認ですが、おそらくどこもそれなりに高いはずです・・・

1.紫尾温泉(しびおんせん)

「本当は教えたくない…」と形容したくなる名湯・秘湯で、さつま町の山奥にある鄙び度一番?の紫尾温泉からです。
薩摩川内市と出水市に跨がる紫尾山の東麓に位置し、別名「神の湯」と言われる抜群の泉質を持つ温泉。一番メジャーなのは区営温泉で、他にも旅館が3軒ほどあります。
派手なエピソードや演出等は皆無ですが、山里らしい静けさに癒されます。一帯には昔大きなお寺(神興寺、この地域の信仰の中心)があったという神秘性も手伝って、訪れる度に「恬淡」(てんたん)とした気分になれる場所です。

o0320024010927662801

近くのキャンプ場付近。良い写真が無く…

 

2.指宿・鰻温泉(うなぎおんせん)

こちらは指宿市内ですが、いわゆる温泉街とは離れた内陸部に位置します。鰻池(うなぎいけ)という火口湖の畔(ほとり)の集落内にひっそりとある感じ・・。良く見ると民家の軒先にも温泉の湯気が立ち昇り、ここが天然の温泉地であることがよく分かります。
温泉施設は区営の温泉と小さな民宿等が数軒あります。また、あの西郷さんが滞在した場所の跡地やエピソード等もあって、鄙び度を一層際立たせて?いますね・・・
個人的には、このあたりの風景からなぜか「桃源郷」(とうげんきょう)という言葉を思い出してしまいます。

IMGP2777

「民宿うなぎ湖畔」前より湖面を望む。

 

3.川内高城温泉(せんだいたきおんせん)

薩摩川内市の北部に位置する県内でも有数の古くからの温泉地です。景色としての鄙び度?では、むしろこちらがナンバー1かもしれません。
西郷さんの滞在やドラマ撮影で使われたエピソード等も豊富で、かつ全国名湯100選に選ばれたぐらいの泉質のお湯ですから申し分ありません。
以前からたまに訪れていますが、最近では「ゆすら」という新しい温泉旅館に立ち寄っています。

川内高城温泉(せんだいたきおんせん)公式HP

 

 

 

4.吹上温泉(ふきあげおんせん)

2、3と並ぶ西郷さんの滞在エピソードが残る古くからの温泉地です。場所は吹上浜がある日置市吹上町湯之浦。町の中心街からも近いですがやや離れた場所にあって、昔ながらの旅館の建物なども残っていて風情があります。
泉質は硫黄泉で良い温泉なのですが、立地的な面で個人的には行く機会が少なくなっています。

吹上温泉ご案内

 

 

 

5.市比野温泉(いちひのおんせん)

上記の4ヵ所とは少し趣向が異なりますが、あえて最後に入れ込みました。場所は、薩摩川内市と合併になった樋脇町(ひわきちょう)にあります。
今回取り上げた理由は、最近立ち寄った際にゆっくり見てみると、もう十分に鄙び感が漂っていたから・・。これまで紹介した温泉よりは近代的ですが、メイン通りなどでは昭和の温泉街の雰囲気が味わえます。

 

まだまだある、鹿児島の極上な温泉

冒頭に取りあげた「行きつけ…」とは郡山温泉で、鄙び度はともかく、隠れた名湯としておすすめです。ほかにも指宿、霧島の一部を始め、妙見、安楽などの古くからの温泉地でも相応の鄙び感が楽しめますね。

また、個人的にはほとんど未開拓の吉松(湧水町)や垂水市、また県境に近い県外未訪地にも機会をみて訪れたいです・・。 県内離島の方は難易度が高そうなので、いずれチャンスがあれば……

 

ということで、まだまだ鹿児島には鄙びていても、いなくても、すばらしい泉質や雰囲気を持った温泉が数多くあります。
是非、今回のおススメ温泉地を始め、鹿児島の極上な温泉を楽しんでいただければと・・・

IMGP5208

冒頭に触れたお花見もいいですが、冬以降は山歩きも縁遠くなっているので、そろそろ出かけたいところ・・。しかし、その前にやることが多々あって……と言う年度初めです。

 

近頃の関心ごと
・メタケイ酸(そのまんま)


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談も受付中です

職場のトラブルセミナー

ご依頼その他お問合せ


≫最新記事一覧

Pocket