パワースポットの神社に行こう。鹿児島おすすめ神社BEST5

シェアする

何を隠そう(少々大げさですが…)、5年ぐらい前から神社にはまっています。
と言っても「場」としてが中心で、宗教的な知識や意味はまた別ですが・・・
そんな俄か神社通?なりに、鹿児島のおすすめパワースポット神社をまとめます。

霧島東神社にて

そもそも、なぜ「神社」をおすすめするのか?

もともと宗教には無関心だった私が、なぜ神社好きになったか?…その理由は、凡そ3つです。
一つは、世のパワースポットブームに少なからず影響を受け便乗(?)したこと。(たまたまMyブームと一致したこともありますが…)

「パワースポット」と一口に言っても、いわゆるスピリチュアル系発の濃いものから、世間一般に波及した観光やイメージ優先のものまでいろいろです。どちらにしても、「そこに行けば、パワーが貰える(かもしれない)…」という動機は、2つ目の理由になるでしょう。

さらに3つ目は、あるブログを通じて神社にまつわる深い知恵を知ったことです(内容は少々濃いので割愛します)。少しかじった程度ですが、一言でいうといわゆる深層心理学やセラピーの要素があると感じたのです…。




鹿児島のパワースポット的おすすめ神社BEST5

それでは、個人的おすすめ、鹿児島のパワースポットとしての神社ベスト5の紹介です。
(*文中、怪しく感じる部分は読み飛ばしてください…(^_^)。)

1.霧島東神社(きりしまひがしじんじゃ、宮崎県高原町)

まず、実は鹿児島県内ではなく宮崎県高原町にある霧島東神社です。「霧島六社権現」と言われる、性空上人(しょうくうしょうにん)に由来する有名な神社(現在は5ヵ所)の一つ…。
お隣の宮崎県側ながら、あえて紹介したかったところです。 まさにパワースポットとして、あちら系?の方々にもお墨付きと言って良いでしょう。
場所の方は御池(みいけ)キャンプ場近く。クルマで行けるとは言え、結構な山中深くに位置しています。行く時にはそれなりに心の準備はした方がいいかもしれません…(いろんな意味で…)

IMGP0659

霧島東神社の境内。一段とパワーを感じる…。

2.霧島神宮(きりしまじんぐう、霧島市)

県内に限れば、ここ霧島神宮がやはりベストとなるでしょう。霧島東神社と同じく六社権現の1つで、霧島では最もメジャーで大きな神社です。 実は六社の中で唯一鹿児島県側なのですが、そんな境界ができる以前から存在していたはずの代表的パワースポットですね…。
観光地としての設備も整備されていて、拝殿等の見た目も綺麗です。周辺の一帯も敷地のようで、近くの霧島七不思議のスポットも見てみたいところです。
(⇒関連記事:周辺リニューアル後に、霧島神宮の見どころについてまとめました。)

IMGP2611

霧島神宮の本殿前。右手側にご神木もある。

3.鹿児島神宮(かごしまじんぐう、霧島市)

古くは大隅国※1一の宮とされていたところ。この「一の宮」とは、明治以前(律令国)の神社序列で、ようするに古の「地域で一番」ということでしょう。昔々、大隅国の国府がこの地に置かれた名残かもしれません・・。(追記:正確にはもっと古く、国分地区にある祓戸神社が国府跡地とのこと。)
場所は、旧隼人町内の日当山温泉にも近い住宅地にあります。比較的気軽に行けるパワースポットですし、社殿等の建物がさすがに立派です。近くを訪れた時には、できる限り立ち寄りたいところですね…
(⇒関連記事:せっかくなので、神宮の近隣スポットについてもまとめました。)

※1:大隅国とは、現在の姶良市・霧島市から東側の大隅半島一帯になります。
  ちょうど鹿児島県を縦に二分した東半分と言ってもよいでしょう。

IMGP2260

鹿児島神宮の勅使殿前から。独特な造りの社殿。

4.加紫久利神社(かしくりじんじゃ、出水市)

最近、初めて訪れて気に入ったところで、「かしくりじんじゃ」と読みます。予想以上に歴史も古く、薩摩国の二の宮だったとのこと。また背後に控える矢筈岳(やはずだけ)の山岳信仰とも関わりが深いようです。
個人的に気に入ったのは一帯の雰囲気で、森を復活させる活動も見られました。「西南の役」で焼失したりと廃れかけていた社殿も再興され、いろんな意味で清々としたパワーが貰える神社ですね。

IMGP4077

加紫久利神社の本殿に向かう参道。

5.新田神社・可愛山稜(にったじんじゃ、薩摩川内市)

最後は、薩摩川内市にある薩摩国一の宮(別に枚聞神社も一の宮と言われます※2である新田神社(にったじんじゃ)。今回は同じ敷地内にある可愛山稜(えのさんりょう)とダブルでご紹介です。
市街地ながら階段が名物と言えるほど小高い位置にあり、その拝殿の裏側には可愛山稜という「神代の陵墓」(県内三ヵ所の1つ)があります。 とにかく、ここも体感できるパワースポットですのでおすすめします。

IMGP0341

新田神社の拝殿の後ろ側にある可愛山陵。

※2:指宿市開聞町にある枚聞神社(ひらききじんじゃ)も一の宮とされており、
  新田神社と併記される状況(歴史的に地位の争いがある)になっています。

普段から神社に接することの意味

本来こういったものは好き嫌いがあるので、今回の紹介もなかなか神経を使いました。
「パワースポット」と表現することで、変な誤解?を招かないかと心配したぐらい・・・

しかし、上記の神社はなかなかのパワースポット揃いなことは間違いありません(選んだのですから当り前ですが…)。もし上記の中で気になるところがあれば、実際に足を運んでみることをおすすめします。

何より(科学的根拠はともかく…)、その場を訪れるだけで独特の感覚が味わえるかもしれません・・。また、単純に神社を取り巻く環境によるヒーリング効果もあるでしょう。

今回選んだ5ヵ所はもちろん、普段から神社に接してみてはいかがでしょうか…。

IMGP3859

こちらは鹿児島市の鹿児島神社。

今回の記事は当ブログとしてのチャレンジで、思ったより苦労しました。温めてはいたのですが、まとめるのは簡単ではありませんね・・。
ブログ更新もなかなか思うに任せませんが、時間管理等をもっと工夫したいところです。
(*最後の写真は、ここ数年良くお参りしている鹿児島市草牟田にある鹿児島神社前。)

≪注記≫
本記事は、随時に編集・更新を続けています。

最近の関心ごと
・暁玲華
・いばや通信

シェアする