鹿児島県の温泉天国度をまとめてみました。

Pocket

春も近づきますが、まだまだ寒さも続く今のうちに取り上げます・・・
どちらかというと観光や定住向けのローカルネタになりますが、温泉の話。
このテーマはネットでも百戦錬磨の達人が多く、自らのレベルでまとめます。

街中で気楽に温泉に入れるという贅沢。

まず、ここ鹿児島県は「温泉天国」だとはよく言われる話しです。
実際に、鹿児島市街地の銭湯がほぼ全て温泉というのはやっぱりすごい贅沢なのかもしれません。他の都市等で街中に銭湯は残っていてもいわゆる沸かし湯で、天然温泉はそう多くないと思いますし・・・

管理人自身も、昔都内に住んでいた頃、そうした温泉銭湯?に入るためにわざわざ電車に乗って出かけていたぐらいでしたから…。 当時はインターネットなどもなく、少ない情報源から探し出したものでした。。。
(例えば、住んでいた中延駅から東急線で2駅ぐらい行ったこことか・・。〔※現在は状況が変わったのか、近場で温泉がある(参考リンク)ようですが・・〕)

クルマが無かったのも一因ですが、それだけで良く鹿児島に帰りたくなったものでしたね・・(笑)。
ともかく、温泉の多い街という意味では、大分の別府市と肩を並べる(まあ全て並ぶとまでは言えないかもしれません・・・)とも言われ、現在の銭湯価格390円(市内はほぼ統一価格)で気軽に入れます。

IMGP0392

霧島の温泉地はさすがに雰囲気が本格的です。

 

有名な温泉地にもすぐ行けるという贅沢。

以前、南薩・指宿についての記事で触れましたが、鹿児島では「霧島(きりしま)」と「指宿(いぶすき)」という二大温泉地が有名です。
当然、クルマさえあれば(これも結構大きい要素ですが、地方では普通の交通インフラですね…)、いつでもこの温泉地に出かけることができます。

例えば、ここ鹿児島市内からだと、霧島の温泉街(丸尾付近)まで約60キロメートルあり、1時間と少々で(高速利用時)行けます。 指宿の方は約55キロ、交通状況によりますが1.5時間弱でしょうか・・。
ちょうど、鹿児島市を中心に南北に位置しますので、両方を1日で行くのは難しいのは少々難点です・・(ニーズがあるかわかりませんが)

それぞれの温泉地の良さはさすがに定評あるもので、県外からの観光客はもちろん、地元鹿児島でも観光地としての筆頭格となっています。
メインの温泉については、やはり質・量とも他の県内地域の群を抜く充実度です。どちらかというと管理人は霧島に多い硫黄泉が好みですが、指宿は塩泉メインながら「砂蒸し温泉」という強力な飛び道具(笑)を持っています。

 

IMG_0234

出水市の湯川内温泉・かじか荘の上湯

 

温泉マニアには秘湯もあってこれまた贅沢。

最後は、個人的にもプチ趣味と言ってよく、温泉マニアにはたまらない「秘湯」について。
特にここ4,5年、充実してきたインターネット情報を使って、これまで知らなかった名湯・秘湯を訪れることができました。

上記の霧島周辺をはじめ、薩摩半島北部にも“知る人ぞ知る”という名湯が多いのです。
例えば、薩摩川内市の川内高城(せんだいたき)温泉、さつま町の紫尾(しび)温泉、そして秘湯中の秘湯とも言える出水市の湯川内(ゆがわち)温泉など・・。
それ以外にも、日当山(ひなたやま)温泉とか湯之元温泉など昔からの温泉地も数多く残っており、大小の温泉施設や湯治宿等が点在しています。

ただ、なかなか鹿児島市内からだと行きづらいのが、離島や大隅半島ですね・・・ 管理人としても、屋久島や奄美諸島、また垂水市を始めとする大隅全般が未開拓です…。いずれ、チャンスを見つけてトライしたいですね。

とにかく、今回は自分なりに鹿児島の温泉天国度をまとめてみました。是非、鹿児島の温泉を存分に楽しんでいただきたいところです。

IMG_0546

最近行った、藺牟田温泉・下之湯の様子。

ちょっと鹿児島県からはみ出してしまいますが、県境に接する熊本県側の人吉温泉や宮崎県側のえびの市などの温泉地もほぼ日帰りエリアと言えます。  実際に、ここ数年である程度攻略(笑)できています。

 

近頃の関心ごと
・湯の鶴温泉
・訓練校での講話
・勉強会リスタート


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談を含め受付中

今後のセミナー予定等

ご依頼その他お問合せ

≫最新記事一覧

Pocket