鹿児島の人材育成、その歴史3聖地を巡礼しよう。

Pocket

地元自慢的にはなりますが、少なくとも明治維新前後の人材輩出度は伝説的とも言える鹿児島…。今回はそうした歴史上の聖地を訪れ、人材育成の話題としてまとめます。

IMGP5602

市内城山町にある有名な西郷隆盛像

幕末から明治維新のレジェンド、薩摩藩と西郷隆盛

鹿児島を本拠とした旧薩摩藩は、幕末の雄藩として長州藩などと共に明治維新を成し遂げた立役者です。明治の新政府でも薩長閥と言われ、力を持ち続けたのもある意味当然でしょう・・。

地元贔屓とは言え、いわゆる鹿児島県民は今でもこれを誇りにしていると思うし、そのシンボルは何と言っても西郷隆盛(さいごうたかもり)です。
最近、西郷さんが数年内に大河ドラマ化される話題などもあり、しばらくはこの勢い?は衰えそうにありませんね・・・

歴史の大転換期に活躍した西郷をはじめとする人材達は、まさに鹿児島のレジェンドと言えます。また、多数の人材を育んだ薩摩藩の伝統や歴史にも脚光が当てられることが増えました・・・
そうした鹿児島に根ざす人材育成の歴史を辿るため、聖地巡礼をした記録です。

【手持ちの西郷語録の本】

薩摩藩・島津氏の長い歴史の中で培われたものは?

さて、江戸時代まで続いた薩摩藩は一貫して島津氏が当主でした。鎌倉時代からの大名としてこの地に根ざし、戦国期を乗り越えて廃藩置県まで続いた長い歴史のある藩です。
今回は、その薩摩藩の基礎を築いたとも言われる人物の聖地からスタートします。

 

1.竹田神社(南さつま市加世田、島津日新公)

IMG_0022

日新公(じっしんこう)こと島津忠良(しまづただよし)は、戦国期の島津氏を統一した中興の祖と言われます。自らは孫である藩主を支えつつ、晩年は現在の南さつま市加世田に隠居しました。菩提寺であった日新寺の跡地に、公を祭神とする竹田神社(たけだじんじゃ)があります。

日新公が藩士としての心がけを歌にまとめた『島津いろは歌』は鹿児島では有名で、別名「日新公いろは歌」とも言われます。薩摩藩のその後の教育・文化にも大きな影響を与え、後の郷中教育の基本精神になりました。

2.照国神社(鹿児島市照国町、島津斉彬公)

IMGP3019.JPG

 島津斉彬(しまづなりあきら)は、近年再び脚光を浴びる幕末期の藩主です。その人物の評価も高く、日本の富国強兵の先鞭をつけた近代産業育成や人材を見出した名君とされていますね。
その斉彬公を祭神とするのが、照国神社(てるくにじんじゃ:市内繁華街にも近い神社)です。

あの西郷さんは、斉彬が下級藩士から取り立て、育てた人材の筆頭と言えます。西郷自身も斉彬を最も尊敬しており、後の活躍を支える精神的支柱にもなったのでしょう。
しかし、斉彬自身は、藩主在位7年、50歳の若さで惜しくも急逝します…。ちなみに、斉彬公の正式な墓地は福昌寺跡(現在の玉龍高校裏手)にあります。

 

3.南洲神社(鹿児島市下竜尾町、西郷隆盛)

IMGP3841.JPG

言わずと知れた西郷隆盛は、別名で西郷南洲(なんしゅう)とも呼ばれます。英明の藩主島津斉彬の遺志を継ぎ、その後の明治維新を成し遂げた中心人物だったことはあまりに有名です。
しかし、維新政府の要職を辞して鹿児島に帰った後、反政府とも言える西南戦争を主導することになります。(実際は若手の暴発に自らを任せたとも・・。最期の壮絶な死に様が際立ちます…)

この時の西郷をはじめとする戦死者の墓地が市内下竜尾町にあり(南洲墓地)、その隣りに西郷を祭神とする南洲神社(なんしゅうじんじゃ)があります。
個人的にも一番に信奉している人物であり、以前はこの近くに住んでいて良く訪れていました。(今でもたまに行きます)

良き伝統を現在に生かすことはできるか・・・

大偉人となった西郷さんを含めた人材育成の歴史は、この3人に集約されると思います。
今もってふるさと自慢として、自らのことのように誇らしくなりますし・・・

しかし、過去を自慢するだけにとどまらず、後世の世代がそれらを生かすことが重要ですね・・・その意味で、自分自身もまだまだと思いますが…。

こうした人材育成の土台として、薩摩藩で行われた「郷中教育」(ごじゅうきょういく:地域内の若者を束ね、年長者が教え導く独特の教育システム)がその大きな役割を果たしたと言われます。

 

まあ、どちらにしても最初に取り上げた日新公いろは歌の第一首にある「いにしえの道を聞きても唱えても 我が行いにせずばかいなし」ですので、行動してこそですね…。

今回の場所は、そうした伝統をいかに現代にも生かして行動するかを考えさせられる、まさに聖地としておすすめです。。

IMGP1036.JPG

最後の桜島の見える場所は、南洲神社のすぐ前の公園です。この場所はお気に入りで、西郷さんのお墓参りをした後、ここから桜島や夕暮れ時の街並みを眺めるのが好きでした。。。
(*写真はここ数年で某記事のために各地を訪れたときのもので季節もバラバラ…。)

 

近頃の関心ごと
・時計式ToDo管理付せん


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談も受付中です

職場のトラブルセミナー

ご依頼その他お問合せ


≫最新記事一覧

Pocket