神社詣りに行く意味、初詣から始める「祈り」。

シェアする

年明けも近づき、年越しにかけて初詣に出かける人も多いでしょう・・。
毎年、正月三が日を中心に続くこの神社詣りについて思うことをまとめます。

IMGP3819

霧島六社権現・狭野神社の参道

スポンサーリンク

初詣を始めた理由についてさらに…

1年前にも初詣についての記事を書いています。そこで、私自身はパワースポット等への興味から初詣を始めたことにも触れました。

〔参考過去記事〕

一番大きな理由はもちろんそうでしたが、もう少し遡ると、ちょっとした「憧れ」とかがあったと言えるかも・・・詳しくは触れませんが、ごく個人的な動機だということで…。

そんな若かりし頃?のフラッシュバックはともかく、初詣に関して今まで気になっていたことをまとめてみます。




3社詣りと5社詣り、そして六社も?

三社詣り」とかの言葉を聞いたことがあるかもしれません。私自身も人づてやネット上で知り、それを言い訳に毎年ほぼ3つの神社に初詣に行っています・・(別の日に…)。

同様にネット上で、鹿児島では、歴史的に藩主である島津氏が三社詣りや五社詣りをする習慣があったとのこと・・。
ちなみに、それぞれその神社は次のような内訳です。

鹿児島三社詣り

(島津氏初代の忠久の伝承で現在は廃絶とのこと)
・一之宮神社(鹿児島市郡元)
・鹿児島神社(鹿児島市草牟田)
・川上天満宮(鹿児島市川上町)

鹿児島五社詣り

(鹿児島五社と言われ、市内上町地区に集中する)
・南方神社(筆頭、信州諏訪大社の分社)
・八坂神社(京都の八坂神社の勧請とも)
・稲荷神社(稲荷町にある、稲荷神とも)
・春日神社(春日大社系とのこと)
・若宮神社(八幡宮系とのこと)

さらに以前紹介した、霧島六社権現(霧島山周辺に所在)があります。
鹿児島県内に限らない性空上人の由来ですが、気になるところです。

霧島六社権現

・霧島岑神社(きりしまみねじんじゃ、宮崎県小林市)
・※夷守神社(ひなもりじんじゃ)※現在は上記神社に合祀
・狭野神社(さのじんじゃ、宮崎県高原町)
・東霧島神社(つまきりしまじんじゃ、宮崎県都城市)
・霧島東神社(きりしまひがしじんじゃ、宮崎県高原町)
・霧島神宮(きりしまじんぐう、鹿児島県霧島市)

合祀により5ヵ所ですが、こちらは言わば六社詣りになるかと思います。

P1020702.JPG

神社詣りから始める理由なき?「祈り」

実際に、霧島六社権現を初詣(1日)で回ったという人に会ったこともあります。とは言うものの、結構な広範囲に渡るため、ちょっと大変そうではあります・・。

ともかく、三社にしろ五社にしろ、一工夫を加え、時間をかけて神社詣りをする人が存在します。その理由はともかく、何かしら強い意味を持ってのことと思われます・・。

地元の神社にお参りする人は多いのですが、わざわざ複数の神社に行く人には、それだけの思いがあるとも言えます。そこには何か、「祈り」に近いようなものもあるかと・・・

初詣に行くのは習慣でも、その人なりに思いを込める貴重な始まりになるでしょう・・・
神社詣りにこだわる人ならば、そうした感覚を含めて出かけていただければと……

IMGP5045.JPG

隼人町・鹿児島神宮の鳥居前にて

〔あとがき〕
昨年に続き、大晦日のブログ更新になりました。季節ネタとして取り上げましたが、やや無理やりな感も・・。平成最後の(笑)初詣はどうするかの考察にもなりました…。

近頃の Good & New
・社労士制度50周年切手


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
スポンサーリンク