人生を変えた出会い、たった一言で覚悟を決めた日。

Pocket

独立前後を振り返ると、試行錯誤していた時代は長かったです。
色々と反省もありますが、独立に至る中で大きく影響を受けた人や言葉は忘れないもの…。
そんな、人や言葉について紹介しつつまとめます。

やはりこの人の影響は大、神田昌典氏の本のこと。

 

60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法

神田 昌典ダイヤモンド社

売り上げランキング: 5,202

 

以前、この本の言葉に大きく影響を受けたと書きました。 まず、その言葉について紹介してみたいと思います。当時、大きな感動と衝撃を受けた言葉とは、次のあとがきの一文でした。

”ビジネスは単なる金儲けの手段ではない。この現代で、社会を変革する最強のツール。それがビジネスなのである。”

この前後の文章や、全体を読まないとこの言葉の重みが伝わらないかもしれませんが、自身はこの一節を読んだ瞬間、まるでハンマーで頭を殴られたぐらいショック(それぐらいの感動)でした。

冷静に見れば、単なる理想論と思えてしまう言葉ですが、さんざん「金儲け」の話をした後に聴く言葉としては意表をつかれたのかも・・。(本書の内容は、主に経営戦略の構築法です。)
単なる金儲けの手段ではない・・・この本全体の底流にもそうした意思が感じられました。

当時、心理的な面に興味が強くなっていたことや、今ひとつ引っ掛かっていた部分だっただけに、まさに自分のための言葉だと感じたのでしょう。
本来は、著者も薦める実践が一番大事でしょうが、一般的な経営論や営業的なものにアレルギーがあるようなタイプの方も、まずは知識としてこの本を読んでみることをお勧めします。

 

「社労士になる」ために必要だった出会い

今になって思うことは、こうした微妙なきっかけに良くも悪くも敏感だったなということ・・・
さらに、さかのぼって社労士になるかどうかに大きな影響を受けたものを振り返ってみます。

資格での独立を決め、会社を退職してからは、早期に社労士に絞り込みます。まず、やるべきことは現場を見てみることだと考え、社労士事務所職員に雇われることを目指しました。
結構苦戦しましたが(~当時から社労士事務所の求人数は限られ、狭き門だったと思います。)、ようやくある事務所に採用してもらったのです。

なんと言ってもこのとき業界に入れたことが一番の転機だったのですが、さらに「社労士になる」ための出会いはその事務所時代のことになります。
職員として参加したとある研修で、大きな影響を受ける人と出会ったのです。いわば名実とも業界リーダーの方でしたが、そのちょっとしたスピーチが嵌まってしまったのです・・・

 

IMGP4670

 

社労士を「仕事とする」決意をさせた出会い

内容としての主題ではなかったですが、その時の表現自体が社労士の在りようを見事に突いているように感じたのです。ある意味ざっくばらんに本音で接するというか、そうした真っ直ぐな人柄に惹かれたといっても良いでしょう。

もともと、ビジネス面に興味を持ったのが本田宗一郎(ホンダの創業者)の本を読んでからでしたので、そのキャラを重ねていたのかもしれません・・。
そんな人柄の方が業界リーダーなら、自分でもやっていけるかもしれない…と決意できたのです。
(実際に始めてみると、そう簡単な話では無かったのですが・・・)

そもそも資格が必要な社労士の仕事ですから、前述の業界の扉を開いてくれた事務所へは、いくら感謝をしてもし尽くせません。 ただ、気持ちの上でこの仕事でいいのか…?という迷いを結果として吹き飛ばしてくれたのが、この時の言葉だったのです…。

 

最後の言葉は、具体的には伏せましたが、そうした身近な人や先輩から影響を受けることが少ない自身としては、大きく印象に残る出来事でした。

本にせよ、実際の出会いにせよ、たった一言で人生の覚悟を決めることができた言葉は強烈です。
今回は、そうした出会いの「感度」を高くすることをおススメして終わります。

IMGP4683この1週間、台風や予期せぬアクシデント、また今回の話題とも関連する大きな出来事もあり、ちょっとした波乱続きでした。来週からは、また新たな日々が始まりそうです・・。
(*写真は、前記事の高千穂峰登山のものを使っています。)

 

近頃の関心ごと
・マイナンバー(本音?)


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談を含め受付中

今後のセミナー予定等

ご依頼その他お問合せ

≫最新記事一覧

Pocket