鹿児島県内ドライブ&スポット巡りおすすめ(北薩編)

Pocket

3月も半ば、春も近づき本格的なドライブシーズンになって行きます。
そんな時期に県内のドライブコースから北薩のおすすめスポットをまとめます。

IMGP2519
藤川天神入口付近

県内エリアの分け方、北薩地域とは。

鹿児島県内では、この3月に入って霧島連山の新燃岳がたびたび噴火しているところです。霧島エリアは代表的観光地ですが、この状況ではドライブルートとして厳しいところ・・・
そこで、県内の他のエリアからドライブコースやスポットをまとめることにしました。

まずは、北薩エリアからとなりますが、この「エリア」の定義を一応確認しておきます。
鹿児島県庁の組織に「地域振興局」がありますが、ここではその管轄エリアで分けることにしました。地図上では以下のような区分になります(大島地域こと奄美群島は省略)。

Kagoshima_Prefecture_regions_map

北薩地域は、地図上で明るいブルー(ターコイズ)のエリアになります。市町村で言うと、出水市・阿久根市・薩摩川内市、そして長島町・さつま町となります。(甑島含む)
今回は、このエリアから私のおすすめをご紹介します。

 

北薩のドライブコース・ベスト3

早速ですが、ドライブコースのベスト3から始めます。

1.川内~阿久根海岸ルート(国道3号線)

北薩の中心地になる薩摩川内市(中心街)から北隣りの阿久根市に向かうには、通常国道3号線を使います(高速道の南九州自動車道も一部開通していますが…)。この国道ルートはちょうど東シナ海に面しており、途中の海岸沿い景色が絶景なのです。
特に、薩摩川内市側の西方海岸付近(「人形岩」のある海水浴場)が最初のスポットです。その後阿久根市内に入っても海岸沿いが続き、「道の駅 阿久根」を過ぎて牛ノ浜駅付近まで絶景が堪能できます。

IMGP2284.JPG
西方海岸の人形岩
IMGP2290.JPG
道の駅・阿久根付近の海岸

2.宮之城~出水ルート(国道328号線)

今私の住む鹿児島市郡山町から、北薩方面に向かう主要道が国道328号線です。上述の3号線を北上しても行けますが、川内や出水であれば距離的にショートカットできるからです。
ただし途中、川内方面までの入来峠、さらに出水に向かう紫尾峠という山間地があります。
それでも、北薩方面への主要道には間違いなく、朝夕の交通量は多くなっています。まあ、国道267号線と共用される宮之城の街を過ぎるとそれなりかもしれませんが・・・
ともかく、紫尾峠のある山間地メインの出水ルートはなかなか走りごたえがありますね。

P7160201.JPG
入来峠よりの眺望
紫尾峠のさつま町側より

 

3.藤川天神~阿久根ルート(県道46号線)

以前、たまに阿久根方面に行く機会があり、その頃に知ったのがこのルートです。東郷町にある「藤川天神」に立ち寄った際、ちょっとしたバイパスになることが分かったのです。
南九州(高速)道もあるのですが、一般道らしからぬなかなかの快速ルートですね…。

IMGP2507.JPG
藤川天神(菅原神社)境内

 

北薩のおすすめスポットまとめ

さて、ドライブコースメインで紹介しましたが、さらにスポットもいくつかご紹介します。

  • 出水:東光山公園、湯川内温泉、白木川内温泉、加紫久利神社
  • 長島:黒之瀬戸大橋(道の駅あり)、サンセット長島(温泉・宿泊)
  • 阿久根:市民いこいの森(陰陽石)、番所丘公園(「グランビューあくね」は休業)
  • さつま町:紫尾温泉(紫尾神社)、宮之城温泉
  • 薩摩川内市:寺山公園、川内高城温泉、入来温泉、市比野温泉

ほとんど温泉か神社・公園ですが、自然体験(温泉含む)がテーマですので・・・

これらを見ると、ちょうど中心に位置する紫尾山を代表とする「山」、東シナ海に面するという「海」という両方の特徴がありますね。
いずれも薩摩半島では面積やスケールが大きく、それに伴う恩恵(温泉など)も相当のものです。

 

以上、見てきましたが、上記のように鹿児島にあっては大隅と並んでスケールが大きいのが北薩の特徴です。実際に平野部分が広く、車での移動距離も広域になりますし・・。

霧島は少々残念ですが、これからのドライブシーズンに候補としていただければと・・・

IMGP3073.JPG
東光山公園より出水市街を眺める

 〔あとがき〕
動画で見た鈴鹿サーキットのイベントが面白く、中嶋悟氏はじめモータースポーツの世界を久しぶりに味わうことができました。時の流れや懐かしさを感じることが多くなっていますが、先のことも考えつつ今に集中したいところ・・。

 

近頃のGood & New
・鈴鹿ファン感謝デー(動画)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

               «                 »