夢は叶うけれど、必ずしも思ったカタチではない・・

Pocket

いつの間にやら定着した、秋の連休(シルバーウィーク)になっています。
天気も良くて山歩きに良さそうですので、1日ぐらいは確保したいところです・・・
今回は、そうしたプライベートに限らない、夢が叶うカタチについてまとめます。

  「思い」のタイムラグと実現のカタチを考える。

以前のブログで、「思い」のタイムラグはあっても「夢」は実現する。ただし、そのカタチは必ずしも最初自分が思っていた通りではない、という本からの気づきを紹介しました。

この考えはその後も実感していますが、最近はまさにそうした「夢」の実現が増えているような・・・
今まで白い霧で覆われて見えなかったものが、だんだんと霧が晴れてそこに現れてくる感じです。

具体的には様々ですが、例えば“行きたかった場所”や“一緒に仕事をしたかった人”など、カタチはともかくそうした実現をしているのです。
その夢が叶う期間(タイムラグ)は一見バラバラで、ほとんど予測はつかないのですが・・・

IMGP4730

最近の「夢」だった、高千穂峡を訪れることができました。

 

予想もつかなかった夢の実現は、後からいろいろ納得する?

こうした実現は、もちろん後から気づくのですが、ここ最近は「キターッ」と感じることもたまにあります(笑)。
まあ、ほとんどは思い出せないほど年数が経っているので、後から気づくことがほとんど・・・・

その意味では、「覚えていない夢」、または「夢と似たようなもの」も多々あるかもしれず、自分にとって都合が悪くて忘れていることだってあるかもしれません。

それでも、少なくとも今回取り上げたのは、まさに「昔見た夢の実現」と言えるレベルのいくつかの出来事を受けてのことです。 つまり、ほとんど実現をあきらめて忘れかけていたもので、かつ、長らく心の奥底で憧れ続けていたものだったのです。

IMGP4737

高千穂神社の拝殿の様子。

 

結果にこだわらず、「今」に打ち込めば、いずれ「夢」は叶う。

・・・今回言いたいことをひとことで言うと、このような表現になるかもしれません。
「夢」は忘れているぐらいがちょうど良く、「違うカタチ」という結果を含めて極めて妥当な真理なのでしょう。

結果をあまり求め過ぎると「今」に打ち込めず、あまりいい影響がないと一般にも言われます。
逆説的にみると、執着している間は夢は叶わず、忘れた頃にふと叶うもの…だとも言えます。

こうなると良くわからなくなってきますが、「叶う夢だから、心に浮かぶ」などというのも納得がいきますね。
つまり、もともと「夢」として浮かぶのは、“相当程度?叶う可能性が高い”ことなのかもしれません・・・。

 

今回の結論は、何の確証もない一個人の感触ですが、人によっては違う意見もあるでしょう。
あくまで、私的なまとめという前提を特にご理解の上で、参考にしていただければと・・・

IMGP4752

天岩戸神社ヨコの「天安河原」。

「夢の実現」は、少し前まで結構な興味分野で、自分なりには研究していました。現在は、まさに今回書いたように、あまりとらわれない程度に楽しんでいる感じです。
また、今後は「努力」についても考えてみようと思います・・・

(*写真は、有名な高千穂峡に行ったときのもの。)

 

近頃の関心ごと
・時代の節目(2015年)


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談を含め受付中

今後のセミナー予定等

ご依頼その他お問合せ

≫最新記事一覧

Pocket