S660発売、久しぶり?「ひと」の活躍に期待大!

Pocket

以前の投稿で、子供の頃から車好きだったことを書きました。(ちょっとヲタ?気味だった部分もありますが…)
今度、4月に発売されたホンダS660の試乗記事の評判がとても良く、この話題について書いてみたくなりました…。

クルマというモノに関する世界観のようなもの

自動車評論家の徳大寺有恒さんに影響を受けたことは、最近もこのブログで書いた通りです。
結果、現実の車にとどまらず、どちらかというとクルマに関わる人達やデザインなどの世界観などにも惹かれるようになりました。(現実には高い車を買うお金など無かったですし・・・)

「世界観」とはものの見方や世界のイメージと言え、対象の“理解の仕方”の特徴のようなものでしょう。 その人がどの部分に最も興味を持っているかということを表すのかもしれません・・。

そうした視点でクルマを見ると、また違った面も見えてくるし、究極は「人(ひと)」の「仕事(しごと)」の結果なんだ…と感じます。
まさに、このブログや自身のオフィス名で表現したかったことに通じるように思います。

IMG_0520

数日前に市内の某ディーラーで夜撮ったS660。予想以上にボディの高さが低い。

 

S660の出来の良さと開発者の秘密?

さて、そこで今度出たホンダのニューカー、S660(エスロクロクマル)の話題です。
自身はまだ実際に乗ったわけでもなく、購入予定もないのですが、試乗している多くの自動車ジャーナリスト達がその出来の良さを賞賛しています。

そして、各記事の紹介に必ずと言って良いほど出てくるのが、弱冠26歳でS660の開発責任者になった方のこと。 なんでも工業高校卒でホンダに入り、モデラーとして4年勤務でいきなりの大抜擢だったとのこと。

現在の一般的状況からすれば、たぶんあり得ない出世であり、大胆過ぎる人材活用だと言えます。
おそらく、いろんな理由があってそうした異例の人選になったのでしょうが、実際にやれるところはさすがに「ホンダ」です。。。

ホンダS660【開発者インタビュー】 | webCG
S660開発者インタビュー

 

 

クルマに宿る「ひと」の「しごと」の思い入れに触れる

ホンダという会社については、創業者の本田宗一郎氏のことを始め、語られることは数多いです。
その開発責任者も、子供時代に本田宗一郎の伝記の影響を受けてホンダに入社したとのこと……

ただ、最近は一部の自動車ジャーナリストも言っているように、ホンダ自体に多少元気がない部分があることを感じていました。何が…?と言われると難しいですが、ひとことで言うと大企業病的な停滞が目立ってきた印象ですね・・。

もしかすると、上記のあり得ない人材抜擢の影響で、このことがブレークスルーされた部分があるのではないかと感じます。
そこまで単純では無かったとしても、結果としてクルマの出来が良いと聞くと、今回の「ひと」の活躍がとても興味深いものになりますね。。。

 

そうしたモノを作る「ひと」たちの「しごと」にかける思いなどが結実して、クルマにも宿るのではないかと勝手に想像したりもしています。

モノづくりの名作が生まれる背景にある「ひと」と「しごと」の秘密を、今後のブログ上でも追いかけて行きたいと思います。

IMGP2045
これまで自身の少ない経験上も、名作とされるクルマはどこか運転していても気持ちよく、キレのようなものを感じます。(注:ヲタの意見、笑)
おそらく、元ソニーのこの方が言っているフロー状態が多少なりとも関係していると推測していますがどうでしょうか・・・(※写真は2013年東京モーターショーでのS660プロトタイプ等)

 

最近の関心ごと
・S660(まんま)


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村


≫最新記事一覧

関連記事

Pocket