「世の中」と「自分」が重なるところを目指す

シェアする

最近、世の中的には堰を切ったように人事労務関連の話題が増えています。
先日のプレミアムフライデーはじめ、過労自殺問題、労働時間規制など、「働き方改革」とも言われるこの流れを、自らの方向性との関係で考えてみました。

IMGP0125

人事労務がクローズアップされる時代に…

先日、熊本で「働き方改革」に関する研修を受けてきました。審議会のメンバーに入っていらっしゃる東京大学の水町勇一郎先生が講師だったこともあり、臨場感のあるタイムリーな機会でした。

社労士には大きなトピックとなると思われる「同一労働同一賃金」について丁寧に解説いただき、たいへん参考になりました。
詳しい内容をここでは触れませんが、パネルディスカッションも含めて様々な視点で語られましたし・・・

このように注目されている法改正等がある時には、顧客と出会うきっかけになるチャンスと言われます…。その意味で、これからは人事労務がクローズアップされる好機なのかもしれませんね…。

IMGP0120.JPG




自身の方向性を見失っては継続できない…?

世の中の流れを捉えビジネスチャンスにすることは良く言われますし、そのこと自体はある意味当然でしょう。しかし、個人運営の事務所(フリーランス的な場合…?)は少し考える必要があるかも・・。

例えば一人でできる仕事量に限度がある上、その分野を自身が得意かどうかは別問題だからです。チャレンジ精神は必要だとしても、無理な受託は自分の首を絞めるだけ・・・
そもそも、自身の方向性を無視しては継続することはできないかもしれませんし…。

もちろん、士業ですから(特に開業当初)は、業務を選り好みすることは基本的に無理です(そうしたことが定められている事情もあります…)。それでも、「正当な理由」があれば断ることもできるし、積極的な仕事の獲得を手掛ける前に考慮するべきことでしょう…。

IMGP0122.JPG

自分なりの「重なるところ」で取り組もう

とは言え、上述のように今まさに人事労務のテーマとしてクローズアップされていることは無視できませんし、社会的な期待が高まることも間違いありません。

それでも、自戒を込め、限られた時間の中で自分自身が取り組む部分を選択する必要がありそうです。単に売り上げが上がるからというだけでなく、提供できる価値があることが大事でしょうし…。

まあ、生活に必要な仕事もしなければなりませんが、できる限りそうした視点を持つようにしたいという話しです。ようは、相手も自分自身も次につながるような仕事の方が楽しいのではないかと・・。

客観的に見ることも必要ですが「世の中のニーズ」と「自分の得意」が重なるところでの取り組みを心がけたいものです。(まあ、安易に踊らされないようにと自戒を込めて……)

そうすれば、専門家としてはもちろん、自分らしく世の中の役に立つ仕事が継続できるのではないかと……

IMGP0126.JPG

まだまだ自分自身も揺れますが、ここ数年の同業の増加や環境変化に伴って少しづつ士業も変わっていくのでしょう・・。何より、つい最近も業界の供給過剰感を感じる話しがあったばかりですし・・・(各人の工夫も必要…?)
(*写真は、熊本市の中心街付近の様子から…。)

近頃の関心ごと
・…(とあること)

シェアする