霧島山歩き・今年のミヤマキリシマは見れるか?(平成30年5月の状況)

シェアする

先月、霧島連山で活発化している新燃岳に続き、硫黄山が250年!ぶりに噴火しました。
その後の経緯等も含め、ミヤマキリシマシーズンになる霧島連山の規制等についてまとめます。(平成30年5月現在)

IMGP0588

250年ぶりの硫黄山(いおうやま)噴火

霧島全体で火山活動が活発化しているのか、高千穂峰の側火山である御鉢が活発化した後、3月始めに約7年ぶりに新燃岳が噴火します。その後、4月始めに新燃岳は再度噴火し、続いてえびの高原にある硫黄山が19日に噴火しました。

いずれも噴火はある程度で収まったものの、新燃岳の4月の再噴火時は鹿児島市近隣まで降灰が届くという珍しい状況…。そして、硫黄山は250年ぶりの噴火と言う異様な状態となりました。

詳しい経緯や今後の見通しについて素人に分かることは限られますが、ここ数年霧島連山ではこうした火山活動による規制が断続的に続いている状況です。
特に硫黄山は大きな山体はないものの、えびの高原に位置するため影響が大きいのではないかと・・・

〔参考ニュース映像〕

 気象庁によると、霧島連山のえびの高原・硫黄山(宮崎県えびの市)が19日午後3時39分ごろ噴火した。気象庁は、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。硫黄山からおおむね2キロ…




現在の霧島連山の規制状況は?

霧島を中心に山歩きを始めて数年でこの状況になり、相次ぐ噴火による規制に悩まされています。ある意味で残念ながら、以前に増して火山活動等の情報が気になるようになりました。

そこで、今現在の規制状況について、私なりに簡単におさらいします。主な情報源は自ずとネット中心になり、中でも専門的な気象庁サイトより一般向けの行政関係サイトを参照しています。

【行政等情報リンク(一覧等あり)】※最新情報もご確認ください。

上記サイトの情報によると、主な登山ルートではえびの高原から韓国岳に直行する代表的なルートは使えません。その他のえびの高原周辺では、甑岳への池巡りからの最短ルートもアウト(白鳥神社側からしか行けないようです)。池巡り自体は白紫池方面へ向かう時計回り途中まで可能ですが、六観音御池展望台から先には行けないとのこと。

また、新燃岳に近い登山道の規制は続き、大浪池への登山道も全面的に規制されています。そのため、大浪池はもちろん、以前は可能だった経由しての韓国岳へも現在は行けないようです。
一方、高千穂峰への代表的なルートは既に規制が解除され、起点となる高千穂河原は現在入れるようになりました。ただし、中岳中腹探勝路は歩けず、アクセスも県道1号線の新湯三叉路からは道路規制なので、霧島神宮付近からアクセスすることになります。

※本記事は平成30年5月現在の情報ですので、最新情報にもご注意ください。

今年のミヤマキリシマを見るためには

その他に道路状況を補足すると、えびの高原から先の県道1号線は通行止めです。したがって、硫黄山や不動池はもちろん、宮崎県小林方面へ抜けることは不可能になります。

また、前述の通り新湯三叉路から高千穂河原に至る道路も通行止めになります。その他の道路はほぼ規制が解除され、例えば県道1号線だったら霧島温泉郷からえびの高原までは通れるようです。

ともかく、これから6月初めごろまで霧島連山はミヤマキリシマのシーズンです。韓国岳と大浪池が歩けないのはやはり痛い・・。
残るは、実質的にえびの高原池巡り高千穂峰のみとなりますので、今年のミヤマキリシマはそのいずれかから選択することになるのでしょう・・・

もっとも、まだ知らない高千穂峰ルート(宮崎側からの登り口)もあるようで、可能な場合は選択肢になるのではないかと・・。
私自身も今年どうするか決めきれていませんが、おそらく上記の何処かになるはずです。

IMGP4490.JPG

〔あとがき〕
大型連休前半は、いつもの仕事に絡めて熊本方面へ北上・・。詳細はいずれまとめます。
連休が終わる頃にブログのテコ入れに取り組み、明けに新しいテーマに変更しています。結局、以前触れた「earn-pocket-money」にしましたが、しばらく様子を見てみます。

近頃の Good & New
・List category posts(プラグイン)

シェアする