行って良かった九州南部のスポット10【2017版】

Pocket

2018年も明けて、私自身が前年中に行ったスポットの紹介記事も今年で3回目です。
今回もさほど派手ではありませんが、実際に訪れてみて良かったスポットをまとめます。

IMGP0194

1年間に訪れた名所・スポット等の概況

昨年2017年分は、これまでよりさらに限られた機会からの選択になりました。正直、10ヵ所あるか不安でしたが、何とかギリギリでピックアップできました・・。

さる仕事で各地を訪れる機会が減ったことと、恒例?の一人合宿(旅)も夏の東京出張で代替したことが大きいです。定例的なものでは、かろうじて業界の山歩会に2回行けました。

昨年の記事中で行きたい場所(未訪地)をリストアップしましたが、消化は少しだけ・・・残りについては、今年とそれ以降に持ち越しですね・・。
まあ、再訪スポットも含めて行先自体はまだまだ多いのですが……

〔参考過去記事〕

行って良かった九州南部のスポット10【2016版】
年が明けて2017年になりましたが、昨年に続いて1年間に訪れたスポットのランキングです。今年もがんばって、九州南部から10ヵ所をランキングにしてまとめました。今年のスポットの前提は?今年の紹介スポットも...
行って良かった、九州南部のスポット・ベスト10【2015版】
2016年になりましたが、こちらは遅めのスタートとなりました。2015年に九州南部の各地を私が訪れた中から、良かったスポットを10ヵ所ピックアップして、今回ランキングとしてまとめてみます。2015年...

2017年に訪れて良かったスポット10

さて、それでは一応個人的なランキングで紹介しますが、順位に大きな差はありません。

1.五木村(いつきむら)

トップに取り上げるのは、初めて行った有名な五木村(熊本県球磨郡)です。年数回の人吉行きの機会を利用し、意外とアクセスしやすかったことを含めて記事にまとめています。
山深い秘境イメージは良い意味で裏切られましたが、九州山地と渓谷美のドライブロードは十分楽しめるものでした・・。

PB230553.JPG

〔当ブログ記事〕

子守唄で有名な五木村は人吉からも意外と近い。
ここ数年は仕事で良く行っている人吉市ですが、先日ちょっと久しぶりに訪れました。お昼過ぎまでに所用を終え、夕方までの時間で五木村まで走った際の印象をまとめます。意外と近い、子守唄で有名な五木村(いつ...

2.霧島・甑岳 (きりしま・こしきだけ)

規制解除された11月初めに、霧島連山の甑岳に登りました。長らく硫黄山の火山活動に伴い登山道が制限されていましたので、その復活の嬉しさも含めてのランキング。
一昨年から世話人をしている業界の山歩会の自主活動として、えびの高原~県道沿いまで5人で歩きました。個人的には2回目ながら、最後の急登はあらためて超ハードだと思い知りました。

PB050361.JPG

3.熊本市内(くまもとしない)

熊本地震の発生以降では、個人的に初訪問だった熊本市内を取り上げます。仕事関係の用事に絡めたとは言え、2016年春の地震発生から復興状況も含めて気になっていたのです。
10ヵ月近く経っていたためか、市内中心部はさほど地震の爪痕は感じませんでした。見えないところや阿蘇の方はまだ途上かもしれませんが、なじみのある街並みが一応無事で一安心というところ…。熊本ラーメンも1軒(赤組)食しました。

IMGP0126.JPG

4.湧水町(ゆうすいちょう)

このところ気になっていて訪れた、県内の姶良郡湧水町を4番目に挙げます。姶良地域北端にあった旧・栗野町と吉松町が合併してできた、霧島山の麓にある「湧水」豊かな町です。
この夏に身内での避暑として訪れましたが、定番の「丸池湧水」とソーメン流しに行った「竹中池」、そして吉松温泉郷の鶴丸温泉をメインに楽しみました。

P8140012.JPG

5.林田温泉(はやしだおんせん)

昨年11月に惜しまれつつ休業した霧島温泉郷・霧島いわさきホテル(旧・林田温泉ホテル)内の温泉施設です。その規模と泉質等はあらためて貴重なものだったと思います。ホテルの立ち寄り湯のブログ記事の元ともなり、久しぶりかつ当面の最後となる体験でした。

もう一つの霧島の楽しみ~ホテル立ち寄り湯のススメ
新燃岳の噴火で、山歩きの記事も多い霧島山の規制が発表されています。紅葉シーズンにはつらい状況ですが、今回はもう一つの楽しみとしてのホテル立ち寄り湯についてまとめます。 林田温泉のラウンジより望む(天...

6.中岳散策路(なかだけさんさくろ)

昨年6月初めの高千穂峰登山に先んじて、霧島連山・中岳中腹にある散策路を試しに歩いてみました。周知のように、近くの新燃岳噴火の影響で中岳自体の登山は禁止されています。しかし、高千穂河原駐車場に隣接する、中腹の散策路までは行くことが可能になっているのです。ちょうどミヤマキリシマのシーズンだったため、景色チェックもできました。

IMGP0576.JPG

7.藺弁田池・外輪山(いむたいけ・がいりんざん)

藺弁田池は過去訪れたことがありましたが、外輪山に登った経験は無いでした。11月中旬の休日、ふと思い立って一部でも登ってみることにしたのです。意外と歩く人も多く、ここでの登山大会やトレイルランニングイベントも近くあるようでした。

PB120432.JPG

8.串木野羽島(くしきのはしま)

いちき串木野市羽島に「薩摩藩英国留学生記念館」ができたとの情報が気になっていたため、久しぶりに訪れました。海辺に建つレンガの外観が、かなり目立っていますね・・。
ついでに、懐かしい羽島崎神社と白浜温泉も再訪しています。

IMGP0207.JPG

 

9.霧島神宮 (きりしまじんぐう)

定番パワースポットの霧島神宮ですが、昨年も数回訪れています。神宮敷地周辺にある霧島七不思議のスポット等も含めて、昨年中にブログでも記事にしました。

霧島神宮の見どころピックアップ【2017】
霧島市にある霧島神宮は、鹿児島を代表するパワースポットと言えます。周辺施設が最近アップデートされたこともあり、あらためて周辺を含む見どころをまとめます。 2017年3月時点、雨の日の拝殿前の様子。周辺施...

10.垂水海潟温泉(たるみずかいがたおんせん)

以前から気になっていた垂水市の海潟温泉から、鄙び度一番の江之島温泉に行きました。噂に違わず、本物の泉質と鮮度抜群の大量のお湯が感動モノ。是非また行きたい・・・
ちなみに、この名前の由来はあの湘南・江ノ島から来ているとのこと。(写真は次回に)

今年2018年はどこまで行けるか…?

上述のように地味なスポットが多いのは、純粋な観光にはあまり行けていないせいもあるでしょう・・。もっとも、あえて観光と構える距離では無いということもありますが・・・

その意味で、地元から見た南九州の観光資源を検証するスタンスにもなるかと思います…。
ある意味、地味ながらフラットな視点の当ブログの情報が、少しでも旅行者の参考になれば嬉しいところ・・・

今年2018年はスポット巡りに変化はさほど見込まれませんが、これからだんだんと活動的になって行く予感はあります。
相変わらずの“ついで”も含め、今後大いに盛り上がりそうな鹿児島観光ブームに便乗?して行きたいところです。

 

ところで、その観光ブームの火付け役となる大河ドラマ『西郷どん』がいよいよ1月から始まりました。
来年のこのスポットまとめ(予定)にどのように影響するか、1年後が楽しみです・・。

P1020704.JPG

 〔あとがき〕
年々ディープなスポットになりそうなのを、このブログ記事が食い止めています(笑)。
というか、ブログネタのためにあえて出かける機会も増えたぐらいです。肝心の更新頻度を今年はもっと上げたいですね・・。
最後の写真は、今年初詣に行った枚聞神社での参拝客が並ぶ様子。

 

近頃のGood & New
・指宿スカイライン山田料金所ETC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

               «                 »