夏の終りのまとめ(2014夏の自然体験)

Pocket

今年の夏は、例年になくあわただしく過ぎて行きました…。
恒例?の夏季研修(実質的に自然体験旅行)も、昨年に続き今年はプチ研修で我慢。。。
そんなプチな体験の写真を交えて、今年の夏の終わりをまとめてみます。

夏の自然の定番、「水辺」に涼を求めてみた。

プチ研修とは何かはさておき、いわゆる「水辺」が今夏は唯一の自然体験となりました。
水辺と言っても、海辺の遊びはもともと縁遠いため、おのずと川の上流になってしまいます。この時季にいかにも涼しそうな山奥の河原や浅瀬、そして滝とかが中心ですね・・。

今回の場所の詳細をまとめるのも一案かと思いましたが、各所の雑感をまとめてサラッとレポートしてみます。( 自分の感じたことを中心に、できる限りそのまま記録しておくのもいいかな…との思いです。)

個人的な背景としては、これまでも特別意識することなく「眺める水辺」は好きな場所でした。
しかし、生まれ育った場所は、「海も山も、川もない」とも言われるところ・・・(実際は小川や田んぼの用水路(笑)は一応ありました)。子供時代も、たまに友達に付いて小川に入ったくらいしかなく、眺める以外は「川辺」もあまり得意ではなかったかもしれません・・・

IMGP3145

関之尾の滝のすぐ上にある広い河原

霧島周辺で初の滝を見て、洞穴や水に感動。

今年の夏は、霧島市牧園の花房の滝に始まり、最後も霧島周辺の水辺に終るという状況でした。
そうなったのは、毎年暑くなっている夏の気候のせいもあるでしょう。涼を求めると、イメージとして「水遊び」が一番でしょうから・・・

さて、そんな夏の盛りに行ったのは、鹿児島と宮崎の県境(都城市)にある関之尾の滝です。ここは山奥ながら、滝周辺が観光地として整備されており、見物客も多いところでした。キャンプ施設もあり、滝そのものより、避暑のキャンプや広大な河原での水遊びに最適な場所と言えそうです。

同じ日に訪れたのが、県内曽於市の溝ノ口洞穴です。不思議な大きな洞穴が山中にあり、最近ではパワースポットとしても広報されているためか、見物者も立地の悪さの割にはひっきりなし・・・
ここを訪れて感じた最大の魅力は、ズバリ涼しさ!(笑)。脇に流れる小川(というか水路?)に足をつけると、酷暑も吹っ飛ぶ冷たさでした。

IMGP3171

夏の最後、霧島・奥天降の渓流を存分に体験。

最後は、かねてより活動を共にするネイチャーゲーム仲間で、霧島市牧園は新川渓谷の上流にある渓流歩きをしたことです。(案内者にて「奥天降」と呼称されている場所です。)
奥天降のNPO代表でもある方が仲間に居られ、その案内で天降川の支流を遡る渓流トレッキングとなった次第。普段は、同NPOにてエコツアーを企画され、旅行者等を案内される場所です。

今回は仲間内のショートバージョンとして、その一部を体験させてもらいました。詳細なところはともかく、小1時間程度は涼しい渓流を甌穴∗を楽しみながら歩き、特別な場所?に辿り着いたらバーベキューもご馳走になるというレアで楽しい会になりました。
オプションとしてちょっとした釣りも体験できるし、時間が過ぎるのも忘れるくらい…。

IMGP3197

*渓流にある甌穴(浸食でできた造形)

圧巻は終盤で、暗いトンネル内を急流に阻まれつつ進む、まさかのアドベンチャー体験です。このときには、前半に長靴から上が濡れないよう努力したこともあっさりムダに・・・
クライマックスは、ずぶ濡れの下半身にあきれ、何人かはとうとう?川に飛び込むというオチ付き(笑)です。

今回は体験の一部とのことでしたが、とにかく最後にはみんな笑みがこぼれることでしょう…。
軟弱者?には少々ハードな部分もありますが、夏の終りの思い出には十二分な自然体験でした。

IMGP3169タイトなスケジュールの中、夏の間になんとか行けた水辺について、今回は総ざらいしました。
あまり得意でないなどと言い訳していますが、「やっぱり夏は涼しい渓流に限る」と一人納得しているところです。


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談を含め受付中

今後のセミナー予定等

ご依頼その他お問合せ

≫最新記事一覧

Pocket