記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の(私的)重大ニュースを振り返る

2013年の怒涛のような年末も過ぎ、 とうとう除夜の鐘がなる時間が近づいています。
今年最後になる?ブログ更新に当って、昨年に倣って今年の私的重大ニュースを振り返りたいと思います。

IMGP1886

霧島・栗野岳の枕木階段

スポンサーリンク

自然体験活動の「気づき」をくれた人逝く・・・

今年の出来事ということで、改めて振り返ってみると結構1年も長く感じます・・・今年一番のトピックはやはり自然体験活動を始めたことだとすぐ気づきました。
まずは、実際に行動するきっかけとなったこのことを取り上げずにいられません・・。

以前ブログ記事内でも触れましたが、今年4月末に、ワークショップを通じてその気づきを与えていただいた伝説のセラピスト・吉福伸逸さんが急逝されました。自身にとっても大きな出来事だったと思います。
ブログ内の昨年の重大な出来事でその吉福さんのワークショップ参加を挙げているぐらいで、まさかこんなに早く哀悼の意を捧げることになるとは思いもよらず・・・
今となっては、良くぞ参加したとも思いますし、これは何かの計らいだったのでは…とも感じています。

吉福さんご本人にほんの僅かでも直接学べたことは、本当に奇跡と言っても良いぐらいで、深く思い出に残る時間となりました。
その辺りの思いはまた別の機会に譲るとしても、「自然体験」いう自分を取り戻すための大きなヒントを与えていただいたことは確かです・・。

〔関連記事〕

「吉福伸逸」の記事一覧です。




「ネイチャーゲーム」リーダー講座の参加

上記では、「自然」だけでなく「自然体験活動」としていますが、より具体的なイメージとして浮かんだ部分も含めてのことだから…。単なる「自然」だと広過ぎるし、そもそもライフワーク探しなので、より具体的でないと意味をなさないと思いましたし・・。

そんなとき、「ネイチャーゲーム」に出会います。講座の参加経緯についてはこれまでも取り上げましたが、この最初に浮かんだイメージにピッタリな気がしたのです。
もちろん、全て把握していた訳ではないのですが、偶然にもタイムリーに当地で行われる「リーダー養成講座」の募集で創始者の理念(by Wikipedia)を知り、俄然興味が高まりました。

Joseph Cornell – Sharing Nature Worldwide

当然(?)の結果として、厳冬(2月中)の霧島での講座を受講するという荒行(…)をやってのけました。県の補助があって参加しやすかったのも大きいですが、「ネイチャーゲーム」というものを実際に体験し、さらに資格までもらえるという貴重な機会でした。
これに相前後して山歩き(トレッキング)を始めたり、講座終了後の流れで地域の会設立にも関係しましたので、いずれそのあたりもまとめたいと思います。

560077_292890087505452_1561032850_n

講座当日の写真より

その他節目になる仕事関係のトピック

最後に本業関係で、まず世話人をしている地元業界の研究会でのトピックから……
今年6月、東京でご活躍の社会保険労務士、真島伸一郎先生を研修講師としてお迎えできました。ブログでもその話題を書いていますが、社労士の仕事を始める頃、著書を通じて導いてくださった方だったことから、感慨深いものがあったのです。

次に、これも本業での話題になりますが、所属会の会報誌の編集に携わる機会をいただきました。経緯はともかく、やりたかったこと(の一つ)だったので、二つ返事と言わないまでも即決に近かったと思います。
まあ、特に自信があった訳ではないのですが、以前勤めていた会社の企画部門に所属してこういった情報紙(ごく簡便なものでしたが)を担当していたのです。
また、編集者や物書きの仕事に以前憧れがあったことが影響しているかもしれません…。

その他仕事関係では、既存クライアントとの関係がより深くなった年だったと思います。業界内での再編絡みとは言え、引き続きサポートを担当させていただけることは感謝しかありません・・・
その代わり、やむを得ないのですが、新しい出会いが少なくなってしまったのが残念な点でした。

総じて、年初からかすかに意識していた節目的なトピックもあって、こちらで書いているようなリスタートにふさわしい年だったかもしれませんね…。

IMGP2138

今回とりあげた以外にも細かいイベントはあったのですが、これまでのブログ記事で主要なものはカバーしていると思います…。 そして、プライベートでも今年一番楽しかった山歩きは、ブログ上で写真を多用させてもらいました・・。


スポンサーリンク