脱・○○かぶれ宣言?

Pocket

5月も後半。そろそろ梅雨入りも近く、毎日暑くなってきました。
最近は週1ペース!ですから、ブログを書く気持ちが高まっているようです・・・・
その理由も密かに?探りながら、今日のテーマにトライしたいと思います。

誰もやらないから…が理由?

先日の内容についての反省?も踏まえ、あまり「自分」にのめり込まないよう、自分のことを(笑)書くことにします・・・。

さて、今まで、特に仕事に関しては、何かと思考が先になってしまいがちだったなと最近感じています。
本来は体験が先、または同時が理想と分かっていても、結果としては思考の部分が強かったと思うのです。

その原因の一つは、誰もやらないなら俺がやる(いわゆる勘違い?)的なものです。
特にここ数年は、ミッションとか経営理念に拘ったこともあって、誰もやらないなら・・・傾向を強めたかもしれません。(ブルー・オーシャン戦略的なものも影響していると思います。)

 

IMGP0709

 

違いのための違いは苦しい・・・?

もう一つは、ちょっと似ていますが、誰もやらないものをやろう(オンリーワン)的なもの
この考えは、経営戦略やマーケティングなどでよく言われる、差別化であり、USP(Unique Selling Propositionの略、独特の強みという意味)に影響を受けたせいだと言えます。

結局これも、使い方によっては思考上の独善が起きてしまいがちで、現実に立脚しない危険が高まります・・・・
特に、個人の感情的なものと結びついてしまい、「違いのための違い」というタコツボ化を引き寄せてしまうのでしょう。

良くスピリチャル的なもの(の一部)が、一般に現実逃避的、または非現実的?に流れがちであることと同じです。
当然、それが本当に現実に立脚しないものであれば、いずれは当人が苦しくなってくるということもあると思います。

 

「脱・○○かぶれ宣言」とは?

それから、思考が自分を変革者というか、いわゆるヒーロー的なイメージに位置づけてしまいがち・・・。
そして、ほとんど「改革かぶれ」というような状態になってしまうことにも・・・。

実は、この「かぶれ」という表現は、影響を受けた天外伺朗さんの『マネジメント革命』(講談社刊、今回は文庫版)からの引用です。(P284~)
いわゆるダメ上司の類型としてあげられている「改革かぶれマネジメント」の定義に近いという反省です。

そういう意味で、今後は「脱・かぶれ」を意識して行くということをテーマに(宣言)したのです。
それは同時に、現実の自分自身に立脚したものをベースに将来の仕事を考えていくことになります。
もっと言うと、体験したことや身体的に実感できるものしか人には語れないし、勧めないということかもしれません。

 

それでも、関わる仕事の中では、理想に向かうようなものを無理のない範囲でベースにしたいとは思います・・・。
ようするに、特に今の仕事上で、もっともっと工夫が必要かなと思っているのです。

IMGP0713kai

写真は、最近の鹿児島湾内のフェリーの風景から。
最初のはフェリー上から見た桜島港(フェリーは最新のサクラエンジェル号)で、2つ目・3つ目は垂水フェリーの鴨池港側の様子です。
山もいいですが、普段の自然に海は欠かせない感じです。


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談も受付中です

職場のトラブルセミナー

ご依頼その他お問合せ


≫最新記事一覧

Pocket