続・目指していたもの(ブログ編)

Pocket

大型連休も終わり、ここ数日でぐっと暖かくなってきた感じです。
今年の連休は珍しく行楽地に出向いたりで、そのほとんどは身内と一緒でした。
結果は、やっぱりGWは交通手段と食事(の時間)に要注意でしたが・・・

ブログで「メンタルヘルス」を出した理由

自分の仕事で目指していたのは、「人間性○○」と言われるものがベースだったということを先日書きました。
それにも関連しますが、当初ブログ(以前のアメーバブログ)を始めた頃は、「メンタルヘルス」ということを打ち出していたのです。 その理由をあらためて考えると、おおよそ次の3つのことがあったと思います。

一つは、関わっていた相談業務の中で、この問題(の必要性・緊急性)を強く感じるようになっていたこと。
二つ目は、当時、非常に感銘を受け学んでいたのが、そうした心理学分野の知識や手法だったこと。
三つ目には、企業の現場でこの問題に取り組むことが、組織そのものはもちろん、社会をも良くするという確信のようなものがあったこと…です。

それを自分がやらなければ…という点は、ほとんど「勘違い」の域?を出ないのですが、自分なりには真剣だったと思います。

 

その後、いわゆる「組織活性化」へと変化・・・

その頃の表現をもっと正確に言うと、「メンタルヘルス」とそのまま使っていたわけではなく、「メンタル」という部分だけでしたが…。 ともかく、一般的な(狭義の)メンタルヘルスでは、やはり病者への対応と言う印象がまだまだ強かった頃です。

そうではなく、とりあえず健康(そう)な人でも、メンタル面からのアプローチでもっと良くなるということを、様々な学びから実感していました。
それで、当人はもちろん、さらに組織全体も本当の意味で良くなるという効果があることを、自分なりに広く知って欲しかったのです。

そうした意味で、途中からは結果として得られるであろう「組織活性化」を前面に出して行くことにしました。
もちろん、人事管理の分野に「組織活性化」はありましたし、多くの人事コンサルティング会社等にそうしたメニューがあったことも後押ししました。

 

IMGP0644

それらを裏付ける先進事例が「ES」だった・・・

そうしたメンタル面からのアプローチ手法を考えていたのですが、社労士としては、なかなか難しかった…というのが本音のところです。

そうこうしているうちに、業界内外で「ES(従業員満足)」という、これに非常に近い(裏付ける)考え方が徐々に広がっていることを知ります。

ちょうどブログを通じた貴重なご縁もあって、この「ES」を組織活性化コンサルティングとして普及できないかと考え、地域での普及活動を行ったこともあります・・・今となっては、これらも懐かしい思い出ですが…。

※以前から、ネッツトヨタ南国(旧トヨタビスタ高知)がそうした企業として紹介される筆頭だったと思います。実は、最近、経営者としてこの組織を創り上げた横田英毅さんの初の書籍が出ました。(著者はなんと天外伺朗さん。)

 

 

最近は、ベースには変わりないものの、あらためてニーズに応じるスタンスに見直ししていきたいと考えています。 将来的には、もっと離れたところ?に向かいそうな予感もしますが・・・。

IMGP0772

今回の写真はGW中に訪れた各所(大隅半島、霧島)の絶景ショットからです。
ところで、以前書いた伝説のセラピスト、吉福伸逸さんが先日69歳の生涯を閉じられました。個人的には、昨年の指宿が本当に最初で最後のWSになってしまいました・・・・・・・・・・。
合掌


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談その他メニュー

今後のセミナー予定等

ご依頼その他お問合せ

≫最新記事一覧

Pocket