旅の途中で・・・

いままでも、そしてこれからも。

 

今までどうしてここまで来れたのだろう?

人に言うほどのことは何もできていないかもしれない・・・

でも、ここまで歩いてこれたのは偶然ではない。

すべての自然の奇跡に感謝。

 

IMGP0443

 

何をなしとげられただろう?

世の中の役に立ちたいと思った・・・

でも、自分のことも良くわかっていなかった。

すべての勘違いに懺悔・・そして感謝。

 

IMGP0445

 

何を、そして誰を愛せただろう?

自分は愛にあふれた人間だと思っていた・・・

でも、自分でさえ十分に愛せていなかった。

すべての愛に感謝と祈りを。

 

 

 
~昔から語り部の役割は、一族が大きな転機にさしかかったとき、それまでの来歴をあらためて正しく物語り、自分たちが何者なのか、どんな旅をしてきたのかを思い出させることによって、未来への適切な決定や選択を助けることなのだ、~
 ポーラ・アンダーウッド著・星川淳訳『一万年の旅路―ネイティヴ・アメリカンの口承史』訳者あとがきより

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Y.Maemura

Yoshiaki Maemura 社会保険労務士 前村ひと・しごと研究所代表。
鹿児島県伊集院町出身。鹿児島⇔東京を経て鹿児島市郡山町在住。社会保険労務士。自称・自然体験愛好家。はじめの一歩をサポートする情報等を発信中。≫詳しくはこちら