モノ(クルマ)から入ったココロのこと

Pocket

始まりは「クルマへの憧れ」から・・・

今年も新年度を迎え、5月病予防のためか、新社会人に向けてのキャリア論やアドバイス等を見聞きすることが増えています。
自分たちの世代は、いわゆるバブル世代(の終り?)に属するだろうと思います。まだまだバブルの影響ある頃に社会に出たので、比較的就職も苦労しない(個人的には結構苦労してしまったクチですか…)、ある意味贅沢な時代でした。

そうした時代でしたから、生まれてから大人になるまで日本全体が経済成長期にあり、新しいモノ、いいモノをどんどん消費することが最大の楽しみだったと思います。
そこでは、話題になったり興味を持ったりするのは新しい商品や製品、いわゆる「モノ」が中心になって当然だったでしょう。

さてそんな中、子供の頃から大変興味を持っていたのがクルマでした。自分で言うのも変ですが、その好きさ加減も結構なもので、小6ぐらいには道路を走るクルマの名前をほとんど言えるぐらいになり、免許もまだ取れない中学時代から「ホリデーオート」という(今でもある)自動車雑誌をほぼ毎月購読していたぐらいでしたから。
(※当時はスーパーカーブームもあり、同世代の男子には共通する部分かもしれません。大人になってからは、それぞれ独自の興味に変わった気がしますが・・・)

IMGP2065

興味は「趣味人的な?生き方」中心に

さて、今回のテーマに合わせて、バッサリと途中は省略して話しを進めます。
そんな、やや早熟気味?な趣味だったので、自動車雑誌に記事を書いている、いわゆる自動車ジャーナリストにも興味が広がります。
最初、ベストセラー『間違いだらけのクルマ選び』の著者である徳大寺有恒さんの文章に傾倒しました(氏については別の機会に)
その後、氏の憧れでもあったという、「CG」ことカーグラフィック元編集長の小林彰太郎さんの文章や独特の考えに触れ、だんだんと影響されるようになっていきました。
(※小林彰太郎氏について簡単に触れると、昭和37年に『CARグラフィック』という自動車専門誌を創刊した後、日本の自動車ジャーナリズムを確立したパイオニア的な方です。)

とはいえ、具体的に何がと聞かれると困ってしまうところで、単純に「いろんな車に乗れる立場」への憧れが大きかったと思います…が、それ以上に特有の「あり方」のようなものも感じ取っていたと思います。
表現が難しいのですが、あえて言うなら「好きなことを仕事にする趣味人的な生き方」だったり、「英国的な(想像ですが)質実な暮らし方」などでしょう。(いずれも資産家的な背景が含まれたのかもしれませんが…)

ようするに、「自分の好きなことを仕事にし、できる限り慎ましく生きる。」ということに憧れていたのかもしれませんね・・・たぶん。我ながら、自らの環境とかけ離れた?価値観だったな、と今更ながら思いますが。
そういうわけで、最初はクルマと言う「モノ」から始まった興味が、いつの間にか「生き方」・・・今につながる「ココロ」の興味へと、自分でも意識しないうちに拡がって行ったと思うのです。

kobayashisekai
2013年10月、小林彰太郎氏はご逝去されました。その後、過去の文章を加筆・修正して追加しました。謹んでご冥福をお祈りします。(H26.3.9記事アップ)
記事中写真のホンダF1(1964年製RA271)は、2013年東京モーターショーにて撮影(分る人は分る…?)。最後は、発行当時に二玄社本社で購入した氏の本、『「小林彰太郎の世界」+徳大寺有恒との対話』。

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

▼サービスメニュー

労働相談も受付中です

職場のトラブルセミナー

ご依頼その他お問合せ


≫最新記事一覧

Pocket